おしゃれママは知っておきたい 出産前におさえたい髪型のポイント

良ければシェアをお願いします。

おしゃれママは知っておきたい 出産前におさえたい髪型のポイント

新しい命に出会う時、自分の髪型の事なんて考えていられない!と思う方もいるかもしれませんが、おしゃれママだったらそうもいきませんよね。我が子にはいつでもきれいなママの姿を見せたいもの。出産前とは違う忙しい生活の中でも、やっぱりおしゃれは意識していたい!先輩ママ達はどうだったの?そんな方達の為に、出産前に知っておきたい髪型のポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

出産後ママは大忙し!生活が一変します

お腹が大きくても自由に動けた出産前とは違って、出産後は予想以上に変わってきます。当然ながら赤ちゃん中心の生活になり、昼も夜も大忙し!寝不足が続いて時間があれば寝ていたい!とほとんどのママが思うでしょう。

特に母乳ママの場合、ママと赤ちゃんはいつも一緒なので、なかなか離れる事が難しくなります。毎日育児に追われて美容院にもう何ヶ月も行ってない!という事になり兼ねません。

時間にゆとりがある出産前に美容院へ

いつもと体調が違う妊娠中に美容院に行くのは不安を感じるかもしれませんが、出産後の色々な事を考えると、やはり出産前に美容院に行く方がいいのではないでしょうか。

以前は何も感じなかったにおいが苦手になるなど、特に敏感になっているようなつわりの時期は避けて、後の体調のいい時にしましょう。妊娠中の経過次第ですが、に入るといつ生まれてもおかしくはないので、臨月に入る前には美容院に行っておいた方がいいでしょう。

美容院に行く時に気を付けたい事

予約の電話を入れる時に、妊娠中である事を伝えた方がいいでしょう。今はほとんどの方が決まった美容院に通われいてると思いますが、お腹が大きくなってくるにつれて、その日の体調や座る時の態勢など、更に細かく配慮して貰える事もあります。

出産後にはなかなか来られなくなる事を伝えれば、伸びてきても様になる髪型をアドバイスして貰ったり、上手なアレンジの仕方を教えて貰う事も出来るでしょう。美容院を安心して利用出来るようにしたいものです。

カットはいつまで?カラーやパーマは?

カットだけでも臨月の前までには済ませておいた方がいいでしょう。大きなお腹の場合、仰向けになると内臓が圧迫されて具合が悪くなる事も。美容院の場合シャンプー中はほとんど仰向けなので、臨月前には辛くなるかもしれません。

カラーやパーマは妊娠後期に入る前がオススメです。それ以降は出産準備の為のホルモン分泌により、腰痛になる場合があるからです。長時間座っていなければならない事もありカラーやパーマは負担が大きくて大変なのでお腹が大きくなる前の安定期に済ませましょう。

合わせて読みたい

マタニティーフォトを撮ろう!撮影開始から終了までの流れを紹介
マタニティーフォトとは、お腹の赤ちゃんと初めて一緒に撮る家族写真です。海外ではよく知られており、日本でもおしゃれなモデルさんや有名女優さんが妊婦姿をSNSなどにアップして一気に人気が定着した感がありますね。撮影の時期は妊娠して安定期に入り、胎動を感じられてお腹の膨らみが分かってくる妊娠8ヶ月...

ロングとショート、それぞれのデメリット

ロングもショートもそれぞれ魅力があり、大変な事があります。ここでは特に出産から産後を経験していくママにとって、大変だと思われる事を挙げてみました。いつもとは違う状況ですので、思いもよらなかったデメリットがあるかもしれません。

ショートヘアのデメリットって何?

産後楽そうだからと、出産を機にショートにするママも多いかと思います。しかしショートヘアは寝癖が付きやすいので、直すのに時間が掛かってしまう事が考えられます。なかなか自分に構えない時には寝癖を直す事も出来ず、気が付いたら一日中そのままの髪で過ごしていた、なんて事も。

また髪は短いほどこまめなお手入れが必要です。何センチか伸びるだけでスタイリングが決まらなくなってきます。赤ちゃんを預けて美容院に行けないママの場合は大変かもしれません。

ロングヘアのデメリットって何?

出産の時期にもよるかと思いますが、ロングの場合は首回りが暑くなりますよね。陣痛が始まったらとても自分の髪を気にしている余裕はありませんし、出産時は更に汗もかきますし、まとわり付いて鬱陶しいかもしれません。

出産時には結ぶ位置に気を付けないと分娩台に乗った時にゴムが頭に当たり痛い思いをする事もあります。髪を乾かすのにも時間が掛かるので、赤ちゃんと一緒の入浴後などは1人だと大変かもしれません。十分に乾かさない事で傷みが目立つようになります。

それならボブやミディアムはどうなの?

ボブヘアは縛れるだけの長さあればいいのですが、短めのスタイルだと授乳中に髪が顔にかかって赤ちゃんの顔がよく見えなかったり、赤ちゃんに引っ張られたりして痛い思いをしたりします

ミディアムはちょうど肩に付くくらいの長さなので、跳ねやすいのが難点かも知れません。ロングほど邪魔にはならないかもしれませんが、やはり結ばないと赤ちゃんの顔に髪が掛かったり、かき上げたりしながら授乳なんて事も。ボブと同じように赤ちゃんが大きくなってくると引っ張られやすくなるようです。

合わせて読みたい

妊娠中だって痩せたい!おすすめマタニティダイエット3選
赤ちゃんの分まで・・と思い、しっかり食べていたら妊婦検診の時に注意されてしまった、などと体重増加に悩む妊婦さんは大変多いです。特に最近の病院では体重管理を徹底しているところが増えてきたため、厳しく指導を受け、落ち込む方もたくさんいるでしょう。しかし、いざ体重を減らしたいと思っていても、赤ちゃんの...

出産時から産後にオススメの髪型

結局どんな髪型がいいのでしょうか?あまり自分に掛けられる時間はなくても、おしゃれママならいつでも素敵なスタイルでいたいものですね。ママになってもおしゃれ心は止められない!悩めるママにそれぞれの髪型の魅力をご紹介します。

切って良かった!ショートヘアがオススメの理由

ショートヘアは何と言ってもシャンプー時間が短い!乾かすのに時間が掛からない!大きなお腹で前かがみで髪を洗わないといけない時や、産後赤ちゃんを待たせて入浴に時間が掛けられない時にもぴったりです。

授乳中も髪が顔に掛からないからスッキリ!赤ちゃんの顔もよく見えて授乳に集中出来ます。また出産後に髪が抜けて薄くなってしまった部分があっても、ショートならボリュームを出しやすく、分け目を曖昧に出来るので目立たなくなります

切らなくて正解!ロングヘアがオススメの理由

結んでおけば邪魔にはならないし、寝癖も付きにくい!伸びてきてもショートほどスタイルが崩れない!それがロングの魅力ではないでしょうか?パーマをかけてあれば少し整えるだけで様になりますし、アレンジもたくさんあって楽しめますよね。

出産時はショートがいい、とは聞きますが、ずっとロングだった方は上手くスタイリング出来ずに後悔する場合もありますから、妊娠前からずっとロングヘアと付き合ってきたママは、切らずに慣れた髪型でいる方が楽なのでは?

ボブやミディアムヘアの魅力は何?

髪は切りたいけど、ショートにする勇気がないママにはボブがオススメです。短めのボブなら首元がすっきりしていて、結ばなくても邪魔になりません。ミディアムボブは産後そのまま伸ばしていけるので、ロングヘアに戻したいママにぴったりです

結べる長さがあるミディアムは、パーマがかかっているとスタイリングしやすくておしゃれ。寝癖も付きにくく、忙しい朝にもさっとまとまります。ちょっと余裕がある時にはアレンジも楽しめるので、楽ちんキレイが叶うスタイルと言えるでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?それぞれの髪型にはそれぞれの魅力があって、どうするのがいいか悩んでしまいますよね。色々な声が聞こえてくるかもしれませんが、最終的には自分が好きな髪型、スタイリングしやすい髪型にするのがストレスが少なくていいのではないでしょうか。ママになってもおしゃれ心を忘れずに、素敵な毎日をお過ごし下さいね。

ピックアップ

妊娠後期の過ごし方におすすめ♪安産のための運動3選
妊娠中に運動をするのってどうなのだろう?という疑問を持ったことはありますか。 確かに、お腹はどんどん大きくなっていきますし、もしものことがあったら・・と考えると不安にもなりますよね。ただ結論から言えば、妊娠中の運動はするべきです。 前提として、妊婦さんには出産を乗り切るための体力が最低限必要...
立ち会い出産での旦那さんの役割
これから出産を迎える旦那さんへ。最近では、立ち会い出産を選択される方が大変多くなりました。このコラムを読んでくださっているあなたも立ち会い出産のご予定があるのではないでしょうか。 今回は立ち会い出産の時に旦那さんがどういう役割を持っているのかということを一緒に考えてみたいと思います。奥様を精一...
いつ陣痛が始まっても安心!陣痛タクシーは妊婦の強い味方
出産予定日が近づいてくると、もうすぐ赤ちゃんに会える喜びをかみしめるとともに、出産への不安を抱く方が多いのではないでしょうか。最も大きな不安要素が「陣痛」で、特に初産婦の場合は陣痛自体どのようなものなのか見当もつかないため、一人でいる時に陣痛が来たらどうすればいいのか、迅速に病院までたどり着...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
おしゃれママは知っておきたい 出産前におさえたい髪型のポイント
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

陣痛についてのどのようなイメージがありますか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る