良ければシェアをお願いします。

親の介護費と子どもの養育費で負担大! ダブルケアに直面したときに考えたいお金のこと

家族

将来の設計を描く上で、「お金」は切り離せない事の一つです。老後や子どもの養育費、その他大きな額が必要となる場面が多々あります。一度に多くのお金を用意する事は難しいので、長期間の計画で準備しておくことが大切です。それでも、介護費の問題など突然やってくる事があります。子どもと親の養育というダブルケアが必要となった時に慌てないように、お金に関する知識を身に着けておきましょう。

スポンサーリンク

子どもにかかる費用はどれくらい?

出産から成人になるまで、子どもが成長するには長い期間があります。その為、養育費用も長い期間必要となってきます。子どもが何人いるかでも養育費に大きな差がでてきます。まずは子どもにどれだけの費用がかかるのか知っておきましょう。

幼稚園から高校までの費用はこの位かかる

文部科学省の平成26年度の調査によると、幼稚園から学校教育費の平均年額は下記のようになっています。

  • 幼稚園【公立】11万9千円 【私立】32万円
  • 小学校【公立】5万9千円 【私立】88万6千円
  • 中学校【公立】12万9千円 【私立】102万2千円
  • 高校 【公立】24万3千円 【私立】74万円

この他に、給食費や部活動費、習い事や塾の費用などを考慮しておきましょう。

学資保険に加入するなら出産してすぐ

高校を卒業して進学を希望するのであれば、その為の資金が必要になります。国立、私立、専門学校などによりますが、一人暮らしとなれば更に費用が加算されます。子どもが産まれたら学資保険を検討することをおすすめします。年齢が上がると共に月々の支払額も上がってしまいますので、早めに加入した方が楽になります。保険会社によって内容も異なりますので、候補を幾つかあげて条件に合ったものを選ぶようにしましょう。

児童手当」などの給付金はいつ無くなるか分からない

私立の幼稚園を選ぶ場合に参考にして欲しいことは、住んでいる地域によって補助金が支給されるということです。支給対象になる条件は地域によって異なりますので、役所などに相談するといいでしょう。また現在は「児童手当」も給付されていますが、いつまで続くのかは決まっていませんし、政権交代などで減額になる事もあると言う事を覚えておきましょう。

合わせて読みたい

高齢出産だと子育てと親の介護が同時にくる!?
高齢出産というと出産年齢ばかりに目が行きがちで、他のことを見落としがちです。出産年齢が高い=親も高齢ということにも目を向けなければなりません。 近年、女性の社会進出などもあり高齢出産は珍しいことではありません。しかし、そこに子育てと親の介護のダブルケアの問題に直面している人たちも急増していると...

ダブルケア費用における鍵は「介護費用」

ダブルケアで費用の鍵となるのは家族の介護です。いつ誰に介護が必要になるかは誰も分かりませんが、介護を必要としている方の多くはお年寄りです。近年は核家族が増え、同居をしている家族が減ってきましたが、自分やパートナーの両親の介護は身近な出来事です。介護にかかる費用をしっかり把握しておきましょう。

在宅介護の場合は夫婦の収入が減る

在宅介護の場合、介護にかかる全体の費用の月平均は約7万円となっています。これは平均額ですので、要介護度によって金額も変わってきます。在宅で介護をする場合には、日中誰かが家にいないと困ります。共働きが難しくなりますので夫婦での収入が減ってしまいます。ホームヘルパーやデイサービスなどを利用し、日中空いている時間を作ることで、パート等短時間の労働も検討できます。

家の維持費など節約できる部分は徹底を

介護状態にもよりますが、在宅介護をする場合は、家のリフォームをしないと介護が困難になる事もあります。離れて暮らしている場合には、どちらかの家に同居することで、維持費などの出費を抑えることができます。家を手放す事は簡単に決心できる事ではありませんが、家を売却するのではなく借家するなどして、折り合いをつけましょう。なお介護保険制度では介護ランクによってリフォーム代の補助を受けることができます。

介護施設の入居にかかる費用の目安

介護施設には、介護保険が適用される施設と介護保険が適用されない施設があります。月の目安は0~40万と大きく差があります。また、月額使用料の他、入居金を支払う施設もあります。どのような施設に入居したいのかを明確にしておかないと、急に増える費用にとまどってしまうでしょう。施設に入居する事を前もって希望している両親には、両親がどれ位費用を負担できるのかを確認しておきましょう。

合わせて読みたい

高齢出産だと子どもはかわいそう?高齢出産育児のリスク
「子どもがかわいそう」30代後半になり「妊活中」や「不妊治療中」と言うとどこからともなく言われるのがこの言葉。 赤ちゃんが欲しいと努力している時にこう言われると、自分のしていることは間違っているのかと不安になりますよね。ではなぜ高齢出産するとかわいそうなのでしょう。今回はよく言われるこの「かわ...
3歳と9カ月の姉妹ママです。育児奮闘中です。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
親の介護費と子どもの養育費で負担大! ダブルケアに直面したときに考えたいお金のこと
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

高齢出産(妊娠)で不安なことを教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る