ベビーカーはA型・B型・AB型どれを選ぶ?それぞれのメリット・デメリットは?

ベビーカーの型

無事赤ちゃんが生まれて新生活も落ち着いて来た頃。そろそろ一緒にお出掛けしようかな?と考えたときにまず必要なアイテムが「ベビーカー」ではないでしょうか。そのベビーカーにもA型・B型・AB型の種類があることをご存じでしたか?今回はそれぞれのベビーカーのメリットとデメリットをまとめたので、購入する前にぜひチェックしてみてくださいね。事前にどんなベビーカーを購入したいか大まかに決めておくと、お店の人にも相談しやすいですよ。

ベビーカーにあるA型・B型・AB型って?

ベビーカーを選ぶ
赤ちゃんとのお出掛けにはなくてはならないアイテム「ベビーカー」出産前はベビーカーはどれも同じと思っていたママもいるのではないのでしょうか?でもよくよく調べるとA型・B型・AB型とそれぞれ種類がありますよね。なんとなくの違いはわかるけれど、購入するとなったらどのベビーカーを購入したらいいのかわからない?という方もいるかと思います。そんなお悩みをお持ちの方にもわかりやすくそれぞれのベビーカーについてまとめました。

新生児から使える「A型ベビーカー」

A型ベビーカーは新生児期の赤ちゃんも使用することができ、ベビーカー市場でも最も購入度が高いタイプになります。新生児は生後1カ月になると1カ月検診を始め少しずつ外出する機会が増えていきますよね。でも、まだ首も据わっていない時期ですから抱っこひもだけでお出掛けしようとするのは赤ちゃんにも産後のママにも大変です。そこで、A型ベビーカーを購入してベビーカーでお出掛け、という子育て家庭が多いのです。

軽量でコンパクトな「B型ベビーカー」

B型ベビーカーは、腰座りができるようになる生後7〜8カ月頃から使用することができます。すくすく成長して大きく重くなっていく赤ちゃんを乗せて歩くには軽量なB型ベビーカーは坂道も押しやすく、非常に便利です。また、1歳前後でつかまり立ちからあんよとできるようになってくる時期ですが、まだまだよちよち歩き。お散歩で歩きたがっても、長時間歩き続けられるようになるのは大分先のことになります。お出掛けのときの子どもに対応できて軽さや押しやすさを考えるのならB型ベビーカーを購入しましょう。

A型とB型両方を兼ね備えた「AB型ベビーカー」

AB型ベビーカーは、A型とB型の両方が備わったベビーカーのことをいいます。新生児期から使用できるリクライニングシート機能がついているのに軽量でコンパクトということです。ただし、最近のA型ベビーカーは質がかなり向上したこともあり、以前はAB型の機能に分類されていたベビーカーでもA型に分類されて販売されていることもありますので、購入を検討する際はメーカーの説明書きをよく読んで自分の購入したいポイントがあるかどうかをしっかり確認することも大切になります。

合わせて読みたい

大注目!福山夫婦も小栗夫婦も使ってるベビーカー【バガブー】の人気の秘密!
大注目!福山夫婦も小栗夫婦も使ってるベビーカー【バガブー】の人気の秘密!
【バガブー】は世界中のセレブご用達(ようたつ)のオランダの有名ベビーカーブランドです。このブランドのベビーカーは設計がしっかりしてい...

それぞれのベビーカーのメリットを比較

ベビーカーの種類
三つのベビーカーにはそれぞれ違いがあります!その違いをしっかりと押さえて、それぞれのタイプのメリットを確認したいですね。ここでは、それぞれのベビーカーのメリットについてご紹介します。これをもとに、自分の欲しい使用目的に合ったベビーカーを絞っていきましょう。

A型ベビーカーはシート機能・安全面ともに抜群!

A型ベビーカーは、シートの機能が特に充実しています。ほぼ水平をたもてることから寝ている赤ちゃんのベッド代わりとなるなど、使い勝手は抜群です。また、新生児期から使えるということで、月齢の低い赤ちゃんでも快適に乗れるようにと開発されていて、タイヤやフレームなどが頑丈で安全性も◎。荷物もたくさん入りますし、知らない場所にお出掛けをしたとしても、ベビーカーにいる赤ちゃんからママの顔が見えて安心ができる”両対面式”にできるのもポイントが高いです。

B型ベビーカーは軽量かつコンパクト!

B型の特徴はなんといっても、A型と比べるととにかく軽量でコンパクトな点です。エレベーターがなく、階段やエスカレーターの使用でもさっと折りたたんで赤ちゃんを抱っこしたまま持ち運ぶことができます。電車・バスを利用したときや、玄関先もどこでもコンパクトに収納することができるので邪魔になりません。さらに、豊富な種類がそろっていているのに低価格なタイプが多いので、セカンドベビーカーとしても最適です。

AB型ベビーカーはチャイルドシートにも変身!

AB型ベビーカーには、A型とB型のいいところ取りということで、1カ月〜24カ月までの乳幼児を対象とするものもあります。その中でも、そのままチャイルドシートとしても使用できる機能のあるAB型ベビーカーが特に人気です。自家用車でお出掛けする機会が多くなると子育て家庭には寝ている赤ちゃんを起こさずにさっと移動させることができるのは非常にうれしいですよね。

合わせて読みたい

はじめてのベビーカー選びでおさえておきたいポイントを伝授!
はじめてのベビーカー選びでおさえておきたいポイントを伝授!
出産間近になり、さまざまなものを用意しなければいけない中で購入に迷うものがあると思います。産後だと時間や体力の関係で買いに行けない、...
1歳の息子がいるシングルマザーです。最近は息子とのお菓子作りにはまっています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る