【デモクラティック・スクール】学校以外の学びの場所。フリースクールとの違い

デモクラティックスクールで育つ子どもたち

授業の風景
デモクラティックスクールには、明確な入学年齢や卒業年齢はありません。こうした規則は、それぞれのスクールの話し合いによって決まるからです。多くのスクールでは、自分の発言・決定に責任が持てる年齢になれば通えることになっています。スクールでは、4歳から20歳くらいまでの子どもが異年齢集団を形成し、活動しています。

自分勝手に育ってしまうのでは?

好きなことだけ学ぶ、自分のことは自分で決める、自由を尊重する、という教育理念の中で、大人のスタッフは子どもに干渉しません。このような環境では、社会性のない自分勝手な人間に育ってしまうのでは?と不安になるかもしれません。しかし、子どもたちは集団の中で生活し、学校運営も民主的な話し合いのもと、行われています。こうした他者とのかかわりの中で、社会性や協調性を身に着けていきます。

卒業したらどうなるの?

先ほども述べた通り、デモクラティックスクールには、明確な卒業年齢はありません。卒業後の進路指導や就職あっせんもありません。多くの子どもたちは、公教育に戻ることを前提に活動しておらず、それぞれの判断でスクールを卒業し、社会へ出ていきます。スクールで学ぶ中で、将来の職業を選択していくのです。高校認程度試験を受験して大学進学を決める子もいれば、就職する子もいます。発足してまだ日の浅い教育形態なので、卒業生もまだ数十名です。

おわりに

デモクラティックスクールは、既存の公教育とはまったく異なる学びの場です。世界でもまだ数が少なく、公的支援もない状態で自主的に運営が行われています。知識偏重型、偏差値重視の教育とは異なる教育方針は、子どもの生きる力を伸ばしていく可能性を感じます。歴史が浅く、未知数の教育現場ですが、既存の教育になじめない子どもにとっては、有効な選択肢になるかもしれません。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。

ピックアップ

やっぱりインターナショナルスクール!? 芸能人の幼稚園・小学校お受験事情
やっぱりインターナショナルスクール!? 芸能人の幼稚園・小学校お受験事情
インターナショナルスクールとは、一昔前までは日本に住んでいる外国人の子どもに対して、母国語もしくは英語を用いて母国の教育を行っている...
少人数と多人数クラスはどっちがよい?小学校の児童数と学級数の関係
少人数と多人数クラスはどっちがよい?小学校の児童数と学級数の関係
少人数学級編成に柔軟に対応し始めた現代では、首都圏を中心に少人数クラスを取り入れる小学校も多くなりました。それに伴い、少人数クラスと...
【保育監修】小学校は公立と私立のどっちにする?それぞれの特徴・メリットは?
【保育監修】小学校は公立と私立のどっちにする?それぞれの特徴・メリットは?
小学校を公立にするか私立にするかということは子どもの将来を少なからず左右する選択ではないでしょうか。学費の面で大きな開きがあるのは周...
2歳差で生まれた娘と息子はすでに高校生。子育ても一段落したと思いきや、思春期の悩みに付き合わされている40代後半の働くお母さんです。保育の現場で子ども達に癒やされながら日々勉強中。しかし子育てには、教員免許もたいして役に立たず。それよりも、演劇部で鍛えた妄想力と演技力の方が役に立ったような気がします。「子どもの主食はあそび」の信念で、とにかく楽しく、子どもの人権を尊重した育児が理想。あくまで、理想・・・。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る