「 安産 」のお役立ち記事一覧

安産
安産に関してのお役立ち記事を紹介しています。出産の時期が近づいてくると、おのずと気になるのが安産で生むことができるかどうかということではないでしょうか。「適度な運動をする」、「リラックスして生活する」など、安産になるためにできることというのは確かにありますので、少しでも努力できるポイントがあれば実践していきましょう。

夫婦で共に安産を目指す!お散歩デートをしてみよう

夫婦で共に安産を目指す!お散歩デートをしてみよう

妊娠5ヶ月の安定期に入ると多くの妊婦さんは、つわりが治まって食欲が戻り体重管理が難しくなってきます。安産のためには軽い運動を取り入れて「必要以上に体重を増やさない」「適度な運動でお産に向けて体力をつける」が重要なポイント。無理なく楽しく運動するには夫婦一緒にやるのが一番ですね。夫婦で安産を目指す...

妊娠5ヶ月の戌の日に行きましょう!安産祈願の基礎知識

妊娠5ヶ月の戌の日に行きましょう!安産祈願の基礎知識

そもそも、戌の日ってなんだろう…?特に初産婦さんにとっては妊娠にまつわる「アレコレ」は知らないことだらけですが、この「戌の日」についても頭の中が「?」でいっぱいなのではないでしょうか?戌の日に安産祈願をする理由や参拝でのお作法、そのほか気になる疑問にお答えします。元気な赤ちゃんが生まれてくる...

戌の日にはかかせない!妊婦さんにおすすめの腹帯6選!

戌の日にはかかせない!妊婦さんにおすすめの腹帯6選!

つわりが落ち着き安定期に入る頃になると双方の両親や周囲から「戌の日」「腹帯」という言葉が頻繁に出てくるようになるものです。それは、日本には昔から妊娠5か月の最初の戌の日に腹帯(さらし)を巻いて帯祝いをする風習があるため。現在は妊娠5か月の戌の日に安産祈願、それに合わせて腹帯を締め始めるというのが...

戌の日って何?腹帯は必要?初穂料って何?

戌の日って何?腹帯は必要?初穂料って何?

妊娠して初めて「戌の日(いぬのひ)」という言葉を知る方も多いようです。日本では「七五三」や「成人式」といった人生儀礼のひとつとして、妊娠5ヶ月目を経過した最初の戌の日に妊婦が腹帯を巻く「帯祝い」をして、「安産祈願」をする習わしがあります。ここでは「戌の日」にまつわる由来や、その内容について説明し...

臨月でも運動するべき?オススメの室内運動6選

臨月でも運動するべき?オススメの室内運動6選

臨月でも運動するべき?オススメの室内運動6選 寒い季節になると、大きなおなかの妊婦さんは外出が億劫になってしまいます。スムーズなお産のために、外を歩いたりして体力をつけておくのが望ましいといわれています。しかし、出産に向けて家の中でも手軽にできる運動もあります。今回は、臨月の方が生活の中で...

安産、難産、その境目ってどこ?時間?痛さ?関係するの?

安産、難産、その境目ってどこ?時間?痛さ?関係するの?

安産と難産の違いはどこ?大変なお産だったはずなのに周りからは「安産でよかったね」と言われたなど、その境目は決まっているのでしょうか?痛みに強い弱いに限らず感じ方は人それぞれです。 出産するならだれもが安産で産みたいですよね。安産と難産の人に特徴はあるの?時間が関係するのか、痛さが関係するのか、...

その日は突然やってくる!破水から出産までお産の流れを確認

その日は突然やってくる!破水から出産までお産の流れを確認

破水は陣痛と同様にお産が始まる重要なサインです。破水が起こってすぐに出産が始まる場合もありますが、そうでなく時間がかかる人もいます。 お産のおしるしがきたらどのように対処したらいいのか、何をしないといけないのか、安心してお産が迎えられるように、初産と経産婦の違いと、破水から陣痛、出産までの流れ...

臨月前にやっておきたい、子宮口を柔らかくする3つの方法

臨月前にやっておきたい、子宮口を柔らかくする3つの方法

いよいよおなかの赤ちゃんとのご対面ももうすぐ。でも、出産で長い時間痛い思いをしたくはないですよね。完全に楽なお産はないにしても体力的、気持ち的に多少なりともリラックスして出産に臨めたらどれだけ嬉しいでしょう。 そこで今回は子宮口を柔らかくして出産がスムーズに臨めるような方法をご紹介します。 ...

安産型ってどういう意味?本当に安産になるの?

安産型ってどういう意味?本当に安産になるの?

「安産体型だと、出産が楽である」という話をよく耳にしますが、実際に安産型とはどのような体型なのかよくわからない方が多いのではないでしょうか。安産であることに越したことはないため、自分が安産型に当てはまるのかどうか気になるところでしょう。 そこで今回は、安産型とはどういう意味なのか、そして本当に...

今からでも間に合う!安産を迎えるための7つのコツ

今からでも間に合う!安産を迎えるための7つのコツ

出産予定日が近づいてくると、誰もが不安になってきます。それこそ、幼いころから出産は本当に痛いと聞かされてきたなら、なおさらきちんと産めるのだろうか、痛みはどれくらいなのかと心配になってくるでしょう。できれば少しの時間で苦しまない安産が望ましいですが、どうすればいいのかわからない人も多いと思います...

トップへ戻る