お互いが思い描く、理想の「妻」・理想の「夫」の条件とは

理想の妻と理想の夫
結婚してからも、あなたは相手の気持ちを考えていますか?ずっと、「この人と結婚してよかった!」とお互いに思い合えたら幸せですよね。そんな関係を築くには、お互いの理想の妻・夫像を理解する必要があります。今回は、結婚当初の気持ちに戻って、お互いにどんな姿が理想なのかを考えてみましょう。

男性が描く理想の「妻」の条件とは

理想の妻
夫から理想の妻だと言われたら、とてもうれしいですよね。しかし、今の生活が当たり前になっていて、夫婦だからこそ、夫の思い描く理想の妻像をイメージするのは難しいのではないでしょうか?ここでは、既婚者男性が思い描く理想の「妻」をご紹介しますので、参考にしてみてください。

優しくて気遣いができる妻が理想

ずっと一緒に生活していると、優しさや気遣いを忘れていませんか?毎日外に出て仕事を頑張っている夫は、家に帰ってきたら優しい妻が迎え入れてくれることを望んでいます。夫が仕事で疲れているときや悩みを抱えているときは、優しく声をかけて包み込んであげましょう。いつでも味方でいてくれる妻がいると思うと、夫は家庭のために頑張ろうという気持ちになれるようです。日々の生活のちょっとした気遣いが、理想の妻に近づく秘訣(ひけつ)になります。

きちんと家事をこなしてくれる

近年では、夫婦間で家事を分担するという風潮がありますが、家事は器用な妻に任せたいと思っている夫も多いようです。しかし、妻も仕事をしていて、全ての家事にはとても手が回らないという人もいると思います。そんな場合は夫と家事を分担して、自分の担当分だけでもきちんとこなすようにしましょう。また、夫側からは、特に毎日おいしい料理を作ってほしいという意見もあり、妻のあたたかな料理を楽しみに帰宅するという場合もあるようです。

必要な場面で夫をたててくれる

やはり男性としては、自分のことをたててくれる姿こそ理想の妻。夫の職場の人や友達、家族などの前では夫をしっかりたててあげるとよいでしょう。外でも謙遜せずに褒めるという行為は、とてもほほ笑ましいものです。周りの人に自分のことを誇らしげに話す妻の姿をみて、愛されていることを実感する夫も多いようです。きちんとたててあげることが夫の成長につながり、夫からは理想の妻という評価を得ることができます。日頃から感謝の気持ちや褒め言葉を伝えるようにすることが大切です。

合わせて読みたい

同じ家に済んでいるのに【夫婦の会話】少なくなっていませんか?
同じ家に済んでいるのに【夫婦の会話】少なくなっていませんか?
夫婦の会話、ありますか?結婚した夫婦なら日々話すことがあって当然と思いきや「夫(妻)とはほとんどしゃべらない」という人も多いようです。夫...

女性が描く理想の「夫」の条件

理想の夫
前項では夫が描く、理想の妻の条件をご紹介しました。今度は反対に、既婚者女性が思い描く理想の「夫」の条件についてみていきましょう。妻の気持ちを理解して、今よりもっとよい夫を目指すことができればよいですね。

安定した収入を稼いでくれる夫

妻側からは、生活を維持できる程の収入を稼いでくれるという条件が支持を得ています。共働きをしていても、家事や子育てはどうしても女性の比重が多くなりがち。妻としてはその分、社会での立場が強い夫に、稼ぎ頭として頑張ってほしいと思っています。また、自分には稼げない程の収入を得て、生計を支えてくれる夫の姿を頼もしくも感じるようです。

仕事と家庭を両立してくれること

家計を支えるという条件にプラスして、家庭も大事にしてほしいというのも妻の本音。家にいるときは、家事や育児も協力的に行いましょう。平日は仕事で疲れて手伝うことができないという人は、せめて感謝の気持ちを伝えてあげると妻は喜びます。休日は休むことも大切ですが、妻と一緒に買い物に行ったり子どもと遊んだりと、家族サービスをしてあげると妻からの評価もあがるはずです。そうした思いやりを持ち続けることで、妻の理想の夫になることができるでしょう。

感謝の気持ちを述べてくれる

料理や洗濯、掃除や子育てなど、いつも妻がしてくれていることに感謝できていますか?結婚当初はありがたいと思っていたことが当たり前になり、ありがとうの一言が言えていないのではないでしょうか?例えば、「お皿を洗ってくれたんだ」などと、妻がやったことに気づいてくれるだけでも安心につながりますし、「いつもおいしいご飯を作ってくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝えることができたら、頑張ってよかったという気持ちになります。日々の感謝の気持ちを忘れないということは、理想の夫の絶対条件だといえるでしょう。

合わせて読みたい

夫と価値観が合わない!「価値観」が合わない夫婦関係を修復する五つの方法
夫と価値観が合わない!「価値観」が合わない夫婦関係を修復する五つの方法
結婚してから夫と価値観が合わないことに気づくことは少なくありません。生活習慣、食事の習慣、金銭感覚など、今まで違う環境で生きてきた2人が...
福祉系大学で心理学を専攻。卒業後は、カウンセリングセンターにてメンタルヘルス対策講座の講師や個人カウンセリングに従事。その後、活躍の場を精神科病院やメンタルクリニックに移し、うつ病や統合失調症、発達障害などの患者さんやその家族に対するカウンセリングやソーシャルワーカーとして、彼らの心理的・社会的問題などの相談や支援に力を入れる。現在は、メンタルヘルス系の記事を主に執筆するライターとして活動中。《精神保健福祉士・社会福祉士》

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
お互いが思い描く、理想の「妻」・理想の「夫」の条件とは
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る