あなたはどっち?生涯賃貸?それとも持ち家?それぞれのメリット、デメリットは?

賃貸か分譲か
「将来はマイホームを購入して、愛する家族と温かな家庭を築いていきたい」という夢を抱いている方も多いのではないでしょうか?マイホームを持つのは、人生の一つのゴールのように考えられることも少なくなく、憧れを持つ方も大勢います。しかし、持ち家もメリットばかりではないという現実があります。今回は、持ち家と賃貸住宅のメリット・デメリットについて、ご紹介します。

持ち家を持つ場合のメリット・デメリット

家を買った家族
持ち家は、メリットばかりが目に付きますが、建設費に多額のお金が必要になる大きな買い物です。
そのため、家を買った後に「やっぱり買わない方が良かった」という事態になった場合は、精神的にも金銭的にもダメージが大きくなってしまいます。そのような事態を回避するためにも、しっかりと持ち家のメリットとデメリットを把握しておきましょう。

持ち家を持つ際のメリットとは

持ち家を持つ場合の主なメリットには、以下のようなものがあります。

  • 老後になっても住居探しの心配をしなくても良い
  • 自分の好きなようにリフォームをすることが可能
  • 社会的な信用を得るためのステータスにもなる
  • マンションやアパートなどの集合住宅よりは、多少騒いでも大丈夫である

また、子どもがいる場合は、その成長に合わせて一人用の部屋を用意する必要もあるでしょうし、子どもが大きな声などを出して、近所に迷惑をかけてしまう場合もあります。そのような点を考えると、賃貸よりも持ち家の方が融通は利くことが多いです。

持ち家を持つ際のデメリットとは

一方、持ち家を持つ際のデメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • 引っ越しなどをする際に、フットワークが重くなる
  • 多額の費用が必要になる
  • 家が壊れたりした場合、修繕費は自分持ちとなる
  • 長期間のローンが必要になる

当然のことですが、持ち家を持つには、多額のお金が必要となり、貯蓄だけでは足りずに、数十年にわたるローンを組む必要がある場合も少なくありません。また、家の壁などが壊れてしまった場合なども、当然ながら自費で修理をする必要があります。
さらに、ご近所付き合いのトラブルなどで、住んでいる地域にいづらくなってしまった場合などに、簡単に「じゃあ別の地域で心機一転頑張るか!」と再スタートを切ることも難しくなってしまいます。

理想の生活を求めるならやっぱり持ち家?

持ち家は多額のお金がかかったり、引っ越しなどをする際に動きにくかったりといったデメリットはあります。しかし、自分好みの間取りにしたり、途中でリフォームをしたりして、理想の空間を作り出すことができるのは大きな魅力といえるでしょう。「住居にはこだわりたい」という方は、多少のリスクがあっても、持ち家を建てる方が良いかもしれませんね。

合わせて読みたい

家が欲しい!頭金の相場はいくら?貯金の目安について
家が欲しい!頭金の相場はいくら?貯金の目安について
結婚や子どもの誕生をきっかけに、家を購入したい!と考える方も多いのではないでしょうか。また、周りの友人が家を持つことでも、その気持ちは強...

賃貸住宅のメリット・デメリット

家を借りた家族
持ち家に対して、アパートやマンションなどの賃貸住宅の場合のメリット・デメリットはどんなものがあるのでしょうか?賃貸住宅は持ち家に比べ、狭く不自由なイメージもありますが、実は悪いことばかりでもありません。賃貸を選ぶ場合も、しっかりとメリット・デメリットを把握して、自分に合ったライフスタイルを送るためのヒントにしていきましょう。

賃貸住宅のメリットとは

賃貸住宅を利用することの主なメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • 持ち家を購入するのと比べて、安く利用することができる
  • 引っ越しなどをする時も、スムーズに対応できることが多い
  • 建物の修繕費などはかからない
  • ローンなどを組む必要もない

賃貸住宅は持ち家を購入するのに比べ、金銭的な負担が分散されており、もし気に入らないような物件だった場合は、比較的容易に引っ越すこともできます。

賃貸住宅のデメリットとは

ところが、そのようなメリットに対して、賃貸住宅には以下のようなデメリットが挙げられます。

  • いくら長く住んでも、自分のものにはならない
  • 自由にリフォームすることができない
  • 隣の部屋の人など、近隣に気を遣うことが多い

賃貸住宅はどんなに長く住み、いくら家賃を払い続けたところで、自分のものになることはありません。そのため、将来に対しての不安がともなうこともあります。また、壁一枚隔てた向こうには他の方が住んでいますので、騒いだり大きな音を出したりすることもできませんし、ご近所付き合いの苦労もあるかもしれません。さらに、リフォームなどを行い、好きな空間を作り出すことができないというのも難点です。

気軽に利用できる反面、不安は残る

賃貸住宅は、持ち家を持つことに比べれば気軽に利用できますが、どうしても将来の不安が残るということが最大の難点といえます。そのため、一生賃貸で暮らしていく場合は、将来をしっかりと見越した資産運用が必要です。
ただ、仕事の都合や子ども通学などで、引っ越しをする場合は手続きが簡単で労力がかかりません。特に持ち家にこだわりがない場合などは、一生賃貸で暮らすのも悪い選択ではないかもしれませんね。

合わせて読みたい

旦那の手取りが少ない!最低月収いくらで子育てできる?
旦那の手取りが少ない!最低月収いくらで子育てできる?
そろそろ赤ちゃんを…と希望するご夫婦が気になる「収入」。妻としてもあまり言いたくはないけれど、旦那の手取り額をみていると、不安がよぎるという...
福祉系大学で心理学を専攻。卒業後は、カウンセリングセンターにてメンタルヘルス対策講座の講師や個人カウンセリングに従事。その後、活躍の場を精神科病院やメンタルクリニックに移し、うつ病や統合失調症、発達障害などの患者さんやその家族に対するカウンセリングやソーシャルワーカーとして、彼らの心理的・社会的問題などの相談や支援に力を入れる。現在は、メンタルヘルス系の記事を主に執筆するライターとして活動中。《精神保健福祉士・社会福祉士》

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
あなたはどっち?生涯賃貸?それとも持ち家?それぞれのメリット、デメリットは?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る