【医師監修】肩甲難産のリスクとしかるべき対応法は?予防はできる?

監修医師プロフィール:清水なほみ 先生のイラスト 清水なほみ 先生

2001年広島大学医学部医学科卒業、広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業。

日本産科婦人科学会専門医、日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー。女性医療ネットワーク発起人・NPO法人ティーンズサポート理事長。

日本産婦人科学会専門医で、現在はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。病院に行きづらいという患者さんの悩みを、現役医師の知識を活かしてサポートします。

http://www.vivalita.com/staff.html


肩甲難産とは
「肩甲難産(けんこうなんざん)」というワードをご存じですか?肩甲難産の「肩甲」とは肩甲骨のことを指します。「肩甲骨と出産にどのような関係が?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。今回はそんな「肩甲難産」について掘り下げていきましょう。どのような難産なのか、そのリスクはどれくらいなのか、もし発生してしまったら、などさまざまな謎をひもといていきます。

肩甲難産とは?

肩甲難産の症状
肩甲難産とは文字通り、肩甲骨が関係している難産のことです。出産の際、赤ちゃんはお母さんの身体から頭を先に出します。その後、助産師さんに手伝ってもらいながら赤ちゃんはようやく外の世界に出られます。しかし、頭が出た後に赤ちゃんの肩甲骨がお母さんの恥骨に引っかかってしまって出られないことがあります。これが肩甲難産です。
確率としては0・5%ほどですが、赤ちゃんの体重が大きかったり、お母さんの身体が小さかったりすると起こりやすくなると言われています。具体的には赤ちゃんの体重が4000g以上、母体が150㎝未満とされています。ただし、母体が150㎝未満の場合は赤ちゃんが3500g前後でも発生してしまうことも。また、お母さんが糖尿病を患っている、過期妊娠である、過去の分娩で肩甲難産だったことがある、などの条件に当てはまると発生するとも言われているので注意が必要です。

合わせて読みたい

安産、難産、その境目ってどこ?時間?痛さ?関係するの?
安産、難産、その境目ってどこ?時間?痛さ?関係するの?
安産と難産の違いはどこ?大変なお産だったはずなのに周りからは「安産でよかったね」と言われたなど、その境目は決まっているのでしょうか?痛み...

肩甲難産のリスクとは?

赤ちゃんのリスク

赤ちゃんの負担

酸素不足

肩甲骨がつかえているだけで頭は出ているので、簡単に言うと赤ちゃんは首が絞まっている状態になります。すると呼吸困難になり、だんだんと顔が青黒くなるそうです。あまり長い時間処置に手間取っていると、低酸素性虚血性脳症という脳の障害を発症することも。

骨折

上記のように、赤ちゃんは頭だけ出ている状態なので長時間放置していると鎖骨周辺や上腕を圧迫されて骨折することもあります。

神経麻痺

長時間正座をしていると脚が圧迫されてしびれてきますよね。それと同じように、肩甲難産では鎖骨が圧迫され、首周辺の神経が圧迫されることにより上腕が麻痺することがあります。しかし、正座をしていてしびれることとは重症度が違いますので、早急な処置が必要となります。

お母さんの負担

産道裂傷

肩甲難産が発生してしまった場合、上で触れた内容のような、赤ちゃんの負担を少しでも減らすため、赤ちゃんを早く出してあげることを優先するため処置によって膣や頸管を傷つけてしまうことがあります。

弛緩出血

弛緩出血とは子宮が上手に収縮せず、血管の圧迫が行われず、500ml以上の出血をしてしまう状態のことです。肩甲難産により最後の娩出に時間がかかったりすると、これを引き起こすことがあります。場合によっては500mlで留まらず、ℓ単位の出血をすることもあるので危険な状態です。

膀胱麻痺、尿道損傷

頭しか出ていない赤ちゃんを何とか人工で外に出すわけですから、母体にはさまざまな負担がかかります。それは出産時だけではなく、産後にも顕著にあらわれます。その症状のひとつが膀胱麻痺です。自力で尿をすることが難しくなることもあるとされています。同時に尿道損傷をしている場合は、さらにその可能性は高まるでしょう。

合わせて読みたい

妊娠中に太ると起こってしまういろんなトラブルと対応策
妊娠中に太ると起こってしまういろんなトラブルと対応策
妊娠中は、ついつい食べ過ぎて、ぽっちゃりしてしまいがちです。つわりで食べられなかった反動で食べてしまう、逆に食べづわりで食べずにはいられ...

対応法にはどのようなものがあるのか

新生児と助産師
基本的に肩甲難産になった場合、妊婦さんができることはありません。パニックにならず、落ち着いて医師の指示に従いましょう。後は医師が状態を判断しながら処置を施します。

マクロバーツ体位

膝を曲げながら太もも部分をおなかに強く押し付ける体位です。これにより骨の位置が動き、娩出されやすくなります。

恥骨上部圧迫法

恥骨の上部分を圧迫して、恥骨に引っかかってしまった肩骨を押し出します。マクロバーツ体位と一緒に行われることの多い手法です。

セカンダリーマニューバ

マクロバーツ体位、恥骨上部圧迫法を試みても娩出できない場合は、その他の方法が試されます。行う順番については、医師の判断によって決められます。

後在肩甲上肢解出術とWoods のスクリュー法

やりかたに違いはありますが、どちらも胎児の向きを変えることによって突っかかっている部分を外して娩出させる方法です。

体位変換(よつんばい体位)

体勢をよつんばいにして出産します。有効率は52・4%とされているが、そのメカニズムははっきりしていないようです。

帝王切開方法

帝王切開手術が行われることもあります。赤ちゃんの頭が出てしまっているため、ほぼ行われることがないとされていますが、最悪の場合は赤ちゃんの頭を胎内に戻して手術をするようです。

合わせて読みたい

出産までになにが起こるかわからない!保険が適用される異常妊娠や異常分娩(ぶんべん)について
出産までになにが起こるかわからない!保険が適用される異常妊娠や異常分娩(ぶんべん)について
本来妊娠や出産は病気ではありませんから、保険は適用外で全額自己負担となります。しかし「異常分娩(ぶんべん)」「異常妊娠」に関しては保険が...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
【医師監修】肩甲難産のリスクとしかるべき対応法は?予防はできる?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

陣痛についてのどのようなイメージがありますか?[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る