良ければシェアをお願いします。

世代のギャップ!実母・姑の子育て方法がストレスに感じるとき

ママとおばあちゃん
子育てに関する考え方は、人それぞれ違うもの。それが可愛い孫ともなれば、実母やお姑さんが色々と口出しをしてくるのは、当然のことと言えばそうかも知れません。しかし、ママにとってはそれが時には煩わしく、その世代間のギャップが大きなストレスと感じてしまうこともあります。そこで、お互いに悪い印象を与えず、わだかまりを残さないために、それぞれに合った対処法をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ママがストレスに感じる主な場面はこんな時

子育てをしているママが、自分の母親やお姑さんに対して一番不満に思うことは、「子育てについての考え方」に対する過干渉です。親は育児の大先輩ですので、その意見を無下にすることもできません。とはいえ、ママも最近の子育て情報を自分なりに調べて活かそうと努力しているはずです。そこでうまれる世代間のギャップが、お互いに衝突してしまう一番の原因になっているのです。

とにかく孫を甘やかし過ぎて困る!

孫を可愛がってくれるのは本当に嬉しいし、ありがたいことです。産んで良かったと思える瞬間でもありますね。しかし、可愛がり方も行き過ぎると甘やかしになってしまいます。たとえば、子どもを保育園に預けて仕事を再開しようとしたら、「そんな小さいうちから保育園に預けるなんてかわいそう。」「まだ働くなんて早すぎるんじゃないの?」と、ママを責めるような言い方をされてしまったとか、もう少し子どもが大きくなると、子どもを預けるとお菓子を好きなだけ食べさせる、なんてこともよくあります。孫が美味しそうな顔をして食べてくれたら、「もう食べちゃダメ!」と言うのがつらいのは分かりますが、その後の食事をとらなくなってしまっては、ママも困ってしまいますよね。

とにかく育児にダメだしをされて困る!

ママは大きな責任感を持って毎日の子育てをしているはず。さらに、産後ママは肉体的にも精神的にも、とてもナイーブになっています。そんな時に「そんなやり方じゃダメ」「洋服着せすぎじゃないか」「お菓子とかジュースとかあげすぎじゃないか」等々、子育てについて頭ごなしにダメ出しばかりされたら気が滅入ってしまいますよね。きっと良かれと思ってアドバイスのつもりで言ってくれているのでしょうが、ついイラッとしてしまうのが本音だと思います。

子育てに対する考え方が古風で困る!

「抱き癖がつくからあまり抱っこしてはいけない」「肺が強くなるからたくさん泣かせたほうが良い」「無理をして母乳をあげなくても、粉ミルクで十分」など、自分の時代にしてきた子育て方法を押し付けてくるのも、とても困りものですね。時代が変われば考え方もやり方も変わるのが当たり前なのですが、ママがまだ危なっかしくてつい手や口を出したくなってしまうのでしょう。世代間のギャップが一番現れる場面ですね。

合わせて読みたい

里帰り出産が逆効果?ストレスを回避するための実母との関係
里帰り出産と言えば、「ママの体が辛い臨月や産後の時期を、実母に頼って快適に過ごせる」そんなイメージですよね?しかしながら里帰り出産にはストレスのたまるいくつかのデメリットがあるようです。多くは遠慮のない間柄であるがゆえに難しい実母との関係。産後うつにならないためにも、ストレスを上手に回避...

実母の育児に対する口出しへの対処法

結婚をすると、お姑さんとの関係がうまくいかなくて難しいと思われがちですが、実は出産後に実の母親との関係にストレスを抱えるママは多くいます。実の親子だからこそ遠慮がないため、お互いに衝突してしまうことが多いのでしょう。一番くつろげるはずの実家が、なんだか居心地悪くてはちょっと辛いですよね。どうしたら良い関係を保っていくことができるかを考えていきます。

母親だからといって頼りすぎない

慣れない育児に家事もこなさないといけないとなると、母親の手を借りたくなる気持ちも十分わかります。しかし、こちらからお願いすることが多くなれば、それだけ口を出される機会も多くなってしまいます。必要以上に余計な口出しをして欲しくないのなら、出来る限りのことは自分で頑張ってやってみましょう。しかし、意地を張って頑張りすぎるのは良くありません。パパに甘えるのはもちろんのこと、お友達の手や地域や行政の力もあります。困ったときに頼れるものを、普段から色々と探してみると良いですよ。

育児に対する時代の変化をきちんと伝える

母親のやり方をまず否定するのではなく、今の時代の育児方法はどのようになっているのかをきちんと教え、母親の時代とは変わってきていることを伝えましょう。人は自分のやり方を守りたがるものです。そこを変えるのはなかなか難しいですよね。何度言っても分かってくれないようなときには、「お医者さんがこう教えてくれた」とか「今の育児書にはこんな風に書いてある」などと言ってみると、受け入れてくれやすいかも知れませんね。

母親の意見も時には素直に受け入れる

なんと言っても母親は、自分を育ててくれた育児の経験者であり大先輩です。イライラしていると、「またか。ゴチャゴチャと言ってうるさいな・・・。」と悪いほうに捉えてしまいがちですが、時にはありがたいアドバイスと思って受け入れることも必要です。ひとつのやり方に固執せず、いろいろな方法を試してみたほうが良いケースもありますよ。

合わせて読みたい

実母・姑と子育てで喧嘩?今と昔で子育ての一般論が違う!昔の子育てを勉強しよう
子どもを出産すると自分自身も母親になるわけですが、実母や姑にとっては可愛い孫の誕生となるわけです。そこで問題になってくるのが、実母や姑との喧嘩や言い争いです。自分の子どもだから自分なりに育てたい!そうは思っていても黙ってくれないのが実母だったり、姑だったり...。では、争いをなくすためにどう...
小学生と中学生の女の子2人を持つママです。娘が成長するにつれ、女子トークに花が咲き楽しい毎日を送っています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
世代のギャップ!実母・姑の子育て方法がストレスに感じるとき
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る