最近やたらと耳にする「フェムテック」って一体何?

フェムテックとは
髪の毛や肌への問題については積極的に声をあげられても、月経や不妊、セクシャルヘルスなどの女性特有の問題に関しては、なかなか言いにくいものです。しかし、近年ではフェムテックという言葉が大きく取り上げられ、今まで秘められていた問題が動き出そうとしています。ここでは、フェムテックについてご紹介します。

フェムテックとは一体どんな意味?

女性の悩み
フェムテックとは、造語として出来上がった単語で、女性が抱えている健康問題に対して解決するための製品やサービスなどを作り上げることを意味する言葉です。
ただ、フェムテックは非常に奥が深い言葉なので、掘り下げた意味を見て行きましょう。

フェムテックの言葉の意味やきっかけ

女性を意味する「Female」(フィメール)とテクノロジーを意味している「Technology」を掛け合わせて、FemTech(フェムテック)という造語が出来ました。
フェムテックは、女性が抱えやすい健康問題をテクノロジーを通して、商品や製品・サービスを使って解決していくことを意味しています。

もともとは、2012年にドイツでデンマーク人女性が月経管理アプリを作ったことをきっかけに、投資や起業がまだまだ男性中心の中にあっても女性の悩みを解決していくこと目指して、フェムテックという言葉が作られたのです。

女性が声をあげにくい問題とは何か

フェムテックという言葉ができる前から、世界で女性が抱える特有の問題については製品開発を行なっていこうという動きはありました。特に、生理や性行為の時の不快感や痛みに対する改善策を求める女性は多かったものの、デリケートな問題であるあまり、表立って取り上げられることがなかったのです。
しかし、フェムテックという産業名がついたことによって、声を上げやすく製品化するための投資家を募りやすくなってきました。

フェムテックによって価値観が変わる

フェムテックが話題になった要因の1つに、「女性の価値観が変わってきたこと」があげられています。
例えば、女性同士で生理や加齢によって起きる尿もれ予防の膣トレーニングなど、以前であれば同性でもなかなか言えなかった問題に対しても、オープンに話せるような雰囲気に変わってきたのです。おしゃれなフェムテック専門店などもあるため、カップルで買いに来るなど、以前では秘め事のように語られていた悩みが、今は当たり前に商品化されています。

合わせて読みたい

編集部ブログ:ファムケア元年!ユニクロやGUも吸水シート発売!
編集部ブログ:ファムケア元年!ユニクロやGUも吸水シート発売!
こんにちは。編集部星ねえです。 2021年はフェムケア元年といわれるほど、女性の生理やホルモン分泌に関連した新商品が発売されたのを知っ...

今「フェムテック」が盛り上がっている理由

パソコンで調べる
「フェムテック」という言葉が出来てから、すでに10年近く経っているのをご存じでしょうか?しかし、前から存在した言葉にも関わらず、最近になって初めて耳にしたという人も多いことでしょう。以下に、フェムテックが盛り上がっている理由についてお伝えします。

女性が性について話しやすい環境になった

フェムテックは、そもそも今まで自分一人で秘めておかなくてはいけないと思われていた女性が抱える「性」の問題について正面から向き合い、解決するよう動く意味合いが大きいです。しかし、きちんと問題を言葉にしてくれなければ、フェムテック活動は進みません。
近年、フェムテックが大きく盛り上がっているのは、女性が「性」についてオープンに語り始めているからだと言えます。また、女性起業家が増え、より話しやすい環境が整ったこともきっかけとなりました。

商品開発が進化し、解決策が出しやすい

フェムテックの意味にも含まれている「テクノロジー」が進化していることが、よりフェムテックを盛り上げている要因にもなっています。どれだけ女性たちが悩みについて声を上げても、解決策を出せなければ意味がありません。
しかし、テクノロジーが進化し商品開発が容易になったため、的確に悩みを解決できるような商品を登場させることが可能になったのです。中には、海外の商品を国内で取り入れるショップも増えており、選択肢が広がったことも盛り上がりの理由と言えます。

固定概念が減っている傾向にあるから

以前であれば、男だから女だからといった思い込みや固定概念は、同性同士でも生まれていました。しかし、若者だけではなく、年齢を重ねた女性たちも多くの悩みを抱えています。だからこそ、昔ながらの感覚をなくし、しっかりと女性を尊重した向き合い方をすることが大切になっているのです。
また、最近ではマイノリティーの言葉にも耳を傾け、多数を良しとする傾向も減ってきています。そのため、フェムテックなどの問題もスムーズに受け入れられるようになったと考えられているのです。

合わせて読みたい

子育て世代のママに増えている!?「プレ更年期」とは?
子育て世代のママに増えている!?「プレ更年期」とは?
まだ更年期になる年ごろではないはずなのに、何となく体調がすぐれないといったことはありませんか?実は産後ママや子育てママの間でプレ更年期と...
福祉系大学で心理学を専攻。卒業後は、カウンセリングセンターにてメンタルヘルス対策講座の講師や個人カウンセリングに従事。その後、活躍の場を精神科病院やメンタルクリニックに移し、うつ病や統合失調症、発達障害などの患者さんやその家族に対するカウンセリングやソーシャルワーカーとして、彼らの心理的・社会的問題などの相談や支援に力を入れる。現在は、メンタルヘルス系の記事を主に執筆するライターとして活動中。《精神保健福祉士・社会福祉士》

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
最近やたらと耳にする「フェムテック」って一体何?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る