家から遠い保育園も希望に入れるべき?遠い保育園で大変なところ

家から遠い保育園
厚生労働省の発表によると、日本の待機児童は2019年4月1日時点では16,772人となっています。これを見ると、近年で最も待機児童が多かった2017年の26081人に比べると、随分と解消されたという印象を受けますよね。しかし例え保育園に入れられたとしても、家から遠ければかえって負担になってしまうこともあります。そのため多くの方は自宅に近い場所を希望するのではないでしょうか?

この記事では、遠い保育園に入れることのメリットとデメリット、実際の声などをご紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

遠い保育園はデメリットだらけなの?

忙しい朝
遠い保育園と聞くと、あまり良いイメージが浮かびませんよね。駅から近い物件と駅から離れた物件であれば、利便性からして前者が人気であるように、保育園も自宅から遠ければ遠いほど不便であることに違いありませんし、多くの人は避けたがるのだと思います。

そこで遠い保育園に入れた際のデメリットを以下に挙げてみましょう。

遠いと送迎に時間がかかってしまうことが問題

保育園が自宅から遠いと、朝は早く起きなければなりません。イメージで言えば、「クレヨンしんちゃん」の野原一家の朝のような、一刻の猶予も許されないような慌ただしさです。また職場もしくは駅から離れていなければ良いですが、逆方向だった場合には、自身の通勤時間も考慮しなければならず、さらに苦労することが予想されます。

緊急時にすぐ対応することが出来ない

幼児期の子どもは病気になりやすく、特に流行り病にかかりやすい子どもであれば保育園からの呼び出しも多いことでしょう。そんなときに、すぐに駆けつけることが出来ないとなれば、親はもちろんのこと、病気になってしまった本人も不安になってしまいますよね。また止むを得ずタクシーを使うとしても、回数を重ねると費用がかさんでしまいますので、お財布にも優しくありません。

家族との時間が減り、時間に追われる

朝が早く、夕方にお迎えし、家事に育児にとお母さんが忙しくしていると、必然的に子どもとの時間や家族で過ごす時間が減ってしまいます。また常に時間に追われてしまうため、お母さんはストレスが溜まり、様々なことが辛くなってしまうことも。保育園が遠ければ遠いほど、心のゆとりを持つことが難しくなると考えられます。

合わせて読みたい

導入する保育園続々!保育園の連絡帳がアプリに進化。どんなところが便利? 
導入する保育園続々!保育園の連絡帳がアプリに進化。どんなところが便利? 
自身が保育園児や幼稚園児だった頃を、思い出してみてください。当時の保育園や幼稚園と保護者の連携は意外と大変なものでした。毎朝忙しい時間帯...

遠い保育園に入れて大変だったこと

雨の日の登園
さまざまな事情で遠い保育園に入れたとしても、「せっかく入ることが出来たから、くじけてはいけない」と我慢する親もいることでしょう。しかし安心してください。多くの方も、同じように苦労されているようです。ここからは実際に遠い保育園に子どもを通わせている親がどう感じているのかについて、見て行きたいと思います。

特に雨の日はエネルギーが必要となる

大変なこととして声が多かったのが、雨の日の送迎です。近隣の住民からのクレームなどを考慮し、車での登園を禁止する保育園も多く、そうなった場合は徒歩や自転車となってしまいます。長距離を歩くことになりますので、小雨だとしても保育園に辿り着く頃には濡れてしまいます。子どもを送り届けたあと出勤する方であれば、服や髪がびちょびちょでブルーな気持ちで仕事をする羽目に。また雨の日の自転車走行は滑りやすく、大変危険です。子どもを乗せての走行はさらに負荷がかかってしまうため、なるべく避けたいものですよね。バスを使う場合もバス時間に合わせる必要があるのでいつもより早めに起きることが必要ですね。

荷物が多い日も苦労がともなう

特に、週の始めと終わりはどうしても荷物が多くなってしまいますよね。これが1時間以上かけて行かなければならない保育園であれば、親にとってはある種の鍛錬になってしまいます。自転車で運搬しても良いですが、重みでバランスが崩れ、転倒してしまう恐れも。荷物が多い日は、夫婦で送迎するというのも良いかもしれませんね。

最後の一人に?!たくさん待たせてしまう

仕事で残業をし、お迎えの時間に間に合わなくなることがあるという意見も出ています。迎えに行ったときには最後の一人で、寂しくて泣いていた我が子を目の当たりにし胸を痛めることも。3歳未満の子どもを育てている社員であれば、残業の免除申請が可能であり、事業主も認めることが「育児休業法」で義務付けられていますので、積極的に活用するのもひとつの方法かもしれません。しかしそうは言っても職場の立場的に難しいなど、さまざまな事情があるのも事実です。

合わせて読みたい

3歳児の 保育園激化!入園できる作戦三つ
3歳児の 保育園激化!入園できる作戦三つ
都市部を中心に、待機児童問題を抱える地域はいまだに多く存在します。待機児童というと、0~2歳児といった比較的小さなお子さんが対象と考える...
福祉系大学で心理学を専攻。卒業後は、カウンセリングセンターにてメンタルヘルス対策講座の講師や個人カウンセリングに従事。その後、活躍の場を精神科病院やメンタルクリニックに移し、うつ病や統合失調症、発達障害などの患者さんやその家族に対するカウンセリングやソーシャルワーカーとして、彼らの心理的・社会的問題などの相談や支援に力を入れる。現在は、メンタルヘルス系の記事を主に執筆するライターとして活動中。《精神保健福祉士・社会福祉士》

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
家から遠い保育園も希望に入れるべき?遠い保育園で大変なところ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る