「 先天性疾患 」のお役立ち記事一覧

先天性疾患
世の中に広く知られている「ダウン症」などは、いわゆる先天性疾患の代表格です。ダウン症は生まれつきの染色体異常によって目や耳、心臓や脳などに障害が現れる非常に怖い疾患。今のところ治療方法なども存在していないため、医学界でも憂慮されています。ここでは、そんな先天性疾患と呼ばれる症例を紹介していきます。

胎児アルコール症候群の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

胎児アルコール症候群の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

胎児性アルコール症候群とは、妊娠中に飲酒をしてアルコールを摂取することによって胎児に起こる先天性疾患のことです。お母さんの食べたものはそのまま赤ちゃんに伝わります。そのため母体がお酒を摂取した場合、胎児もお酒を呑んだことと同じになるのです。 アメリカでは00.2~0.2%、フラ...

先天性風しん症候群の症状・原因・対策・予防法

先天性風しん症候群の症状・原因・対策・予防法

赤ちゃんに健康に生まれてきて欲しい、母子ともに健康であって欲しいと思うのは、妊婦にとってもそのパートナーにとっても大きな願いでしょう。 この願いを叶えるためには、妊婦とその周囲の人間が気を付けなければならないことも多くあります。 今回はそのひとつとして、赤ちゃんに発生する可能性がある「先天性...

高齢出産だったら出生前診断は受けるべき?慎重に検討しよう

高齢出産だったら出生前診断は受けるべき?慎重に検討しよう

昔に比べると女性が結婚する年齢が高くなり、高齢出産をする妊婦さんが年々増加しています。妊婦さんの年齢が上がるにつれて、脳や身体に生まれつき障害をもった赤ちゃんが産まれてくる確率や赤ちゃんが奇形になる先天異常が発生する確率が高まってくることはよく知られています。日本産婦人科学会の調査によると、妊婦...

神経管閉鎖障害の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

神経管閉鎖障害の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

神経管閉鎖障害について 神経管閉鎖障害とは赤ちゃんの先天性疾患のひとつです。日本では1999年から2003年の間で出生1万人に対して5、6人の割合で発症しているとのデータがあります。脳や脊髄を作るもととなる「神経管」と呼ばれる細胞の一部が塞がってしまい、正しく成長できなくなる病です...

アスペルガー症候群の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

アスペルガー症候群の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

アスペルガー症候群について 近年、「アスペルガー症候群」などの発達障がいという概念が注目されるようになってきています。「コミュニケーションがうまく取れない」「空気を読めない」「悪意はないのに人を怒らせてしまう事が多い」などといった症状を認め、以前は「性格の問題」と片づけられてしまうこと...

費用はどのぐらい?出生前診断のメリット・デメリット

費用はどのぐらい?出生前診断のメリット・デメリット

赤ちゃんがお腹に居る時から染色体異常を調べる出生前診断、ママの身体や費用面でも負担が大きい検査です。しかし、晩婚化や高齢出産などさまざまな事情によって出生前診断を受ける人が増えつつあります。 ここでは、出生前診断の検査の種類とそれぞれの費用、考えられるメリットとデメリットについてご紹介します。...

ダウン症になる確率と原因、その予防策とは

ダウン症になる確率と原因、その予防策とは

ダウン症は医学的には「ダウン症候群」と呼ばれる、先天的な疾患です。今のところ治療方法がないため、赤ちゃんを授かった多くのお母さんが不安になる病気の一つです。一般的には高齢出産や栄養不足がダウン症の原因といわれています。 多くの人がダウン症を「知的障害」が主な症状ととらえているようですが、生まれ...

トップへ戻る