子どもに「危ないことを察知する力」を身につけさせるには?

危ないことを察知する子ども
学校の登下校や通塾時、子どもたちがひとりで行動することの代償として痛ましい事件や事故にまきこまれてしまうことがおこっています。これらを未然に防ぐには周りの対策とともに子ども自身で「何か危険なことがおこりそうだ」「ここは危険そう」という危険察知力について理解を深めることが必要になってきます。では、一体どうようなポイントがあるのでしょうか。一緒に考えていきましょう。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

防犯について伝える

登下校中の子ども
子どもには危険を回避するためにいくつかの約束を伝えておきましょう。

危険な場所にいかない

人がまばらな公園、公衆トイレ、駐車場、工事現場など人の出入りが少ない場所や死角がある場所には行かないようにしてください。

ひとりのときは要注意

ひとりで歩いているときは不審者から狙われる確率が増します。後ろをつけてきていないか、同じ場所をウロウロしている人がいないかなど注意が必要です。

家族以外にはついていかない

面識のない人について行かないのは当たり前ですが、顔見知りから被害にあうことも実際におこっています。子どもには「知っている人の誘いでも、ママやパパがいないときは絶対ついていかないこと」を教えておいてください。

合わせて読みたい

不審者から声かけ!そのとき、子どもは不審者かどうかを見分けられるのか?
不審者から声かけ!そのとき、子どもは不審者かどうかを見分けられるのか?
少し前までは不審者というと「怪しい見た目」のみで判断することができていたように思えますが、最近では大人でも見分けがつかないほどさまざまな...

自分の身を守るために

自分の身を守るために
とはいえ不可抗力な頃柄に巻き込まれてしまうことも100%ないとは断言できません。
危険を察知する力、対応する力、回避する力をつけておきましょう。子どもにとっては難しいことですが、自分自身で身を守る方法を教えてあげてください。

危険を察知する力

危険察知力とは「ここにいったら、危険かもしれない」「これをやったらケガするかもしれない」「スピードをあげた車が通ると危ないかも」と自分で危険な状況を避けることができることです。

子ども自身、何か違和感を感じたら俊敏な判断ができることが重要です。

危険に対応する力

危険だなと感じたときに対応できる力のことです。
例えば「前から酔っぱらいが歩いてくるので別の道から帰ろう」「迷子になりそうなので誰かに道をきこう」「車が猛スピード走ってくるのでここから離れよう」などです。

危険を察知する力がついたらさまざまな状況を想定して、子どもがどうすればよいのかを教えてあげましょう。

危機から脱出する力

危険な状況になってしまったときにそこから脱出する力のことです。

例えば「不審者から体を触られたときに大きい声をあげる」「不審者から追いかけられたときに防犯ブザーを鳴らす」などです。

小学生の低学年では難しい行動ですが、子どもを危険から守るために丁寧に教えてあげましょう。

おわりに

最近では子どもが巻き込まれる痛ましい事故や事件が多発しています。
ちゃんとルールを守っていても未然に防ぐのは非常に難しい・・・。
親が24時間子どもを見守ることもできない・・・。
では、どうしたらよいのか。親は「子どもの行動範囲内において絶対的な安全はない」と認識して、登下校や塾の行き帰りなどで想定できる危険を家族で話し合ってください。

ならびに自治体や学校は登下校時の安全の確認、ならびに不審者情報の共有の徹底、など早急な対策が必要ではないでしょうか。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。

ピックアップ

いざというときのために!子どもに教えておきたい公衆電話の使い方
いざというときのために!子どもに教えておきたい公衆電話の使い方
携帯電話・スマホが普及したことにより、公衆電話の使い方を知らないという人が増えてきました。そのため、携帯電話などを持たせていたとしても、...
子どもの事故は駐車場が多い!親の注意で絶対に防げる
子どもの事故は駐車場が多い!親の注意で絶対に防げる
近年では、子どもが関連する駐車場での事故が後を絶ちません。小さな子どもを持つパパ・ママの多くは、国内で子どもが関連する、痛ましい駐車場事...
防犯ブザーにキッズ携帯!子どもの身を守る防犯グッズ6選
防犯ブザーにキッズ携帯!子どもの身を守る防犯グッズ6選
小学生になると登下校も子どもたちだけで行うため、目の届かない場所が不安になる方も多いのではないでしょうか。現代はさまざまな事件も多発...
旦那さんと息子の3人家族。 家事は手抜きがモットーなダラダラ主婦。もう一度出産するならマタニティフォトを撮影して産後は産後治療院でまったりしたい!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る