進化中!中学受験は通信教育だけで乗り切れるものなのか?

通信教育を利用する保護者のサポート

親の協力
中学受験を通信教育だけで乗り切れるかどうかは、保護者のサポートが鍵になります。通信教育の有利な点を生かし、不利な点を補強するような協力ができれば理想的です。

スケジュール管理のサポート

塾に比べて、家のなかは誘惑がいっぱい。テレビやゲーム、おやつ、漫画、といった定番のものから、学習に使うタブレット自体が学習のさまたげになる場合もあります。保護者は、自学の環境を整えてあげなくてはいけません。教材をあたえておくだけで勝手に勉強するだろうという過信は禁物です。基本的に、子どもは気が散りやすく計画性がないものと考えて、学習の進み具合や理解度をよくみてあげましょう。

受験が近くなったら模試の利用も検討

通信教育には多くのメリットがありますが、唯一心配なのは、テストの経験値不足です。受験当日は、慣れない環境で長時間の集中を求められます。時間制限があるなかで問題を解くのは、プレッシャーがかかる作業です。本番で緊張しすぎないように、受験が近くなったら公開模試を受けることも検討してみてください。

勉強以外の実体験も大切

せっかく通信教育を利用するのですから、時間を有意義に使いたいですね。習い事を無理にやめさせたり、家族の時間を削ったりせず、貴重な子ども時代を楽しく過ごせるように心を配ってあげてください。正直なところ、勉強以外の実体験が少ないことは、受験にも影響します。中学受験では、学んだ知識をどのように生かして問題を解決するか、考えさせるような出題をするところもありますし、面接もあります。知識の詰め込みだけではなく、さまざまな体験を通じて考える力や感受性を育てることも大切です。

おわりに

通信教育には、中学受験に特化したコースがあり、塾に比べて費用も抑えられています。やりたいことを続けながら勉強もがんばりたい、という子にとっては、よい選択肢でしょう。実際の合格者のなかにも、塾に通っていなかった子が一定数います。子どもの性格、保護者のかかわり方について家族でよく相談し、検討してみてください。

ピックアップ

たくさんありすぎて選べない!小学生のおすすめ通信教育
たくさんありすぎて選べない!小学生のおすすめ通信教育
小学校に上がると「家庭学習の習慣をつけてください」と学校から指導されると思います。書店にはドリルや参考書がたくさん並んでいますが、どれを...
小学生新聞で学力アップ?読ませるタイミングと新聞の特徴
小学生新聞で学力アップ?読ませるタイミングと新聞の特徴
インターネットの普及で子どもたちの活字離れが激しいといわれています。 新聞は活字に触れる絶好のチャンスです。さらに世の中の仕組みもわか...
塾に通わせる? 学校の勉強で十分? 小学生の学習塾事情
塾に通わせる? 学校の勉強で十分? 小学生の学習塾事情
最近は、小学生が学習塾に通うのも当たり前のようになってきました。一昔前では、子どもは元気に外で遊ぶのが仕事とされていましたが、今では大半...
2歳差で生まれた娘と息子はすでに高校生。子育ても一段落したと思いきや、思春期の悩みに付き合わされている40代後半の働くお母さんです。保育の現場で子ども達に癒やされながら日々勉強中。しかし子育てには、教員免許もたいして役に立たず。それよりも、演劇部で鍛えた妄想力と演技力の方が役に立ったような気がします。「子どもの主食はあそび」の信念で、とにかく楽しく、子どもの人権を尊重した育児が理想。あくまで、理想・・・。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る