赤ちゃんが落下しないように!抱っこひもの使い方をマスターしよう!

赤ちゃんと微笑むお母さん

赤ちゃんを連れて外出する時の必修アイテムの抱っこひも。おんぶとは違い対面式なので赤ちゃんの様子が常にわかりママも安心です。また、おしゃれなデザインのものが販売されているのでコーディネートも楽しめます。その反面、ひやっとするような落下事故も多くあるのです。そこで、赤ちゃんがけがをしないためにも抱っこひもの使い方をマスターしましょう!

抱っこひもにはどんな種類があるの?

抱っこひも
街で抱っこひもを使っているパパやママをよく見かけるようになりました。ドットやチェックなど柄や色が豊富で、インターネットの通販や育児用品を扱うお店で購入することができます。そこで、抱っこひもにはどんな種類があるのかご紹介します。

街でよく見かけるいわゆる「抱っこひも」

「抱っこひも」の中にはさらに大きく分かれて3通りで、新生児用におすすめの横抱っこ用、首が据わってからの縦抱っこ用、首や腰が据わってからの抱っことおんぶ用になります。一人でも簡単に装着ができ留め具でしっかり固定できるので、赤ちゃんを危険から守れることはママにとって最大のメリットですね。また、頭を支えるパーツを取り付ければ新生児にも対応できますし、メーカーによっては色やデザインが豊富にあるので楽しんで選ぶことができます。

赤ちゃんが安心できる「ベビースリング」

「ベビースリング」とは、一枚の布を片方の肩からつるして赤ちゃんを包み込むようにする抱っこひもです。ママのおなかの中にいた時のような姿勢で抱かれるので「第2の子宮」とも言われて、赤ちゃんに安心感を与えるアイテムです。メリットは、布なので小さく折りたたんで持ち運びができ、ぐずった時はさっと取り出して装着できることです。これなら、赤ちゃんはすぐに機嫌がよくなりますね。

海外から始まった人気の「ベビーラップ」

「ベビーラップ」とは、大きな布で赤ちゃんとママを巻き付けて使用します。一般的なおんぶひもよりも赤ちゃんとの密着度があるのでぐずることが少ないと好評です。また、色や柄のバリエーションも豊富なので欧米のおしゃれママたちの間では大人気!大きな特徴は、それぞれ月齢に応じた巻き方をすれば新生児から体重15キロくらいまで使用できることです。さらに、布を巻き付けているので赤ちゃんの体重が片寄らずママが疲れません。

合わせて読みたい

おんぶひもはメリットがいっぱい!おすすめ商品と選び方
おんぶひもはメリットがいっぱい!おすすめ商品と選び方
ママになる方にとって必需品になる抱っこ・おんぶひも。赤ちゃんの寝かしつけから外出時、家事を行うときなど昔から重宝されてきました。できれば...

抱っこひもを使用時のヒヤリハット体験

抱っこでお出掛け
ちょっと目を離したすきに起こるのが赤ちゃんの事故。体は小さいですが動きは意外と速いのです。抱っこひもはママの体に密着しているので安全に見えますが、意外といろいろな事故の事例があるのでここでちょっとご紹介しておきます。

第1位は思わず赤ちゃんが落下しそうになったこと

しっかり固定しているはずなのになぜ赤ちゃんは落下してしまうのでしょう?買い物中にものを取ろうと手を伸ばした時や、字を書く時に前かがみになった瞬間、赤ちゃんが頭から落ちそうになった、あるいは、抱っこひもに乗せる時に失敗して隙間から落ちそうになったということが挙げられます。つまり、抱っこひも装着時に前かがみになる動作をすると落下の危険が大きいので注意が必要ですね。

赤ちゃんの月齢によって危険度は変化

赤ちゃんは日に日に成長していくので、今日は安全でも明日は危険かもしれません。一番に注意しなければならないのは赤ちゃんの予期せぬ動きです。生後4カ月を過ぎると動きが活発になってくるので、反り返ったすきに落下しそうになったり、自分から何かに向かって手を伸ばしたりした時に落下しそうになります。また、1歳を過ぎれば抱っこひもから抜け出そうとすることもあり、ママが気を付けていても防げない事故の可能性があります。

落下同様に気を付けたい圧迫や窒息

抱っこひもがゆるいと赤ちゃんは落下してしまいます。しかし、締め過ぎてしまうと圧迫してしまって窒息することがあります。落下を防ぐための行為が危険な事態を引き起こすのです。「ベビースリング」は、顔をすっぽり包み込んでしまうため、寝ているのかと思っていて気が付いた時には呼吸が止まっていたという事故が海外で起こっています。このような悲しい事態を招かないためにも、使用時には赤ちゃんの顔色に常に注意をすべきですね。

合わせて読みたい

新生児からのスリング!選び方と賢い活用術を伝授
新生児からのスリング!選び方と賢い活用術を伝授
赤ちゃんを抱っこするために使用する抱っこひもにもさまざまなタイプのものが現在では存在します。その中でもスリングという抱っこひもの一種をご...
高校2年と小学6年の女の子の母です。パンとお菓子作りが生きがいです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
赤ちゃんが落下しないように!抱っこひもの使い方をマスターしよう!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る