子どもが安全に過ごせる居場所「子どもシェルター」とは

子どもシェルター
子育てに悩み、子どもを虐待してしまう親は少なくありません。幼い子が被害者だという印象がありますが、虐待は子どもが親の管理下にある間は長く続きます。虐待の被害者である、10代の子どもたちが身をよせる「子どもシェルター」について解説しました。

「子どもシェルター」は子どものための避難所

親からの虐待
子どもシェルターは、全国に7カ所あります。東京、横浜、名古屋、岡山、京都、広島、福岡の都市に設置されています。NPO法人が運営している、民間の施設です。2004年に東京ではじめて設置されました。子どもシェルターは、子どもたちの自立を支援する一時的な避難所です。

対象は10代後半から20未満の子ども

子どもシェルターが対象としているのは、10代後半から20未満の子どもたちです。虐待などが原因で、親の保護を受けられなくなった子どもは、通常、児童福祉施設で暮らすことになっています。しかし、法律上「子ども」と定義されているのは、18歳未満。18歳になると、児童福祉施設を出て行かなくてはなりません。しかし、18歳はまだ学校に通っている年齢です。社会的には未成年なので、部屋を借りるにも保証人がいります。法律上の「子ども」と大人のはざまで、セーフティーネットからこぼれてしまった子どもたちを助けているのが、子どもシェルターなのです。実は年齢制限は設けられていないのですが、本人の意思で入所し、契約する必要があるので、自然と10代後半の子どもたち中心になっています。

どこにも居場所のない子どもたちが集まる

子どもシェルターに集まってくる子どもたちは、さまざまなバックグラウンドを持っています。虐待を受けていた子、少年院から出てきたけれど、身元引受人がいない子など、みんな居場所をなくした子どもたちです。なんらかの理由で、保護してくれる親や大人がいないため、彼らは自立する方法を学ばなくてはなりません。基本的には児童相談所から連絡を受けて子どもを保護しますが、なかには自分で「助けてほしい」と電話をかけてくる子もいます。

合わせて読みたい

子どもに救いの手を。児童相談所で働く職員や仕事内容は?
子どもに救いの手を。児童相談所で働く職員や仕事内容は?
児童虐待の事件の報道があるたびに、「児童相談所はなにをしていたのだ」と批判されがちです。あなたは児童相談所に行ったことがありますか?ほと...

「子どもシェルター」での暮らし

共同生活
子どもシェルターの正確な場所は、公表されていません。シェルターに入所する子どもたちのなかには、家出をして親の元を逃げ出してきた子もいます。また、虐待する親の多くは、子どもを手元に引き取りたいと申し出ます。そうした親に子どもが勝手に連れ去られないよう、細心の注意がはらわれています。

信頼できる大人と一緒に心と体を休める

シェルターでは、まず子どもたちの心と体を休めることに専念します。大変な状況をくぐり抜けてきた子どもたちは、心に深い傷を負っています。自傷行為があるなど、精神的なケアが必要な子どももいます。スタッフは、子どもたちの気持ちに寄り添い、信頼関係を構築していきます。シェルターの多くは、戸建ての一軒家で、入所人数も5~6人と小規模で家庭的な雰囲気です。男子用、女子用にわかれており、規則正しい生活、仲間で囲む食卓、誕生日ケーキなどのお祝い事など、家族のように暮らします。24時間、大人が一緒にいられるように、スタッフはシフトを組んで常駐しています。

学校や仕事に行くこともできる

児童相談所の一次預かりでは、子どもは学校に行くことができません。基本的に施設から出ることができないのです。しかし、シェルターなら、学校や仕事に行くことができます。行きかえりの注意を怠らず、うっかり自分の居場所をしゃべってしまわないような、しっかりした子には許可が出ます。子どもたちはシェルターに住み続けるわけではなく、自立の準備ができれば、巣立っていきます。個別対応のケースもありますが、入所期間はおおよそ、1~2カ月と決められているところが多いです。

合わせて読みたい

虐待の四つの定義。しつけと虐待の違いとは
虐待の四つの定義。しつけと虐待の違いとは
現代日本では核家族化が進み、母子の密室育児が問題になっています。日々の育児や対人ストレスが重なり、思わず子どもに手をあげそうになったとい...
2歳差で生まれた娘と息子はすでに高校生。子育ても一段落したと思いきや、思春期の悩みに付き合わされている40代後半の働くお母さんです。保育の現場で子ども達に癒やされながら日々勉強中。しかし子育てには、教員免許もたいして役に立たず。それよりも、演劇部で鍛えた妄想力と演技力の方が役に立ったような気がします。「子どもの主食はあそび」の信念で、とにかく楽しく、子どもの人権を尊重した育児が理想。あくまで、理想・・・。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
子どもが安全に過ごせる居場所「子どもシェルター」とは
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る