新型コロナ「10万円の給付金」の申請方法は?赤ちゃんももらえるの?

新型コロナの給付金
新型コロナウイルスによる経済対策の一環として、政府は国民一人につき一律10万円を給付すると発表しました。この「特別定額給付金」は赤ちゃんやお年寄りまで誰でももらえるのでしょうか?申請のやり方とともにチェックしましょう。

「特別定額給付金」って誰でももらえるの?

家族分のお金
ワイドショーやネットニュースで話題になっている特別定額給付金の10万円。もらうためにしなくてはいけないことはどんなことでしょうか。

10万円がもらえる対象者

給付金がもらえる対象者は
「令和2年4月27日時点で、住民基本台帳に登録されている者」です。住民基本台帳とは、氏名、生年月日、性別、住所などが記載された住民票を編成したものになります。

新生児の赤ちゃんに給付される条件としては、
「4月27日までに出生届を提出し、住民基本台帳に登録されていること」が必要になります。基本的には出生届けを提出した日に住民基本台帳へ登録されますが、里帰り出産などで住民票の住所と異なる市区町村に提出した場合は登録に時間がかかる場合もあります。

家族の分は世帯主にまとめて給付

給付金の10万円は世帯主にまとめて給付されます。たとえば夫、妻、子ども2人の4人家族なら合計40万円が世帯主の夫または妻の口座に振り込まれます。

夫のDVや子どもへの虐待などから婚姻関係にありながら別居している場合は、別途申請をして自分で受け取ることができます。その場合通常の流れより時間がかかる可能性があるので早めに手続きすることをおすすめします。

また子どもが親元を離れ一人暮らしの場合、住民票を移動していれば子ども自身が自分の分を受け取ります。

受け取るには申請が必要!期限があるので注意

給付金を受け取るには各自で申請が必要です。そして申請には期限があります。「郵送方式の申請受付開始日から3カ月」の間に申請しなければ無効になります。「郵送方式の申請受付日」はそれぞれの市区町村で異なるので確認してください。
そのうちやればいいか~なんて思っているとうっかり過ぎてしまうこともあるので、期限があることを覚えておきましょう。

いつもらえるの?

10万円がいつ支給されるのか気になりますよね。支給日は各自治体によって異なります。東京都の江戸川区や石川県の金沢市などではもう支給が開始されていますが、6月からになるとしている市区町村もあるので、自治体のホームページで確認しましょう。

合わせて読みたい

在宅ワークで夫婦が不仲…「コロナ離婚」を避けるために
在宅ワークで夫婦が不仲…「コロナ離婚」を避けるために
新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るう中、最近では「コロナ離婚」という言葉が生まれています。コロナがきっかけで家庭に入る亀裂…コロナ離...

申請方法は2種類

役所の窓口
申請方法はマイナンバーカードを利用したオンライン申請と書類郵送の2種類あります。
どちらで申請するかは自由ですが、オンラインの場合マイナンバーカードを持っていないと手続きできないので要注意。また現時点では郵送のみの対応としている自治体もあります。

オンライン申請

マイナンバーカードを持っている人は、インターネットからオンライン申請ができます。世帯主がマイナンバーカードを持っていれば、マイナンバーカードを持っていない家族の分も申請可能。通知カードでは申請できません。

この機会にマイナンバーカード自体の申請をした場合、取得には申請からおおよそ1カ月ほどかかるとのことなので注意しましょう。

【オンライン申請に必要な5点】
  1. 世帯主のマイナンバーカード
  2. パソコン+ICカードリーダー or マイナンバーカードを読み取れるスマホ
  3. マイナンバー暗唱番号
  4. 振込先口座確認書類
  5. マイナポータルAPのインストール

準備をしたらマイナポータルAPの案内に沿って進んでください。
ここで気を付けたいのがマイナンバーカード発行時に設定した暗唱番号です。オンライン申請には暗唱番号が必要で、入力を5回間違えるとロックされて先へ進めなくなります。ロックを解除するには市区町村の窓口へ出向く必要があり、余計な時間がかかってしまいます。

下記にオンライン申請での「スマホ」、「パソコン」の場合を動画でご紹介しています。

オンライン申請スマホの場合

オンライン申請パソコンの場合

オンライン申請はトラブル続き?

総務省では便利なオンライン申請を推奨していますが、現在(5月10日)以下のようなトラブルが多発し職員はその対応に追われています。

【トラブル例】

  • アクセス殺到のためシステム障害
  • オンライン申請についての問い合わせ増加
    (カードリーダーってなに?
     対応するスマホの機種は?
     暗証番号を忘れた、間違えてロックされた など)
  • 電子証明書の期限切れ
  • オンライン申請時の記入不備
  • 記入内容を間違えると複数回申請できてしまう場合がある など

処理の速いことがメリットのオンライン申請ですが、トラブルが多く逆に申請に時間がかかっているようです。マイナンバーカードの暗証番号を間違えたことによるロック解除の処理では、役所の窓口に長い行列ができている状態。オンラインで申請する際は手順をよく確認し、必要書類を用意してからはじめてください。

書類郵送で申請

マイナンバーカードを発行していない人は、各市区町村から送られてくる書類で申請をします。

【書類申請に必要な3点】
  1. 申請書(送付されたもの)
  2. 世帯主の本人確認書類のコピー
  3. 振込先口座確認書類のコピー

申請書の発送日は各自治体で異なるので、ホームページで確認しましょう。上記3点を返送すれば申請完了です。

合わせて読みたい

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)でのロックダウン(都市封鎖)危機に備えた日常生活での留意事項例Q&Aを緊急リリース
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)でのロックダウン(都市封鎖)危機に備えた日常生活での留意事項例Q&Aを緊急リリース
感染爆発の重大局面でロックダウン(都市封鎖)を回避するために週末の外出自粛要請・在宅勤務要請・平日夜間の外出要請がでました。誰もが初...

詐欺に注意

詐欺に注意
総務省から注意喚起されているのが「給付金詐欺」です!ここで詐欺の具体例をみてみましょう。

【例1】
市区町村を語る者から電話があり、指示に従ってATMを操作。詐欺相手に送金してしまった。

【例2】
給付金を受け取るためには手数料の前払いが必要といわれ、支払ってしまった。

【例3】
偽メール内のURLにアクセスし、キャッシュカード番号など個人情報を入力してしまった。

総務省は以下を行なうことは絶対にありません!と訴えています。

詐欺の例

少しでもあやしいと思ったら消費者ホットラインや、お住まいの市区町村や警察に相談してください。

おわりに

申請をする際は必要なものをすべて用意してから始めるとスムーズです。全国民がもらえる給付金です。もらい忘れや書類の不備がないように、余裕をもって申請しましょう。そしてくれぐれも詐欺には注意してくださいね。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。

ピックアップ

素早い対応!新型コロナの影響でリモートワークを導入した会社はこれくらい!
素早い対応!新型コロナの影響でリモートワークを導入した会社はこれくらい!
ほんの2カ月はいつもとかわらないお正月を過ごしたのに、今や、新型コロナが大流行。マスクやトイレットペーパーが店舗から消え、学校も休校にな...
「オンライン飲み会」でママたちもストレス解消しよう!おすすめアプリ
「オンライン飲み会」でママたちもストレス解消しよう!おすすめアプリ
新型コロナウイルスで在宅自粛を余儀なくされる中、需要が高まっているのがオンライン飲み会。離れた場所にいる友達とネットをつなぎ、顔を見なが...
休校中の子どもの学力は?「オンライン授業」は遠い現実?!
休校中の子どもの学力は?「オンライン授業」は遠い現実?!
学校が休校になって数か月がたちました。緊急事態宣言も5月まで延長になり子どもの学力がどうなるか不安が募るばかりですね。学校の多くははオン...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る