夫婦で稼いだお金は共同口座へ?それとも個別管理?それぞれのメリット

夫婦の稼いだお金
結婚後ご夫婦で家計管理についての話し合いをしたことはありますか?現代は共働きが当たり前の世帯が多いですね。新婚カップルだとその割合もかなり高いです。一昔前は妻が家計管理をし、夫にお小遣いを渡すのが一般的でした。現在は家庭によってさまざまな家計管理方があるようですが、今回の記事では「共同口座で家計管理する方法」と「個別管理で家計を運用する方法」のそれぞれのメリットについて解説します。

共同口座で家計管理する方法

一つの口座
夫婦で一つの口座を用意します。名義はどちらのものでも構いません。
そこにお互いが入金してやりくりするのが、共同口座による家計管理方法です。月々決まった額をそれぞれが稼いできたお給料から共同口座へ入金します。共同口座から引き落としするものは、「家族の生活でかかる費用のもの」です。家賃、光熱費、公共料金の支払いなど自動引き落としされるものや、食費・外食費、家族で出掛けたときの行楽費をあてがいます。自然と貯蓄もできるので、共稼ぎのご夫婦には良い家計管理方法だといえるでしょう。

共同口座で家計管理する方法のメリット

夫婦共に月々決まった額を入金するので、どちらかの負担が多いという不満が出ることが少なくて済みます。また、決まった額さえ共同口座へ入れればOKなので、あとは自分たちのお小遣いにできます。配偶者に気兼ねなく使える自由なお小遣いがあると、心にも余裕が生まれやすいかもしれません。

共同口座で家計管理する方法の注意点

各自で自由に使えるお小遣いの管理に注意しましょう。「自由に使っていいお金だから」と散財してばかりでは個人の貯蓄がゼロになってしまいます。気をつけてください。
また、夫婦どちらかが働けなくなった場合、当然収入が減るので、この管理方法は見直しをしなければなりません。夫婦二人なら二馬力の馬車で楽々と荷台を引っ張ることができていましたが、一馬力になった途端アタフタするようになっては困ります。自由に使えるお金があっても、ある程度は蓄えておきたいです。

合わせて読みたい

子どもの貯金はいくらくらいすればいい?学費以外にもためておきたいお金について
子どもの貯金はいくらくらいすればいい?学費以外にもためておきたいお金について
現代では、高校入学から大学卒業にかけておおよそ1000万円もの教育費がかかるとされています。学費については多くの方がよく考えているかと思...

個別管理で家計を運用する方法

二つの口座
個別管理で家計を運用する方法は、ご夫婦の収入格差がない場合におすすめです。この個別管理、例えば、夫は家賃と公共料金といった毎月定額の固定費を支払い、妻は食費や二人のお小遣いといった毎月定額ではない流動費を支払うといった家計運用方法です。

個別管理で家計を運用する方法のメリット

上記で挙げた例ですが、夫側のメリットとしては、固定費は毎月定額なので、自由に使える金額を予想しやすいといった点が挙げられます。妻側のメリットは、負担している流動費が毎月定額ではないため節約すればするほど好きなだけ使えることができます。結婚していても自由に使えるお金を持てるので、独身時代と変わらない生活の質が保てることが魅力です。

個別管理で家計を運用する方法の注意点

この方法は、夫婦の収入格差がない場合に有効な家計管理方法です。そのため夫婦どちらかの収入が激減した場合やゼロになった場合は成立しなくなる恐れが大きいです。それぞれが負担していた支出をカバーできれば問題ありません。ですが、個別で管理していた期間が長ければ長いほど、パートナーの経済状況がわかりにくくなっていると思います。

さらに注意したい点がもう一つあります。それは家族構成に変化があった場合はどうするのか?という点です。妊娠した場合の定期健診代、出産時の入院・分娩代、赤ちゃんの養育費、万が一親を引き取り同居した場合の親にかかる生活費・・・家族構成に変化があったときはご夫婦でお互いがきちんと納得できる形をとらなければいけません。たとえ個別管理で家計を運用していてうまくいってる場合でも、定期的に通帳を見せ合うなどして、家計費の透明化を図っておくことが重要です。

合わせて読みたい

子どもはお金がかかる!今すぐに貯金ができないからできるに変わる四つのコツ
子どもはお金がかかる!今すぐに貯金ができないからできるに変わる四つのコツ
子どもが小さいときがためどき、と聞きつつも、なかなかできないのが貯金。子どもの年齢が上がったら保育園や幼稚園、お稽古事など、出ていくお金...
40代のWebライターです。あちこちで色々なジャンルの記事を書いています。家族構成は夫、息子(中2)、柴犬(3歳)。 子育てのモットーは「褒めて伸ばす」こと。只今反抗期&思春期の息子との程好い距離感を模索する毎日です。 好きな言葉は「今頑張れば後が楽」。子育て中のママさんに役立ちそうな情報をお届けできたらいいな~と思います!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
夫婦で稼いだお金は共同口座へ?それとも個別管理?それぞれのメリット
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る