赤ちゃんの手形と足形を粘土やインクでとる方法

赤ちゃんの手形と足型
赤ちゃんの手足は、小さくて柔らかく、とてもかわいらしいですよね。すくすく成長していくことも楽しみですが、この小さな手足を見ることができるのは今だけです。大きくなったときに一緒に振り返れるように、手形と足形を残しておきましょう。今回は、赤ちゃんの手形や足形をとるコツと、粘土やインクを使った赤ちゃんの手形・足形の取り方について、ご紹介します。

手形・足形をとるタイミングとコツ

新生児の足型
赤ちゃんのかわいい手足を残しておきたいけど、一体どのタイミングでとるのが正解なの?取り方のコツは?と疑問に思っている人も多いことでしょう。ここでは、そんな疑問にお答えするべく、赤ちゃんの手形・足形をとるタイミングとコツをお伝えしていきます。

手形や足形はいつとっておくのがいいの?

赤ちゃんの手形・足形をとる時期に決まりはありませんが、まずは生まれて間もない時期にとるのがいいでしょう。その後は、ハーフバースデーや誕生日、七五三やお宮参りなどのイベントの記念として残しておくと、成長が感じられて楽しいと思います。オシャレなフォトフレームにいれて飾ってもいいですね。大きくなったときに見せれば、パパとママがたっぷり愛情をかけて育てたことがわかってもらえるはずです。

赤ちゃんの機嫌が良いときや寝ているときがチャンス

赤ちゃんが、泣いたり、ぐずったりしているときはなかなか手足を貸してくれませんよね。手形や足形をきれいにとるためには、赤ちゃんのタイミングに合わせてあげる必要があります。授乳後やおむつを取り替えた後などで赤ちゃんが機嫌の良いときや、寝ているときを見計らってサッととってしまいましょう。何度も取り直すのは赤ちゃんの負担になってしまうので、多少のかすれやにじみは気にせず、赤ちゃんが元気な証拠だと受け入れることがポイントです。

赤ちゃんの爪を切り、ベビーオイルを塗っておく

赤ちゃんの手形・足形をとった後は、インクや粘土を落とさなければなりません。落とす作業を簡単にするために、あらかじめ、赤ちゃんの爪を切って、手のひら・足の裏に満遍なくベビーオイルを塗っておきましょう。そうすることで、爪の間にインクや粘土が入ってしまったり、手足にくっついてとれなかったりという事態を防ぐことができます。赤ちゃんの負担を考えて、早く終わらせてあげられるように工夫しましょう。

合わせて読みたい

銀のスプーンに手形・足形プレート!赤ちゃんのメモリアルグッズまとめ
銀のスプーンに手形・足形プレート!赤ちゃんのメモリアルグッズまとめ
健やかな成長を願ったものや、赤ちゃんの頃の姿を写真以外でもさまざまな形で記録し思い出として残すものなど、贈ったり贈られたりするこ...

失敗してもやり直せる!粘土を使ってとる方法

粘土の手形
粘土を使って、手形・足形をとる方法は、失敗しても何度もやり直せるというメリットがあります。インクよりも手足にこびりつきにくく、後処理も簡単なのが魅力です。不器用な方や簡単に済ませたいという方には、粘土を使った方法をおすすめします。

粘土を使った手形・足形の特徴

粘土を使った型どりは、短時間でできるというのが特徴です。また、周りを汚さないように気を使ったり、手足についた絵の具などを落としたりする作業に苦労するということがありません。さらに、型どりが一度でうまくいかなかった場合は、粘土をこね直して納得するまで何度も挑戦することができます。型どりが終わって乾燥する際にも、液だれして台無しになるという心配もありません。

粘土を使った型どりに用意するもの

粘土で手形や足形をとる場合、用意するものは紙粘土とウェットティッシュのみです。紙粘土は型どりに、ウェットティッシュは型どりをする前に、赤ちゃんの手足の汚れやほこりを拭き取るのに使用します。どちらも100円ショップなどで安く手に入れることができ、気軽に挑戦できるのもうれしいポイントですね。紙粘土はカラーのものを選べば、カラフルでかわいい手形・足形になります。男の子ならレッド・ブルー、女の子ならピンクなど、赤ちゃんに似合った色をチョイスするといいですね。

粘土による手形・足形の取り方

赤ちゃんの手形と足形は、以下のようにするとうまくとることができます。

  1. まずは、好きな色の紙粘土をこねて、平らに伸ばしましょう。
  2. 赤ちゃんの手・足の指を広げて、平らにした紙粘土にスタンプをするように押し付けます。
    目安としては、紙粘土に手・足が軽く沈む程度でOKです。
    このとき、赤ちゃんを粘土の上に立たせるようにするとうまくとることができます。
  3. 紙粘土が乾く前に、周りのプレート部分を作り、余分な粘土を取り除きます。
  4. 紙粘土が完全に乾いたら完成です。

合わせて読みたい

思い出を形に残そう!子どものアルバムの作り方
思い出を形に残そう!子どものアルバムの作り方
子どものアルバムの作ろうと思ったとき、大量の写真選びに迷ったり、どうすればかわいくまとめられたりするか試行錯誤してしまいがちです。ここで...
福祉系大学で心理学を専攻。卒業後は、カウンセリングセンターにてメンタルヘルス対策講座の講師や個人カウンセリングに従事。その後、活躍の場を精神科病院やメンタルクリニックに移し、うつ病や統合失調症、発達障害などの患者さんやその家族に対するカウンセリングやソーシャルワーカーとして、彼らの心理的・社会的問題などの相談や支援に力を入れる。現在は、メンタルヘルス系の記事を主に執筆するライターとして活動中。《精神保健福祉士・社会福祉士》

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
赤ちゃんの手形と足形を粘土やインクでとる方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る