児童手当の金額は?所得や兄弟の人数で支給額は変わる?

中学生と小学生

1972年から始まったこのという制度。別名こども手当とも呼ばれています。名前は耳にしたことはあっても、どんな内容なのかいまいち分からないという方も多いでしょう。ここでは児童手当がどういったものなのか、支給される金額や親の所得額による制限、兄弟の人数で支給額が変わるのか等、制度についてご紹介します。

スポンサーリンク

児童手当とはどんな制度なのか?

児童手当は子どものいる家庭の生活面での安定や、子どもの健全な育成のために給付するものです。子どものいる世帯は何かとお金がかかりますので、手当てがあるとありがたいものですね。では具体的にどのくらいもらえるのでしょうか?

もらえるのは0歳から中学校修了まで

もらえる期間は0歳から始まり、15歳の誕生日を迎えたあとの最初の年度末まで(つまり中学校修了するまで)もらうことができます。約15年~16年間近くと長期間にわたって児童手当をもらえるので、子どもをもつ家庭にとってはこの制度があるとないとではかなり違ってきます。ではいったいどのくらいの期間もらえるのでしょうか?

もらえる額は5,000円~15,000円

支給額は子どもの年齢や人数によって10,000円もしくは15,000円のいずれかになります。旦那さん又は奥さんの所得が制限を超えるご家庭の場合、児童手当はなくなってしまいますが、代わりに特別給付として1世帯につき5,000が支給されます。年齢や人数での支給額の違いや、所得の制限については次の章で詳しくご説明いたします。

支給は年3回、4ヶ月分をまとめて

支給される月は2月、6月、10月の年3回で、それぞれ4ヶ月分がまとめて支給されます。15,000円支給される子どもがいるご家庭の場合は一度に60,000円が振り込まれますので、家計を預かる方にとっては嬉しい支給となりますね。支給日は各自治体によって異なります。詳しく知りたい場合はお住いの地域の市役所などのサイトや問い合わせをしてみてください。

合わせて読みたい

出産時に利用できる9つの手当金・助成金・給付金
出産にかかる費用はどのくらい必要か把握されていますか?主に分娩費と入院費を合わせたものが出産費用とされますが、全国的な平均額は約40万~50万の間です。 1人の赤ちゃんを産むのに出産時だけで、これほどの大金が必要となります。妊娠~出産までということを考えたら、さらに金額は大きくなりますよね。 ...

我が家の場合はいくらもらえるのか?

さきほど10,000円もしくは15,000円が児童手当として支給されるとご紹介しましたが、では実際どのくらいの額を受け取ることができるのか、年齢や人数によってもらえる額の違いや所得の制限についてご説明します。

第1子、第2子は同じ額が支給される

第1子、第2子ともに3歳未満では10,000円、その後3歳から中学校修了までは15,000円が支給されます。ですので4月に生まれた子どもの場合、36ヶ月×15,000で540,000円、144ヶ月×10,000円で1,440,000円、合わせて1,980,000円もの児童手当が支給されることになります。

第3子からは支給額がアップする

第3子は0歳から小学校修了まで15,000円、中学校修了までは10,000円が支給されます。ですので4月に生まれた子どもの場合、144ヶ月×15,000円で2,160,000円、36ヶ月×10,000円で360,000円、合わせて2,520,000円もの児童手当が支給され、第2子までに比べ第3子のほうが540,000円も多いことがわかります。

所得限度額があり、超えても1世帯5,000円支給

夫婦合わせての所得ではなく、どちらか所得の多い方だけで見ます。所得限度額は扶養親族等が0人の場合は6,220,000円(給与、ボーナス・残業代などの各種手当すべて含む)で、1人増えるごとに段階的に増える仕組みです。所得額の確認の仕方は源泉徴収票の【給与所得控除後の金額】を見てみましょう。ただ扶養親族の定義等細かな部分がありますので、お住いの市役所に問い合わせるのが一番間違いありません。

合わせて読みたい

妊娠したら知っておくべき手続きと各種制度【コラム妊娠と出産】
婦人科で正常妊娠と診断された方はまず何をすればいいのか、また、妊娠・出産に対する社会の支援にはどのようなものがあるのかを理解しておきましょう。 妊娠届出書の提出と母子健康手帳の交付 妊娠がわかったら、お住まいの市区役所や町村役場に妊娠届出書を提出します。自治体によっては産科医が書いた妊娠...

どんなことに児童手当を使っているか

支給総額が約200万円の大金ともなる児童手当。子どものいるご家庭にとってありがたい児童手当ですが、もらっているご家庭はいったいどんなことに使っているのでしょうか。ここでは児童手当の使い道をご紹介します。

将来のための貯蓄や学資保険の支払いに

進学のための貯蓄に回している方がもっとも多く、賢い方は学資保険に加入してお金を増やすという手段をとっています。学資保険は高校卒業前に給付金を受け取れますので、大学進学にかかる費用を補うことができますし、保護者である契約者に万が一不幸があった場合、それ以降の支払いは不要でも給付金はしっかりと受け取れるという利点があります。

七五三や家族のレジャー等のイベントに

お宮参りに始まり、お食い初めや初節句、七五三など子どものイベントは数多くあります。その分出費も増えるので、そんなときに児童手当を使うという方も多いです。また、ゴールデンウィークやお盆、年末年始の家族旅行に使うという方も。キャンプや旅行など、子どもに色々な経験をさせてあげたいという親にとって、児童手当はありがたい存在のようです。

食費など生活費の一部補填として

景気は良くなっているとはいっても、まだまだ恩恵が届いていないご家庭も多くあります。児童手当を貯蓄やレジャー費に回したくても回せずに、生活費に消えてしまうというところも。ただ児童の健全育成を目的とした給付ですので、食費に使うイコール子どもの成長のための遣い道ですので、これも正しい使い道と言えるでしょう。

おわりに

良いことづくめの児童手当ですが手続きをしないことには受け取ることはできません。子どもが生まれたら住んでいる市町村(公務員は勤め先)で必ず手続きを行い、うっかりもらい忘れることのないようにしましょう。この児童手当が子どものため家庭の安定のために有意義に使えるといいですね。

ピックアップ

出生届・給付金・産後に行うべき手続きまとめ
妊娠中は、妊婦の体調や無事に赤ちゃんが生まれてくるための環境づくりに気をかけなければなりません。その一方で、赤ちゃんが生まれた後の手続きなど、行うべきことを事前に確認し、忘れずに行動していくことも重要です。 今回は産後に行うべき手続きや、受け取ることのできる給付金などについてご紹介します。 ...
赤ちゃんから2歳までの子育てにかかる費用はいくら?
子どもが生まれて初めて家計に含まれるのが、子育てにかかる費用です。子育てにかかる費用はどのくらいかかるのでしょう?今回は、実際に子育て費用として2歳までにどれくらいかかるのか、目安や項目についてまとめてみました。ぜひ参考にご覧ください。 家計簿を見直そう!産後の収入、家計の変動 ...
共働きママが二人目を妊娠することのメリット・デメリット
子育ては大変なこともありますが、楽しいものですよね。一人目の育児が落ち着いてきた頃、二人目が欲しいと考える方も多いのではないでしょうか。 しかし、二人目が欲しいと思っていても、経済的な事情や子育てへの不安などから躊躇している場合も少なくないでしょう。さらに夫婦共働きの場合は、保育園の問...
デコレーションケーキ作りが好きな、1児の母です。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
児童手当の金額は?所得や兄弟の人数で支給額は変わる?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る