防水スプレーで子どもの衣類や靴・小物を雨から守ろう!上手な使い方まとめ

スポンサーリンク

走っている子ども
子どものお気に入りの服や靴で出掛けた時に、急に雨が降ってきてぬれてしまったことはないでしょうか。またバッグなどがぬれてしまうと、中に入っているものにまで染み込んでしまって困りますよね。今回は子どもの衣類や靴、小物などを雨や汚れから守ってくれる防水スプレーとはどんなものなのかに加え、上手に使うポイントをご説明します。もちろんパパやママも使えますよ。

そもそも防水スプレーってどんなものなの?

防水スプレー
防水スプレーを知っているというママやパパでも、実際はどんなものなのかを詳しく説明することは、なかなか難しいのではないでしょうか。ここではまず防水スプレーの知っておきたい基礎知識について説明していきます。

「防水」と「撥水(はっすい)」の違いについて

市販されている防水スプレーは、「防水」タイプと「撥水(はっすい)」タイプに分かれているということはご存じでしたか?どちらも水をはじくのでしょう?と思われるかもしれませんが厳密には「撥水(はっすい)」とは繊維の細かい目をふさがずに、玉のように水をはじくことを指し、「防水」とは繊維を全体的にコーティングし、水をまったく通さない状態のことを指します。このことから私たちが普段イメージしている防水スプレーの効果は「防水」だけでなく「撥水(はっすい)」タイプも含んでいるということになるのです。

どのようにして水をはじいているの?

ではここでは「撥水(はっすい)」タイプの防水スプレーについて説明したいと思います。主な撥水(はっすい)剤の成分には、フッ素とシリコンのふたつがあります。この成分がフッ素もシリコンも、糸の一本一本に成分がくっつくため、きれいに繊維上に並んで水をはじくのです。主に傘や雨具・レインコートなどにはシリコン系、フッ素系は衣類全般や革製品などに使用するのがオススメです。この二つの成分にも違いはあります。シリコンは水だけをはじき、フッ素は水と油をはじく特徴を持っているのです。そのためフッ素系のものは、防汚効果も期待できるので購入の際は覚えておくと便利です。

防水スプレーの弱点は摩擦に弱いこと

水や油をはじく効果が期待される防水スプレーですが、摩擦に弱いというデメリットもあります。このことからスプレーしたあとにどれくらい効果が持続するかは、使用頻度や環境などから一概には言えないようです。一度スプレーしたからずっと大丈夫、と思わず、靴ならお手入れごとにスプレーをしたり、衣類などは洗濯時の摩擦で撥水(はっすい)剤が落ちてしまったりするため、洗濯をするたびスプレーし直す、という頻度で使用するといいでしょう。

合わせて読みたい

かわいい靴で雨の日を楽しもう!子ども用レインブーツ、レイングッズまとめ
かわいい靴で雨の日を楽しもう!子ども用レインブーツ、レイングッズまとめ
雨の日は憂鬱(ゆううつ)な気分になりがち。洗濯物は乾かないし、雨の中、子どもを連れてのお出掛けもおっくうだし…。良いことなんて何もな...

防水スプレーの効果を引き出す使い方

子ども靴
防水スプレーを購入して使ってみても、使い方次第では効果がうまく出ない可能性があるようです。せっかく購入して使用してもなんだかイマイチだった、なんてあとで悔やまないためにも、きちんと正しい使い方をマスターして、お気に入りのものを雨や汚れから守りましょう。

下準備をしてからまずテストをします

汚れがあるものにスプレーをしても、その汚れとともに効果も落ちてしまうので撥水(はっすい)効果は長続きしません。洗濯したばかりのきれいな状態か、買ってすぐにスプレーするのがよいでしょう。また全体的にスプレーする前に、まず目立たない部分に吹きかけてみて、色落ちしないかなどを確認しましょう。そして防水スプレーをかける時は、必ず屋外の風通しのいいところで使用するようにしてください。屋外でも風向きに気を付けることが大事です。スプレーそのものを吸い込んでしまうと体調不良を起こしたり重度だと呼吸困難になったりする危険性があるので注意しましょう。

スプレーする時は離れたところから

防水スプレーを吹きかける時は、15cm以上離れたところから、しっとりと湿っている状態になるまで、まんべんなく全体にスプレーしましょう。ここで言う「しっとり」とは、脱水したあとの洗濯物のように湿った状態のことをいいます。スプレーの量が足りなかったり、ムラになったりすると効果が低くなってしまうので、少し大変かもしれませんが2回に分けてかけたりなどして丁寧に作業するとばっちりの仕上がりになります。

しっかりと乾かしてから使用します

撥水(はっすい)剤が定着しないうちに使用して雨にぬれるなどすると、繊維の表面にきれいに並べられた液剤が崩れてしまうため、効果が低くなる原因になってしまいます。効果を十分に発揮するには、スプレー後しっかりと乾燥させることが大事です。製品によって違いはありますが、乾燥時間の目安は約20分です。できれば使用する前の日までにはスプレーしておくといいでしょう。

合わせて読みたい

登校&帰宅時は要注意!雨の日に事故が多い理由と対処法
登校&帰宅時は要注意!雨の日に事故が多い理由と対処法
子どもだけの登下校時、雨の日は特に事故が多いと言います。なぜ、雨の日には事故が増えるのでしょうか?原因を探り、事故に巻き込まれないよ...
12歳サッカー小僧とうさぎ×2とハムスター×1のママです。毎日もふもふ癒されています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
防水スプレーで子どもの衣類や靴・小物を雨から守ろう!上手な使い方まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る