兄弟で成績差がでないために親としてやるべきこと

兄弟の成績差
小学校の高学年くらいになると気になり始める、兄弟間の成績差。上の子が簡単に解いていた問題に下の子はつまずいてしまう、逆に上の子で苦労した教科が下の子は得意など、個性とも言えますが、あまりに成績に違いがあると気になってしまいますよね。比べても仕方がないことですが、なるべく兄弟の成績差をなくすためには親として何に気を付ければ良いのでしょうか。

第一子と第二子以降の子どもと親の関わり方

親の関わり
成績の差だけでなく、兄弟の子育てをしている場合に注目すべき点は、第一子と第二子以降の性格の違いと親の関わり方です。もちろん家庭によって違いはありますが、一般的に親は第一子対して慎重で丁寧な子育てを、第二子以降は上の子の経験を生かした子育てをすることが多いようです。

第一子の成績がその後の子どもの基準に

お父さん、お母さんにとって初めての子どもである第一子。赤ちゃん時代から、たっぷりの愛情を与えながらも、時には厳しく育てられることが多いのではないでしょうか。何も情報がない状態からの幼稚園選び、小学校生活、中学や高校受験と、親も初めての経験をするのが第一子の子育てです。この第一子の子育てが、第二子以降の育て方の基準となります。そしてもちろん第一子の成績がその後に続く第二子以降の子どもたちの基準にもなります。

反省点を生かす第二子以降の子育て

第一子の子育て経験を生かせるのが、第二子以降の子育てです。幼稚園や学校も経験と反省をもって選ぶことができますが、上の子が通っていた幼稚園に思うことがあっても、下の子はそのまま同じ園に入園させる場合も。子育てに対して妥協が出てくるのも、第二子以降の子育てにありがちです。もちろん、妥協して良い点ダメな点も分かっているので、効率よく子育てができます。勉強面でも同様の事が言えますが、上の子との性格の違いによっては上手くいかずに困惑することもあるかもしれません。

合わせて読みたい

無意識におこなっている親の「兄弟差別」。子どもへの影響は?
無意識におこなっている親の「兄弟差別」。子どもへの影響は?
複数の子どもを持つ家庭でよくある出来事として、度々取り上げられる『兄弟差別』。どの子も自分の子どもなのに、子どもによって褒め方や叱り方が...

男兄弟?姉妹?きょうだいでの成績差

兄弟の個性
第一子か第二子以降かという点の他に、子どもの性別や人数、兄弟編成によっても注意すべき点が違ってきます。一般的に言われる「女の子の方が早熟」や「男の方が理数系の考え方が上手」など、性別による違いもあるためです。

同じように育てても性別によって差が

男兄弟や姉妹の同性であれば、子どもの個性の違いはあっても、勉強の仕方についてはそこまでの相違はないかもしれません。しかし異性の兄弟の場合は、注意が必要です。得意不得意が違うこともありますが、同じように育てているつもりでも、親の子どもへの接し方が自然と異なっていくためです。
一般的にお父さんは、男の子には厳しく女の子には甘くなる傾向があります。それは男の子に対して、「社会人になってから苦労してほしくない」思いが強いからです。

逆に末子が男の子だとお母さんが甘くなることも。子どもの性別によって接し方を変えてしまうと、勉強の指導方法や受験時の志望校決めでも、考え方の違いが出てきてしまうかもしれません。子どもの成績を考えるなら、性別ではなくその子の性格に着目してあげると、異性の兄弟でも差が出にくいかもしれません。

子どもの人数から考えるべきこと

2人兄弟の場合、上の子で勉強方法をいろいろと試す、さまざまな塾の体験に行くなどした経験をします。そのため下の子に対しては、厳選した勉強方法や塾を使って効率的に成績を上げていくことが可能です。また第一子は、親に提示された勉強方法で素直にコツコツと知識を積み上げていき、第二子は上の子の様子を見ながら自然と勉強していくようになることが理想です。

3人兄弟以上になると、中間子となる子は思春期以降の年齢になると自主的に勉強できるかが鍵となります。長子は1人でもコツコツ努力出来るように成長いく傾向にあります。それは親の目が、まだ幼い第3子以降の弟や妹にいっているためです。しかし成長した長子や中間子となった第二子にも親のフォローは必要ですので、しっかりと見守ってあげることが重要でしょう。

合わせて読みたい

兄弟げんかが多くて困る!親の上手な六つの仲裁方法
兄弟げんかが多くて困る!親の上手な六つの仲裁方法
子どもに兄弟がいるとつきものなのが、兄弟げんか。ささいなことで始まってしまうことも多いので、1日中けんかしている、という日もあるかもしれ...
福祉系大学で心理学を専攻。卒業後は、カウンセリングセンターにてメンタルヘルス対策講座の講師や個人カウンセリングに従事。その後、活躍の場を精神科病院やメンタルクリニックに移し、うつ病や統合失調症、発達障害などの患者さんやその家族に対するカウンセリングやソーシャルワーカーとして、彼らの心理的・社会的問題などの相談や支援に力を入れる。現在は、メンタルヘルス系の記事を主に執筆するライターとして活動中。《精神保健福祉士・社会福祉士》

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
兄弟で成績差がでないために親としてやるべきこと
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る