「 性行為 」のお役立ち記事一覧

性行為
性行為に関してのお役立ち記事を紹介しています。妊娠の確率がUPする方法や気を付けたいポイント、また妊娠中の性行為についても幅広く取り上げています。赤ちゃんを授かるための大切な行為ですし、夫婦間のコミュニケーションをより円滑にしていくためにも、正しい知識を身につけていきましょう。

ズバリ教えて!不妊治療で妊娠の確率が高い方法とは?

ズバリ教えて!不妊治療で妊娠の確率が高い方法とは?

出産年齢が上がっている現代では不妊治療を受ける夫婦が増えています。不妊治療とはよく聞くけれど、具体的にはどの不妊治療が妊娠する確率が高いのか、どんな治療方法があるのか、妊活初心者にはわからないことだらけではないでしょうか。この記事を読めば不妊治療の概要がわかりますよ!ではご紹介します。 【...

早産に関するQ&A 教えて!たまgoo!

早産に関するQ&A 教えて!たまgoo!

出産予定日より早く生まれてきてしまう早産。そのため母子ともに危険な状態になってしまうことも少なくありません。現代医療によってすくすくと育つことも増えてきましたが、小さく生まれてきた赤ちゃんは発育などの心配がともなってきます。 たまgoo!では...

HIVの症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

HIVの症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

「HIV感染」と聞くといまだにエイズを発症し、やがて死に至るイメージを持っている人が多く、正しい知識が浸透していないといわれています。そこで自分やパートナーがHIVに感染するとどうなるのか、妊娠や出産はすることができるのか、さらにその方法や妊娠中の治療について解説していきます。 HIV...

想定外の妊娠?40代の妊娠中絶手術が多いという現実

想定外の妊娠?40代の妊娠中絶手術が多いという現実

中絶と聞くと若者というイメージがありますが、じつは40代も多いという驚きの事実があるのです。厚生労働省から発表されているデータを見ると、平成25年度における人工中絶手術数のうち一番多い20~24歳の40,268人に対し、40~44歳では16,477人、45~49歳では1,237人もの人が中絶...

不妊治療に関するQ&A 教えて!たまgoo!

不妊治療に関するQ&A 教えて!たまgoo!

不妊症と診断された夫婦(あるいはどちらか)に対し、投薬や、高度生殖医療を利用することで、不妊の原因を取り除く治療のことを不妊治療といいます。 厚生労働省によると、不妊治療を受ける夫婦の数は平成12年で46万人以上、これからも増加すると見込まれます。不妊治療については...

産後の女性はなぜ性欲がなくなるの?原因とメカニズムを解明

産後の女性はなぜ性欲がなくなるの?原因とメカニズムを解明

産後に性欲減退が起きてしまって、悩んでしまう女性もいらっしゃるようです。夫との夜の営みがなくなって、不安を感じている人も多いでしょう。しかし産後すぐは、休む暇もなく育児で目まぐるしい毎日を送ることになります。可愛い赤ちゃんを一生懸命育てていると、どうしても性行為をする気になれないものです。性欲減...

子宮頸管炎の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

子宮頸管炎の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

子宮頸管炎は何らかの理由で子宮頸管の粘膜に炎症が起きる病気です。自覚症状がない場合などに治療せずにそのままにしておくと、不妊や早産の危険性が高まります。そこで症状や原因、予防方法について調べてみました。 子宮頸管炎について 子宮頸管炎とは、細菌感染などの理由で子宮頸管の粘膜に炎症...

睾丸炎の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

睾丸炎の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

睾丸が痛む場合、見た目や場所などで判断することが大事になります。炎症を起こしている場合、発見が遅れてしまうと不妊の原因になってしまうことも。そこで「睾丸(精巣)炎」についてご紹介します。 睾丸炎について 睾丸炎は、男性の陰嚢(いんのう)の中にある生殖器、精巣に炎症がおきる病気です。お...

射精障害の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

射精障害の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

WHO(世界保健機構)の不妊症原因調査では、男性のみ24%、女性のみ41%、男女とも24%、原因不明11%と報告されています。つまり男性不妊48%、女性不妊65%となっています。原因のひとつとして最近、射精障害が増えています。そこで原因と症状を中心にご紹介します。 射精障害について ...

クラミジア感染症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

クラミジア感染症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

『クラミジア』という菌をご存知ですか?正式名称は『クラミジアトラコマティス』という病原体です。クラミジア感染症は淋菌感染症などと同じ、性病のひとつです。実は日本で一番感染者数の多い性病なのです。日本におけるクラミジア感染者数は100万人以上とも言われています。 特に10代後半から20代にかけて...

トップへ戻る