【乳幼児編】浴槽、キッチンには危険がいっぱい!家庭内の事故に注意!

良ければシェアをお願いします。

コンロを触る赤ちゃん

大人にはなんてことない事でも、乳幼児にとっては家の中は危険がいっぱい!特にお風呂の浴槽やキッチンには要注意です。そこで、乳幼児がいる家庭に知っておいてもらいたい「家庭内での事故」について事故の内容と対策方法を詳しく紹介していきたいと思います。死亡事故も多いのでママやパパはしっかりと注意しておきましょう。

スポンサーリンク

乳幼児の不慮の事故9割が窒息によるもの

2013年の統計データによると、乳幼児の不慮の事故のうち9割は「窒息」によるものと発表されています。口に入るものなら何でも入れてしまう年頃です。ほとんどを家庭内で過ごす乳幼児ですが、家の中には危険がいっぱいです。

冷蔵庫に貼っていたマグネット飲み込み

家庭の冷蔵庫にマグネットを貼っていませんか?コロンと転がってしまったら、どこにいったか分からなくなることもあるはずです。しかし、常に床に近い目線で過ごす乳幼児にはよく見えるものです。いつの間にか口に入れて飲み込んでしまうこともあります。できるだけ乳幼児の間はマグネットを使わないことをおすすめします。

口に入る大きさのおもちゃも誤飲対象

口に入る大きさのものなら、おもちゃも誤飲の対象になります。乳幼児向けのおもちゃは誤飲を防ぐための工夫がされていますが、問題は兄弟がいる場合です。年齢が上がるにつれて小さいサイズのおもちゃも持つようになります。お兄ちゃんお姉ちゃんには必ず、後片付けをすることや手の届かないところで遊ぶように注意しておきましょう。

タバコ、灰皿は絶対に手の届かない位置に!

家庭内にタバコを吸う人がいる場合は、タバコ・灰皿・吸い殻は子どもの手の届かない場所に置くことが大切です。特に、水に溶けたタバコの吸い殻にはニコチンが溶け出ているため、命に危険を及ぼすことがあります。固形物は口から出し、すぐに病院に行きましょう。吐き出させようとして、水やミルクなどは飲ませるのは逆効果になるので絶対にやめましょう。

合わせて読みたい

覚えておきたい!赤ちゃんが誤飲した時の4つの対処法
毎日すくすくと大きくなる赤ちゃん。お母さんにとって嬉しいことですが、同時に不安も増えていきます。その理由の1つは赤ちゃんの行動範囲が広がることです。 生まれたばかりの頃は寝てばかりいた赤ちゃんがハイハイをしたり、つかまり立ちができるようになったりすると、目につくもの、手にするものをすべて口に入...

キッチンに潜む乳幼児の事故の原因

キッチンは子どもにとって非常に危険な場所です。特に、つかまり立ち、歩きはじめの時期はコンロのスイッチにも手が届く子がいるなど注意が必要です。ハイハイの時期でも危険が多く潜んでいるので紹介していきます。

意外と見落としがち!炊飯器の蒸気

コンロのスイッチ、包丁など分かりやすく危険なものには注意を払うものですが、見落としがちなのが「炊飯器の蒸気」です。炊飯器から出てくる蒸気の温度は100℃近くになり、消費者庁からも注意喚起されています。手の届かない場所に置く、蒸気レス・蒸気カットなどの機能がある炊飯器に買い替えるなどの対策をしましょう。

電気ケトルのケーブル・コンセントひっかけ

ミルクを作る時や朝食にコーヒーを飲む時など、あると便利な電気ケトル。電気ケトル自体は乳幼児の手の届かないテーブルの上に置いていたとしても、ケーブルが床に伸びている時は危険です。ケーブルにひっかかって、電気ケトル自体が落ちてきて打撲する、お湯がこぼれて火傷するなどの心配があります。ケーブルの行方まで注意して使うようにしましょう。

食事中の火傷・転倒事故に要注意

乳幼児の場合大人と一緒に食べることが前提ですが、飲み物やティッシュを取りに席を離れることもありますよね。その些細なスキに、暴れたり、手やスプーンを振り回したりして椅子から転倒してしまうケースもあります。また、熱いスープなどがある場合もこぼしてしまう可能性もあります。食事をする時は席を離れずにすむように、必要になりそうなものはあらかじめ準備しておくようにしましょう。

合わせて読みたい

赤ちゃんの突然死!乳幼児突然死症候群の原因・予兆・予防法はあるの?うつぶせ寝が原因?
「七つまでは神のうち」と言われていた時代を超え、現在では乳幼児に亡くなる子どもはとても少なくなっています。ただ現在でも、なんの前触れもなく乳幼児突然死症候群などが原因で亡くなる赤ちゃんもいます。今回はこの「乳幼児突然死症候群」について見ていきましょう。 乳幼児突然死症候群ってどんな...

、脱衣所近辺で起こる不慮の事故

乳幼児から4歳以下の子どもで多い水の事故と言えば、お風呂での溺死です。特に、歩きはじめの時期は頭も重く、転倒して溺れる可能性が高くなっています。また、脱衣所・洗濯機なども子どもにとっては危険な場所となっています。

浴槽での事故を防ぐための対策方法

溺水を防ぐために、お風呂の残り湯は必ず抜くようにしましょう。また、水が入っていなくてもお風呂場に侵入して浴槽に転落してしまうこともあります。浴槽にふたをする、お風呂場に鍵をつけるなど、子どもが入っていけないような環境を作りましょう。さらに、濡れたタイルや床で滑って転倒することもあるので、大人が目を離さないようにすることが大切です。

ドラム式洗濯機による閉じ込み事故

最近ではドラム式洗濯機が主流になっていますが、子どもが入り込みやすい位置に投入口があるため、要注意です。2015年には7歳の子どもが閉じ込められて出られず、死亡してしまうという事故も起きています。乳幼児でもつかまった拍子に、指を挟んでしまうこともあります。子どもには洗濯機で絶対に遊んではいけないと注意しておくと同時に、稼働していない時でも必ずふたを締めておくようにしましょう。

乳幼児の歯ブラシ・歯を磨く姿勢にも要注意

乳幼児に歯ブラシを持たせる場合は、必ず「返し」がついていて、奥まで届かないような作りになっているものを選びましょう。そして、必ず座って歯磨きをさせることです。不意に転んだり、ぶつかったりして喉に刺さってしまうこともあります。手術が必要になることや最悪の場合は死に至ることもあるので、歯磨き中は目を離さないことが大切です。

おわりに

・お風呂場での危険について紹介してきましたが、他にも家庭内には危険がいっぱいです。階段や段差がある場所からの転落事故、テーブルの角などでの打撲事故、はさみ・カミソリによる裂傷事故、アイロン・ヘアアイロン・ウォーターサーバーでの火傷事故などがあります。つかまり立ちをするようになると、動ける範囲が広がる代わりに危険に晒される頻度も増えてくるので、早めに安全対策をしておきましょう。

ピックアップ

嫌がる子供に上手に歯磨きをする方法~赤ちゃん編~
赤ちゃんとの暮らしではさまざまな壁にぶつかりますね。中でもお母さんが手を焼くのが「歯磨き」。暴れられてしまってはキレイに磨けないですし、虫歯も心配です。今回は歯磨きのお悩みを持つお母さんのため、子どもに嫌がられない歯磨き方法をご紹介いたします。 今日の歯磨きから実践できることなので、ぜひ参考に...
赤ちゃんのお風呂はいつから?これでパパも完璧3つのコツ
赤ちゃんを出産してからはじめて自分で赤ちゃんをお風呂に入れる際、ママもパパも上手に入れられるか心配になりますよね。沐浴時は、赤ちゃんと一緒にお風呂に入るようになるまでの練習期間だと思って、しっかりとした準備やポイントをおさえるようにすることで、沐浴卒業後スムーズに入れられるようになります。 そ...

https://tamagoo.jp/childcare/discipline-of-baby/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【乳幼児編】浴槽、キッチンには危険がいっぱい!家庭内の事故に注意!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る