ママ友集団で気を付けたいママカースト 何で格付けされるの?

スポンサーリンク

ママ友たち

カースト制度とは、本来はヒンズー教における身分・階級制度をあらわすものですが、現代社会においてはそのカースト制度が様々な場面で設けられ、階級分け・格付けがされています。たとえば、学校ではスクールカースト制度が、女性の間では結婚・妊娠・出産を理由にカースト制度が設けられ、ママ友の間でもママカーストと呼ばれる階級分け・格付けがされているのが現実です。様々なカースト制度がありますが、ここではママカーストについて詳しく見ていきたいと思います。

「ママカースト制度」って一体どんなもの?

ママ同士の間でカースト制度がうまれる理由は、決してひとつではありません。夫の職業や年収、家の大きさなどの生活レベルから、子どもの学校や習い事の種類といった子どもの教育に関することまで、その理由は多方面にわたり様々です。カースト制度そのものからしてそうですが、はなはだ不条理な理由にもみえますね。

ママカーストは、どんなところに存在するの?

ママカーストという名前の通り、ママが集まる場所、または子どもの集まる場所には必ず存在すると言っても過言ではありません。たとえば、保育園や幼稚園、小学校、中学校や高校に行ってもそれは存在します。さらには、幼稚園に入る前段階の、公園や団地内でも起こり得ると言ってもいいでしょう。しかし、私立の学校などで、それぞれが似た境遇にある場合には、ママカーストが起こりにくいという傾向もあるようです。わざわざ競争して格付けしあう必要がないのでしょう。

こんなことでも格付けされてしまうことも

ママカースト制度は、ママの能力に関係なくその階級が決められることが多いのですが、ママ自身のことが評価基準にされてしまうこともあります。たとえば、ママの見た目や年齢、仕事に就いているか、就いているとしたらどんな仕事をしているかが評価基準対象になります。見た目がきれいなら、美容にかけるだけの余裕が家にあるということで階級は上。また、専業主婦は働かなくても十分にやっていけるだけ裕福であるということで上ですし、その一方で、仕事を持っていても、教師などの専門職を仕事を持つママや外資系企業で働くママは学歴が高いとみられて階級は上になります。

ママカースト制度は都会に限ったことではない

これまでのようなママカースト制度は、都会の一部で起こっている話のように思うかも知れませんが、決してそうとは限りません。実は、地方においてもあり得ない話ではないのです。その理由としては、地方のほうがご近所付き合いが密になるため、それぞれの家庭の情報がみんなによく知れるところとなり、それがカースト制度を生み出す結果となるのです。そういう点では、他人に関心がない都会のほうが、カースト制度が生まれにくい環境にあるといえるのかも知れませんね。

合わせて読みたい

巻き込まれる前に!よくあるママ友トラブルと上手な回避の仕方
『ママ友トラブル』は、ドラマの題材になったり、メディアで取り上げられるなど社会現象の一つになっています。しかし、幼稚園や小学校など子...

「ママカースト制度」が子どもに与える影響

近年では、経済格差や学歴格差などの色々な格差が生まれ、それが及ぼす影響は思いがけないところに出てくることがあります。ママカースト制度による影響は、ママ同士のお付き合いに変化を与えたり、そこからママ友間のトラブルに発展したりすることがよくありますが、子どもに与える影響も少なからずあります。では、どのように子どもに対して影響を及ぼすのでしょうか。

子どもが精神的に不安定になってしまう

ママカースト制度は、ママにとってはとても精神的に辛く、ストレスを感じる問題です。理不尽なことと分かってはいても、少しでも他人から良い評価を得たいと思うがゆえにストレスと感じてしまうのでしょう。もしママが、ママ友間でのカースト制度にストレスを抱え、それが原因で精神的に不安定になってしまったら、きっとママのストレスは子どもにも伝わり、子どもまで精神的なストレスを感じてしまいます。ただでさえ大変な育児ですから、少しでも心に余裕を持って子どもと接することが大切です。

他人に対して、間違った価値感を持つようになる

カースト制度とは、本来は身分の違いによって階級分けをする制度のことです。ですから、ママカースト制度とはつまり、人を様々な理由によって各付け、ランク分けすることなのです。子どもがもし、他の家の家庭環境や教育の違いで友達のことを褒めたり見下したりするママの姿をみたら、それは間違った価値観を持って成長してしまうことになりかねません。ママカースト制度による問題は、子どもの人格形成にも大きく関わると言ってもよいでしょう。

子どもの学習意欲が薄れてしまう

カーストが上の階級のママは、自分と同じ環境で子どもも育てたいと思い、子どもへの教育も熱心になってしまう傾向にあります。よく、経済格差は教育格差、ということがしばしば聞かれますが、必ずしもそうとは言い切れません。少しでも早く教育を始めたほうが頭の良い子に育つと思い、余裕がある限り小さな頃から様々な習い事をさせて強制的に知識を詰め込むという方法がよく聞かれますが、強制的に学習させると、勉強はいやで楽しくないものという意識がうまれてしまうことにもなりかねません。一番大切なのは親子間の関わりであり、自分から学ぶこと・知ることが楽しいと思わせてあげることです。

合わせて読みたい

ママ友トラブル・ママ友疲れの原因ナンバーワン?  気をつけたいSNSの使い方
FacebookやInstagramなど、すっかり人々の生活に定着しているSNS。ママ友付き合いの場での利用も決して例外ではありませんが、便...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
ママ友集団で気を付けたいママカースト 何で格付けされるの?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る