主婦におすすめ「推し活」。毎日が輝く!若返る!

推し活
最近、流行っている"推し活"についてご存知ですか?「言葉は聞いたことがあるけれど、どんな意味か分からない」と思っている方も多いことでしょう。本記事では、主婦の方におすすめの"推し活"の意味や活動内容などについて、詳しくご紹介します。

主婦におすすめの「推し活」とは一体何?

情報を集める
"推し活"とはその名の通り、"推す(推薦する)活動"のことです。つまりオタクやオタ活と同じ意味で、好きな物を推す活動のことを指します。では、推し活にはどんな種類があるのでしょうか?推し活に便利なアイテムやおすすめのスポットも一緒にお伝えして行きます。

推し活の種類にはどんなものがある?

推し活と聞くとジャニーズやAKB48、乃木坂46などを思い浮かべる人も多いでしょう。しかし推し活には、アイドルの他にもさまざまな種類があります。例えば俳優などの芸能人を始め、地下アイドルや歌舞伎、宝塚歌劇団など、何かのファンであることは全て"推し活"に分類されます。一方で漫画やアニメ、ゲームなど対象が人ではない場合でも、同じように"推し活"と呼ばれています。

推し活におすすめの手帳やアプリとは

推し活をする人は年々増加傾向にあり、それに合わせて推し活の方向けのグッズも販売されるようになりました。その中でも、推し活向けの手帳は重宝している人も多く、安価で販売されていることもあり、主婦の方にも人気がある商品です。

推し活向けの手帳は、通常の手帳とは違い、コンサートや舞台などのイベントを記録できるページがあります。またアプリも人気が高く、自分の予定以外に、推し用の予定を入力できるものがあり、スケジュールをしっかり纏めることが出来るので、おすすめです。

推し活におすすめのスポットとは?

商品をカスタマイズできるお店やカフェは、推し活をしている人が重宝しているスポットです。おしゃれな香水やチョコボールを推しの人の名前やイニシャルにカスタマイズできるお店もあり、主婦の友達を連れてカスタマイズしに行くと楽しめます。

またカフェであれば、ボトルに推している人のネームを入れ込むことも可能です。さらにフォントやカラーも選ぶことができるため、推している人のイメージに合わせてデザインすることも可能です。

合わせて読みたい

趣味がない主婦におすすめ!手軽に始められる趣味57選
趣味がない主婦におすすめ!手軽に始められる趣味57選
毎日子育てや家事に時間を取られ、つい自分のことは後回しにしてしまいがちなのが主婦。たまに時間がぽっかり空いても、結局スマホをいじって終わ...

推し活が年々増加している理由について

推しのイベントに行く
続いて、推し活が増加傾向にある理由についてお話します。なぜ世間では推し活が流行っているのでしょうか?どのような理由が潜んでいるのか、探ってみましょう。

推している人物に直接触れ合えるから

昔であればアイドルや芸能人は雲の上の存在でしたが、近年では握手会などの会えるイベントが開催され、ファンとの距離が一層近くなったことが推し活が増えた要因だと言われています。

AKB48などの48系がその先駆けとも言われており、直接芸能人と触れ合えることで非日常を味わうことが出来ます。タレントやファンと直接会話できることで、「この人を応援しよう!」という気持ちが高まりやすいのです。

推している人物を自分が成長させたような気持ちになる

推し活の最大の目的として多いのが、"あまり有名ではなかった人をスターダムへと成長していく過程を支える"と言うことです。その典型的な例としては、橋本環奈さんが挙げられます。彼女は当初あまり有名では無いアイドルグループに所属していましたが、推し活の人によりインターネットに写真が拡散され、今や映画やドラマ、CMに引っ張りだこの女優に成長しています。

自身が推している人を拡散させて有名にさせることで、自分が成長を支えているような感覚になるのです。

自分が周囲から認められた気分になる

推し活が増えた原因としては、応援している人が成長していく喜びに加えて、自身の承認欲求を満たしている場合もあります。例えば、有名ではなかったアイドルを自身が推したことにより、認知度が高まり、売れた際に「やっぱり自分は見る目があってすごいだろう」と優越感に浸ることができるのです。

周囲に自分を認めて欲しいという欲求から推している人にハマり、成長を支援すると言うケースも少なくないでしょう。

合わせて読みたい

主婦のみなさん!自分の部屋って持っていますか?
主婦のみなさん!自分の部屋って持っていますか?
「主婦だって自分の部屋がほしい!」そう思ったことは、ありませんか?自分の部屋ができると、気持ちの切り替えや息抜きになったり、少しの合間に...
福祉系大学で心理学を専攻。卒業後は、カウンセリングセンターにてメンタルヘルス対策講座の講師や個人カウンセリングに従事。その後、活躍の場を精神科病院やメンタルクリニックに移し、うつ病や統合失調症、発達障害などの患者さんやその家族に対するカウンセリングやソーシャルワーカーとして、彼らの心理的・社会的問題などの相談や支援に力を入れる。現在は、メンタルヘルス系の記事を主に執筆するライターとして活動中。《精神保健福祉士・社会福祉士》

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
主婦におすすめ「推し活」。毎日が輝く!若返る!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る