あなたは公共の場所での授乳に賛成?反対?おしゃれな授乳ケープや授乳室情報も!

スポンサーリンク

公共の場所での授乳
今年に入って、外出先での「授乳」が問題となっています。赤ちゃんは時や場所を選んではくれませんから、お腹が空いたらすぐに泣き出してしまいます。その時にすぐ授乳ができれば良いのですが、電車の中やフードコートなどの視線が集中しやすい場所ではママさんも周りも「気まずい」と感じてしまうのが現状。今回はそんな授乳問題について考えていきます。外での授乳が安心なアイテムもご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんの授乳回数ってどれくらい?

授乳回数

人間は成長するにつれてご飯の量が変わってきます。赤ちゃんも大人と同じように年齢によって授乳回数や、飲む母乳の量が変わります。一般的に生後1日の場合は約5~7ml、生後3日以後は30~40mlと言われています。回数としては1日に10~12回程度であれば健康であると言えます。ただし、回数自体はそれほど神経質に考える必要がなく、赤ちゃんが欲したときに満足するまで与える「自律哺乳」が基本です。

同じように授乳間隔も「〇時間開けなければダメ」ということはありません。あまりに母乳を欲しがる間隔が短かったり、排尿回数が気になったりする場合にはかかりつけの医院を受診しましょう。

日本での授乳方法の今昔…

昔の授乳方法

「私が子供を育てた頃はね・・・」とかつての子育て法を語る母親は多くいます。新米ママさんは特にそういった母親の話を聞く機会が多いかもしれませんね。ときには「そんなおっぱいのあげかたはダメよ!」と叱られてしまうこともしばしば。しかし授乳方法も進化しており、今と昔とでは常識も大きく異なります。ここでは今と昔の授乳方法を知ったうえで、現代の正しい授乳方法を身につけましょう!

授乳前はおっぱいを消毒?白湯を飲む?昔の授乳方法

少し前までは赤ちゃんの体内にばい菌が入らないよう、授乳の前は乳房や乳首を清浄綿で消毒することがありました。しかし、近年研究で母乳自体に殺菌作用があるため、消毒をする必要がないという結果が出されました。むしろ清浄綿などで消毒をすることは肌を傷つけ、そこから菌を繁殖させてしまう可能性もあることから現在ではNGとされています。どうしても気になる場合は水をつけたガーゼなどでポンポンと軽く拭きましょう。

また、昭和時代には授乳後に白湯を飲ませるということも行われていました。煮沸をしているため白湯そのものは赤ちゃんが飲ませても問題ありません。口の中を殺菌するために白湯を飲ませていたと考えられますが、現在ではあまり好まれる行為ではありません。

そもそも赤ちゃんは味がないものを好まず、白湯には味がないため赤ちゃんにとっては苦手なものでもあります。さらに授乳後は水分が十分に足りているにも関わらず、白湯を飲ませてしまうと腎臓に負担がかかってしまうとされています。

公共の場での授乳は非常識?現在の授乳方法

授乳方法自体は昔とあまり変わりませんが、粉ミルクを使用する場合の哺乳瓶などは進化を続けています。かつては熱湯で煮沸消毒などが主流でしたが、消毒液に浸すだけのものや電子レンジでスチーム消毒ができる専用容器などが登場してきています。

さて授乳の話に戻りますが、母乳を与える場合の、今昔の大きな違いは「環境」です。昭和初期などは赤ちゃんがおっぱいを欲しがったら、その場で授乳できるような時代でした。電車の中や公園のベンチなどで授乳をするお母さんの姿は珍しいものではなかったのです。

しかし現在は授乳室などができたこともあり、公共の場で授乳している姿を見ることがなくなりました。その影響もあるのか、現代では公共の場で授乳をしているお母さんを見ると「非常識だ」という声もきこえてきます。

見慣れていない光景を目の当たりにすると、「それはおかしい」と言ってしまうのは悲しいかな「世間体」を気にする日本人の習性ともいえるでしょう。

合わせて読みたい

母乳育児のママ必見!外出中に授乳をする方法と注意点まとめ
母乳のみでの育児をしている時に困るのが、外出時です。哺乳瓶での授乳と違い、どこででも出来るわけではありませんよね。母乳育児中のママの...

現役ママの外出先での授乳事情

赤ちゃんとお散歩

賛否両論ある外出先での授乳行為…現役ママさんたちはどんなことに気を付けているのでしょうか。さまざまな意見を集計し、外出先での授乳事情についてカテゴリー分けしてみました!

1.授乳のタイミングを考えて行動する

とあるママさんから「外食をしているときに子どもがおっぱいを欲しがり、その場であげることもできずに困った」という声が。これに対し多くのママさんから出たレスポンスが「授乳のタイミングを考えるべき」というものでした。

お母さんは毎日赤ちゃんにおっぱいをあげていますから、赤ちゃんのお腹が空くおよそのタイミングを把握しているはずですね。そのため、その声には「そろそろ授乳の時間だなとわかったはずなのに、先に飲食店に入ってしまったことが問題」との厳しめの返答がなされていました。いつでもどこでも授乳ができるわけではない現代、先々のことを考えて行動することがママさんの必須スキルとなっているようです。

2.事前に授乳できる場所を確保&知っておく

赤ちゃんの授乳タイムはある程度規則性がありますが、突発的なこともあります。そんなときに慌てないよう、お出かけルート内にいくつか授乳ポイントを見つけておくのが現役ママさん。

ママ友同士の情報交換や口コミ、インターネットの情報を駆使して授乳できる場所を把握しておきましょう。また、ドライブの場合には車の中で授乳ができるように授乳ケープや、外から見えないような工夫をしておくことも大切です。

3.授乳しやすい服装で出かける

産後はついつい体型カバーの洋服を購入しがちですが、授乳しやすいような前開きの服を選ぶように心がけましょう。ボタンがない洋服だと出先で困るといった意見が多く見受けられました。

また、最近は授乳口があるのに普通の洋服に見えるものがたくさんでているので何枚か購入しておくとよいですね。

4.授乳グッズの活用と所持

外出先での授乳において大切なことは、お母さんが余裕をもって行動することです。親が焦ったり慌てたりすると、子どもはそれをすぐに感じ取ります。すると余計授乳に時間がかかってしまうことも。では余裕を持つにはどうしたら良いか。

ここは文明の利器に頼りましょう!最近は授乳グッズも豊富になってきており、目移りするほどたくさんのお役立ち商品があります。授乳ケープを持ったり、使わなくても哺乳瓶を持ち歩いたりするだけでも、心持が違うとの声がありました。上手にアイテムを使いこなし、外出先でも恐れず授乳したいですね。

視野に授乳ママさんが!その時の男性の心中は?

授乳中の男性の視線

公園に行ったり、電車に乗ったりしているときにおもむろに授乳を始めるママさんの姿!そのとき周囲の男性はどのように思っているのでしょうか。2016年のマイナビウーマンによる調査結果では、大きく分けて5つの意見が挙げられました。

「赤ちゃんは待ってくれないから問題ないと思う」、「女性から母親になったんだと感じる」、「目のやり場に困る」、「恥じらいはないのかと思ってしまう」、「見た目よりも子どもを優先するんだなと思う」というものでした。

好意的な意見もあるなか、やはり「目のやり場に困る」や「恥じらいはないのか」など批判的な意見も寄せられています。身近に授乳ママさんがいれば理解できることですが、そういった方がいない場合には男性側はなかなか理解しがたいことなのかもしれません。

合わせて読みたい

これは便利!授乳時に使えるおすすめアイテムまとめ
授乳を与える頻度は思いのほか多く、大変な思いをしてしまうママも多いものです。外出時はもちろん、家でも同居家族がいる場合はいちいち人の目が...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
あなたは公共の場所での授乳に賛成?反対?おしゃれな授乳ケープや授乳室情報も!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る