子どもの養育費を貯蓄しよう!大学までの養育費を上手にためる3つの方法

スポンサーリンク

養育費の貯金

子どもが進級する時には、施設利用費や教材費など様々な出費がかかります。また、入園・入学の際には、入園金や入学金、授業料といった名目のまとまった金額を指定日まで納めなければなりません。ですから、養育費として目標金額を決めて、早めに貯蓄を始めておきたいところです。とは言っても毎月手元にいくらも残っているわけではないなど事情は様々、貯蓄できるかどうかわかりません。それならできることをしてみませんか?

生活費と一緒の口座は貯まりにくい!

自分の口座や生活費の口座に置いてあると、なんとなく使ってしまって気がつくとなくなっていることもあります。また、引き落としの時に残高不足になり、養育費のつもりで残しておいた資金まで使ってしまっている可能性があります。ですから、口座を新設することをおすすめします。

1. 養育費用の口座を新設することから始める!

子ども名義の口座は、お年玉やお祝いをいただくようになるとすでに作っているご家庭もあると思いますが、まずは、養育費を貯めるための口座を作りましょう。次に貯め方を決めておくこともおすすめです。例えば月に1人5,000円ずつ入金するルールで貯蓄すると、年に60,000円、10年間続けると1人分60万円の養育費を確保することができます。

児童手当があるうちに貯蓄を始める

児童手当を受給できる家庭では、この手当から貯蓄にまわすことも一案です。1人の子どもにつき3歳になるまでは15,000円、中学校を卒業する3月までは10,000円が支給されます。15,000円を3歳になるまで貯めたとしても、50万円は貯まることになります。そこで月々に貯める金額を自己設定して、養育費用の新口座に貯めます。ただし児童手当は申請が必要です。また4ヶ月ごとにまとめて支給されているので、手当の入金があった月に、4ヶ月分忘れずに貯金することが前提となります。

普通預金ではなく定期預金にする

口座を決めて養育費を貯める場合に、普通口座でなく定期預金にすることで出金を抑えることも可能です。6ヶ月や1年など期間を決めて預金する定期預金では、決まった期間が過ぎるまでお金を下ろすことができない仕組みになっています。また自分で入金に行かなくても、自動積立を利用することで月々決まった金額が貯まっていくように設定するとより便利です。

合わせて読みたい

子どもの養育費に大助かりな児童手当の手続き・申請方法
子どもの養育費に大助かりな児童手当の手続き・申請方法
「児童手当」とは、厚生労働省の発表によると「子ども、子育て支援の適切な実施を図るため、父母その他の保護者が子育てについての第一義的責...

2. 金融商品・サービスを利用する

自分で預金の金額や種類を考えたり、いくら貯まるかシミュレーションすることが苦手なら商品やサービスを利用しましょう。それなら、担当者が見積もりを算定してくれたり、目標額に達するために月々いくら必要なのかも教えてもらうことができます。ただし細かい内容が難しかったとしても、現金として受け取ることができるタイミングや方法については、把握してから契約したほうが良さそうです。

大学入学の頃に手元に戻る学資保険

学資保険は保険料として払い込んだ合計金額とプラス数万円から10万円くらいが、満期に貯まっているという商品です。選択する会社によって、増加率は異なります。そして保険会社の経営が破綻しない限り、増加する仕組みが養育費を確保する目的に向いています。受け取る時期は、子どもが大学に入学する18歳の他に中学、高校入学や20歳などを加えたプランなどがあるのが特徴です。

会社勤めなら給料天引きで貯蓄を設定する

自分で貯めるのはなかなかうまくいかない、でも会社で財形ができるなら給料天引きで貯蓄することができるかもしれません。企業によっては、保険会社と会社との契約によって財形貯蓄の仕組みが整っています。または数百円単位から会社へ拠出して、証券会社経由で会社の株を買っていく「社員持株会」の制度もあります。株を毎月数口ずつ買っていると、月数百円ですが「持株奨励金」が出たり、配当金がもらえます。それらで金額を設定しておけば、毎月お給料から貯蓄にあてる分が引かれます。

難しそうな積み立て投資から簡単なものを選ぶ

「金・銀・プラチナ積立」は、月々数千円を出して積み立てていくことができます。また、貯蓄後は現金だけでなく、貴金属アクセサリーに交換することを選択できるというサービスが複数の企業で展開されています。次に、もっと身近な投資では、生協・コープの出資金があります。食材を注文する時に、口数を決めて増資していくと利率に応じて配当金の分が増えていきます。銀行より利率が良いと、好んで利用している主婦が多いのが特徴です。

合わせて読みたい

親の介護費と子どもの養育費で負担大! ダブルケアに直面したときに考えたいお金のこと
親の介護費と子どもの養育費で負担大! ダブルケアに直面したときに考えたいお金のこと
将来の設計を描く上で、「お金」は切り離せないことの一つです。老後や子どもの養育費、その他大きな額が必要となる場面が多々あります。一度に多...
5歳(年中)、3歳(待機児童)、夫(ちょっと年下)と暮らしてます。在宅ライター主婦

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
子どもの養育費を貯蓄しよう!大学までの養育費を上手にためる3つの方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る