子どものために国内で教育移住!魅力的な場所がこんなに!

教育移住
幼稚園から小学校、中学校と同じ場所で教育を受ける時代から、最近では子どもの教育の事を考えて移住をする、「国内教育移住」をする人が増えてきています。子どもの個性に合ったユニークな教育方針の学校など、さまざまな視点で教育環境を選ぶ時代になってきているのです。ここでは、国内教育移住について詳しくご紹介します。

国内教育移住とはどんなもの?

インターナショナルスクール
それでは早速、国内教育移住について詳しく見ていきましょう。ここでは国内教育移住の概要や、国内教育移住のメリット・デメリットをご紹介するとともに、国内教育移住について深く理解していただこうと思います。

国内教育移住の概要を詳細に解説

まずは国内教育移住の概要を解説していきましょう。国内教育移住とは子どもの教育を目的として、適した教育環境を目指して移住することです。今回のテーマである国内での教育移住だけでなく、海外へ子どもの教育目的で移住する人も多くいます。
今までは、親の仕事の都合による転勤などで引っ越すという事が一般的でしたが、そこが「子どもの教育のため」という部分が大きく違う点です。国内教育移住が広まっている背景には、現状の教育現場への疑問などが背景にあることが予測されます。国内教育移住は、なにも「勉強」だけが目的ではなく、子どもにとって伸び伸びと学ぶ事が出来る環境を与えるという意味もあるのです。

国内教育移住のメリットとは?

それでは次に、国内教育移住のメリットをご紹介していきましょう。国内教育移住のメリットは、何といっても子どもの得意な事を最適な環境で伸ばす事が出来るという点です。国内でも、ユニークな教育方針の教育現場は多くあり、それらの学校は「自然」「国際」「伝統」「ICT教育」などに力を入れています。さまざまな分野の中から、子ども自身が自然と興味を持ち、自由に選ぶ事が出来るような選択肢が広がっているのです。
また、得意な事を伸ばす事で、子どもに自信を持たせることも出来ます。好きな事を学習し、スキルをつけていくことは、AIに代替されない人材を育てる事にも繋がるのです。

国内教育移住のデメリットとは?

国内教育移住のデメリットとしては、親が転職を検討する必要性が出てくるという事です。移住先にもよりますし、国内ですので必要というわけではありませんが、地方に移住するとなると転職も選択肢に入れておくと安心です。しかし、リモートワークを導入している職場であれば転職の必要はないので、移住先と仕事との兼ね合いを考える必要は出てきそうです。
また、国内教育移住の他のデメリットとして、入学先によっては費用がかかるという点もあります。ユニークな教育方針の教育現場は私立であることが多く、それなりに費用がかかるという事を頭に入れておきましょう。

合わせて読みたい

テレワークで可能!田舎で子育て「お試し移住」最初の一歩!
テレワークで可能!田舎で子育て「お試し移住」最初の一歩!
働き方改革の推進でテレワークの導入率も上がり、全国どこにいても仕事をすることが可能になるなど、各個人に合った新しい働き方が実現しつつあり...

国内教育移住先の選び方をご紹介

学校を調べる
次は、国内教育移住先の選び方をご紹介していきます。理想の教育環境を求めて、国内教育移住先を選ぶ際は、現場の教育方針を調べる事はもちろんですが、その他にもチェックポイントがあります。以下に、どのような点をチェックすれば良いのかをお伝えします。

子どもにとって安心安全な環境かチェックする

まず1つ目は、子どもにとって安全な環境かどうかをチェックするのが大切です。日本国内は、海外に比べると治安の悪さはさほど大きくないことが多いものの、地域の風習や文化の違いによって、子どもの性格に合わない場所も存在します。そのため、国内教育移住先を選ぶ際は、治安の良さはもちろんですが、文化や風習などの違いなども調べながら選ぶようにすると、失敗なく移住することが出来るでしょう。

医療環境が整っているかチェックする

2つ目は、医療環境が整っているかをチェックすることがポイントです。国内教育移住は、子どもにとって最適な教育環境を整えるために行うものですが、引っ越しや環境の変化によって子どもが体調を崩す事は良くあります。それをケアするためには、医療環境が整っている場所の方が安心ですよね。子どもの年齢にもよりますが、年齢が低ければ低いほど医療環境に関して、しっかりチェックするようにしましょう。

交通の利便性や自然災害に関する事をチェックする

3つ目は、交通の利便性や自然災害に関する事を考えておくことです。子どもの教育に力を入れたい場合、学校への通学など交通の利便性は欠かす事は出来ないですよね。また、自然災害についても地域によって差があります。子どもにとって、安心して勉強や学校生活を充実させられるようにするためには、交通の利便性や自然災害に関する事も忘れないようにしましょう。

合わせて読みたい

【家族で海外移住】セレブも一般人も子連れで海外移住する時代
【家族で海外移住】セレブも一般人も子連れで海外移住する時代
海外移住といえば、有名セレブの話だと思っていませんか?海外移住をする日本人といえば国際的な企業家や資産家、芸能人がほとんどというイメージ...
福祉系大学で心理学を専攻。卒業後は、カウンセリングセンターにてメンタルヘルス対策講座の講師や個人カウンセリングに従事。その後、活躍の場を精神科病院やメンタルクリニックに移し、うつ病や統合失調症、発達障害などの患者さんやその家族に対するカウンセリングやソーシャルワーカーとして、彼らの心理的・社会的問題などの相談や支援に力を入れる。現在は、メンタルヘルス系の記事を主に執筆するライターとして活動中。《精神保健福祉士・社会福祉士》

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
子どものために国内で教育移住!魅力的な場所がこんなに!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る