子どもが【色鉛筆で頭蓋骨骨折】先のとがった文具が危険すぎる、他にはどんなものが?

とがった文具
子どもがお絵かきに使用するペンや色鉛筆。実は危険なものだと知っていましたか?2018年2月、色鉛筆による事故で0歳の赤ちゃんが骨折する事故があったと消費者庁から注意喚起がありました。この他にも、先がとがったものにぶつかって子どもがけがをする事故が相次いでいます。今回は、小さなお子さんがいるママ・パパにぜひ知っていただきたい、危険な文具や日用品に関する情報と対策をお伝えします。

色鉛筆で頭蓋骨骨折!?子どもの事故

病院の救急車
色鉛筆といえば、子どもがお絵かきに使用する身近な文具ですよね。実はこの色鉛筆によって重大な事故が発生したとして、消費者庁から発表がありました。まずは事故の詳細と消費者庁の注意喚起についてご説明します。

色鉛筆による事故で消費者庁から通達

「色鉛筆が刺さり、頭蓋骨骨折」…このショッキングなニュースは、2018年2月8日付で(消費者庁から送付された“子ども安全メールvol.388”)内で報告されました。
「鉛筆や先がとがった文具でのけがに注意!」と題されたこちらの報告によると、0歳児が兄姉の使用していた色鉛筆を手に持った状態で、バランスを崩して転倒。色鉛筆が右目まぶたに刺さって頭蓋骨を骨折したとされています。目の周りから色鉛筆の芯を摘出する手術が行われたそうです。色鉛筆という身近な文具で起こった大事故とあって、育児や保育に関わる人々から大きな反響が寄せられています。

色鉛筆だけじゃない!消費者庁が注意喚起

同メール内では、文具による別の事故情報も掲載されています。その内容は、1歳の子どもがボールペンを口にくわえて転倒し、出血をともなうけがをしたとのことです。文具によるこれらの事故を踏まえて、消費者庁は次の三つ点で注意喚起をしています。

  1. 先がとがったものを子どもが使用する際は目を離さない
  2. カラフルな色の文具は子どもが興味を持ちやすいため、注意する
  3. 兄姉や大人が文具を使う際は小さい子どもの手が届かない場所で使用する

小さい子どもがいると、日常の何気ない行動に思わぬ危険がともないます。上記の3点について、くれぐれも注意したいものです。

合わせて読みたい

【赤ちゃんの耳かき】1歳児の耳かきが一番危険なワケ
【赤ちゃんの耳かき】1歳児の耳かきが一番危険なワケ
お風呂に入って耳がぬれてしまった場合など、さっと耳掃除をしてあげると子どもも気持ちが良さそうです。しかし、小さな子どもを中心に、耳かきの...

先のとがったものが危険!身近にある危険物

歯を磨く子ども
子どもにとって危険なのは、色鉛筆とボールペンだけではありません。文具の他にも、さまざまな日用品に事故のリスクがあります。こちらでは特に注意が必要なものをご紹介します。中には「こんなものまで?」と驚いてしまうようなアイテムにも、事故例があるため、ぜひチェックしてみてくださいね。

歯ブラシによる「喉突き事故」が多発

先がとがったものの中でも、特に危険だといわれているのが歯ブラシです。子どもが歯ブラシを口にくわえた状態で転倒して、喉や口の中に刺さる事故が相次いでいます。歯磨きも毎日のこととなると、つい注意を怠ってしまいがちです。しかし、子どもに歯ブラシを持たせたまま歩き回らせるのは大変危険です。
消費者庁によると、特に1歳~3歳のお子さんがいるご家庭では、必ず保護者がそばで見守って歯磨きをさせるようにされています。仕上げ磨きのときだけでなく、歯磨きの初めから終わりまで、ママ・パパが見ていてあげましょう。

まだまだある!身近にある危険物

身近にある先がとがったものといえば、筆記用具と歯ブラシが代表的です。これらの他にも、次のようなアイテムに注意が必要です。

お箸、フォーク

「食事中に子どもが落ち着かず、歩き回ってしまう」というお悩みをよく耳にします。食事の際は親が見守ることはもちろん、きちんと座って食べることを教えるのも大切です。

わたあめ

お祭りの定番品であるわたあめは、割り箸が使用されているため要注意。人混みの中で歩きながら食べるのは避けましょう。

ストロー付きコップ

なんと子ども向けのストロー付きコップにも、事故の報告があります。ストロー部分が固い素材でできているものは口の中に刺さらないよう注意が必要です。

どれも育児中のご家庭ではたびたび登場するアイテムです。子どもにけがをさせないためにも、日頃から気を付けたいものですね。

合わせて読みたい

身の回りのものが危険物に【乳幼児】事故防止のヒヤリハット
身の回りのものが危険物に【乳幼児】事故防止のヒヤリハット
乳幼児は好奇心いっぱい!いろんなものに触れたがるものです。パパやママが思ってもみないような行動をとることもあるでしょう。 普段大人が何...
30代前半。夫、長女3歳、長男1歳の4人家族。商社営業を経て出産。初めての出産で分娩トラブル、乳腺炎、産後クライシス、保活失敗など…数々の「洗礼」を受けた経験から『特別なことをするのではなく、地に足の着いた育児』をモットーに、日々奮闘しています。現在は一時保育を利用してライター業に従事。保育士資格を所有。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
子どもが【色鉛筆で頭蓋骨骨折】先のとがった文具が危険すぎる、他にはどんなものが?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る