ベビーカーはA型・B型・AB型どれを選ぶ?それぞれのメリット・デメリットは?

スポンサーリンク

ベビーカーの型

無事赤ちゃんが産まれて新生活も落ち着いて来た頃。そろそろ一緒にお出掛けしようかな?と考えた時にまず必要なアイテムが「ベビーカー」ではないでしょうか。そのベビーカーにもA型・B型・AB型の種類があることをご存知でしたか?今回はそれぞれのベビーカーのメリットとデメリットをまとめたので、購入する前に是非チェックしてみてくださいね。事前にどんなベビーカーを購入したいか大まかに決めておくと、お店の人にも相談しやすいですよ。

ベビーカーにあるA型・B型・AB型って?

赤ちゃんとのお出かけには無くてはならないアイテム「ベビーカー」出産前はベビーカーはどれも同じと思っていたママもいるのではないのでしょうか?でもよくよく調べるとA型・B型・AB型とそれぞれ種類がありますよね。なんとなくの違いはわかるけれど、購入するとなったらどのベビーカーを購入したらいいのかわからない?という方もいるかと思います。そんなお悩みをお持ちの方にも分かりやすくそれぞれのベビーカーについてまとめました。

新生児から使える「A型ベビーカー」

A型ベビーカーは新生児期の赤ちゃんも使用することができ、ベビーカー市場でも最も購入度が高いタイプになります。新生児は生後1ヶ月になると1ヶ月検診を始め少しずつ外出する機会が増えていきますよね。でも、まだ首も座っていない時期ですから抱っこ紐だけでお出掛けしようとするのは赤ちゃんにも産後のママにも大変です。そこで、A型ベビーカーを購入してベビーカーでお出掛け、という子育て家庭が多いのです。

軽量でコンパクトな「B型ベビーカー」

B型ベビーカーは、腰座りができるようになる生後7〜8ヶ月頃から使用することができます。すくすく成長して大きく重くなっていく赤ちゃんを乗せて歩くには軽量なB型ベビーカーは坂道も押しやすく、非常に便利です。また、1歳前後でつかまり立ちからあんよと出来るようになってくる時期ですが、まだまだよちよち歩き。お散歩で歩きたがっても、長時間歩き続けられるようになるのは大分先のことになります。お出かけの時の子どもに対応できて軽さや押しやすさを考えるのならB型ベビーカーを購入しましょう。

A型とB型両方を兼ね備えた「AB型ベビーカー」

AB型ベビーカーは、A型とB型の両方が備わったベビーカーのことをいいます。新生児期から使用できるリクライニングシート機能がついているのに軽量でコンパクトということです。ただし、最近のA型ベビーカーは質がかなり向上したこともあり、以前はAB型の機能に分類されていたベビーカーでもA型に分類されて販売されていることもありますので、購入を検討する際はメーカーの説明書きをよく読んで自分の購入したいポイントがあるかどうかをしっかり確認することも大切になります。

合わせて読みたい

大注目!福山夫婦も小栗夫婦も使ってるベビーカー【バガブー】の人気の秘密!
大注目!福山夫婦も小栗夫婦も使ってるベビーカー【バガブー】の人気の秘密!
【バガブー】は世界中のセレブご用達(ようたつ)のオランダの有名ベビーカーブランドです。このブランドのベビーカーは設計がしっかりしてい...

それぞれのベビーカーのメリットを比較

3つのベビーカーにはそれぞれ違いがあります!その違いをしっかりと押さえて、それぞれのタイプのメリットを確認したいですね。ここでは、それぞれのベビーカーのメリットについてご紹介します。これをもとに、自分の欲しい使用目的に合ったベビーカーを絞っていきましょう。

A型ベビーカーはシート機能・安全面ともに抜群!

A型ベビーカーは、シートの機能が特に充実しています。ほぼ水平を保てることから寝ている赤ちゃんのベッド代わりとなるなど、使い勝手は抜群です。また、新生児期から使えるということで、月齢の低い赤ちゃんでも快適に乗れるようにと開発されていて、タイヤやフレームなどが頑丈で安全性も◎。荷物もたくさん入りますし、知らない場所にお出掛けをしたとしても、ベビーカーにいる赤ちゃんからママの顔が見えて安心ができる”両対面式”にできるのもポイントが高いです。

B型ベビーカーは軽量かつコンパクト!

B型の特徴はなんといっても、A型と比べるととにかく軽量でコンパクトな点です。エレベーターがなく、階段やエスカレーターの使用でもさっと折りたたんで赤ちゃんを抱っこしたまま持ち運ぶことができます。電車・バスを利用した時や、玄関先もどこでもコンパクトに収納することができるので邪魔になりません。さらに、豊富な種類が揃っていているのに低価格なタイプが多いので、セカンドベビーカーとしても最適です。

AB型ベビーカーはチャイルドシートにも変身!

AB型ベビーカーには、A型とB型のいいところ取りということで、1ヶ月〜24ヶ月までの乳幼児を対象とするものもあります。その中でも、そのままチャイルドシートとしても使用できる機能のあるAB型ベビーカーが特に人気です。自家用車でお出掛けする機会が多くなると子育て家庭には寝ている赤ちゃんを起こさずにさっと移動させることができるのは非常に嬉しいですよね。

合わせて読みたい

はじめてのベビーカー選びでおさえておきたいポイントを伝授!
はじめてのベビーカー選びでおさえておきたいポイントを伝授!
出産間近になり、さまざまなものを用意しなければいけない中で購入に迷うものがあると思います。産後だと時間や体力の関係で買いに行けない、...

それぞれのベビーカーのデメリットを比較

ベビーカーには時期に合わせてそれぞれの特徴が施されていることがわかりました。しかし、そのメリットが時としてデメリットとなってしまうこともあるのです。ここでは、それぞれのベビーカーのデメリットをまとめました。

A型ベビーカーは重さや大きさが問題!

頑丈で安全といったメリットもある中、その分ベビーカーそのものが重いといったデメリットもあります。また、B型と比べてもサイズが大きめなので、電車やバスなどの公共交通機関の乗降車が難しく、坂道では腕力も必要、さらに玄関先に置いておくには少々邪魔といった問題もあるのです。使用時期も新生児期〜2歳頃までとB型と比べて短く、最近では購入せずにレンタルを候補にする方も多くいるようです。

B型ベビーカーはその気軽さがデメリットに

軽量といった面がメリットではありますが、持ち手に買い物袋や鞄をかけていると、子どもがベビーカーから降りたあとにひっくりかえってしまう恐れがあります。ベビーカーの軽さ故に安定感が若干落ちてしまうのです。また、タイヤがA型と比べて薄いため体重の増加とともに押しにくなりますし、シートの質とクッション性も落ちることから子どもの乗り心地も悪くなります。しっかりと乗せてお出掛けする、というよりは”歩き疲れた時に休憩するときに使う”ベビーカーといった使用感覚になるでしょう。

AB型ベビーカーはA型と同じデメリットも

AB型ベビーカーの対象年齢は1ヶ月〜24ヶ月のものが多く販売されていますが、成長には個人差も大きいので、体の大きめで育っている子では2歳を目前に窮屈そうになってしまうことも考えられますよね。また、体重が増加してからはA型のデメリット同様走行性に影響が出てくる可能性もあるのです。しかし、最近では3歳頃まで使用可能なAB型ベビーカーも販売されているようなので、気になる方は候補にいれてみたはいかがでしょうか。

おわりに

冒頭でも紹介した通り、最近はA型ベビーカーの質の向上に伴ってAB型と呼んで分類されている商品が少なくなってきました。そのため、A型の商品の中でもB型と同様に軽量タイプで長期間使用可能な商品も発売されています。外出頻度や使うのは公共交通機関が多いのか自家用車が多いのか等によって重視したいポイントはそれぞれですよね。ママと赤ちゃんにぴったりのベビーカーを選ぶ手助けになれたら嬉しいです。

ピックアップ

ベビーカーでのお出掛け時に ママにやさしい経路をネットで案内!
ベビーカーでのお出掛け時に ママにやさしい経路をネットで案内!
ベビーカーでお出掛けする時は、赤ちゃんを守るために、そして周囲に迷惑をかけないように気を使いますね。電車に乗る時は、乗り換えに時間がかか...
ベビーカーの電車利用はあり?ベビーカーのマナーを考える
ベビーカーの電車利用はあり?ベビーカーのマナーを考える
赤ちゃんのお出掛けや買い物時に大活躍のベビーカー。重い荷物を持つことになる外出時にはとてもありがたい存在ですね。そんなベビーカーです...
赤ちゃんの「外気浴」はいつからOK?効果・メリット・注意点まとめ
赤ちゃんの「外気浴」はいつからOK?効果・メリット・注意点まとめ
赤ちゃんが誕生してから1ヶ月も過ぎると、そろそろ一緒にお出かけできるかな?と思う頃ですね。でも、ずっと部屋の中だけにいた赤ちゃんをい...
1歳の息子がいるシングルマザーです。最近は息子とのお菓子作りにはまっています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
ベビーカーはA型・B型・AB型どれを選ぶ?それぞれのメリット・デメリットは?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る