切迫流産と切迫早産の違いってなに?時期や症状は?

切迫流産と切迫早産の違い

「赤ちゃんは十月十日で産まれてくる」と昔から言われているように、およそ10カ月の間母体の中で育つことが理想的であると考えられています。しかし、何らかの理由によって切迫流産や切迫早産と診断されてしまうことがあります。気づく時期が遅いと流産や早産を食い止められない場合もあるため、早い段階で対処することが大切です。

ここでは、切迫流産と切迫早産の違いについてまとめてみました。二つの症状や時期の違いについて知り、ちょっとした兆候にもすぐに気づけるようにしておきましょう。

切迫流産と切迫早産の違いってなに?

切迫流産と切迫早産の違い:時期の違い

カレンダー

切迫流産は、妊娠初期から妊娠22週までに起こる、流産の危険がある状態のことを言います。そのうち妊娠12週までに起こる流産のことを「早期流産」と呼び、この時期に流産になってしまった場合は受精卵に何らかの異常があったために引き起こされる可能性が高いです。切迫流産は赤ちゃんがまだ子宮内に残っていて、心拍が確認できる状態のため、きちんと治療すれば妊娠を続行できる可能性があります。

切迫早産は、妊娠22週以降から妊娠37週までに、赤ちゃんが早産になりかかっている状態のことを言います。一般的に、妊娠37週を過ぎると、赤ちゃんはいつ生まれてきても安心とされています。それよりも前に生まれてしまうと、週数によってはまだ赤ちゃんの、体の機能の形成が完成しておらず、合併症を引き起こす可能性が高くなります。

また、早産の場合は、流産と比べて母体が原因で起こるケースが多いです。感染症やストレス、子宮無気力症という体質などが主な要因として挙げられます。切迫早産は、切迫流産と同様に治療によって早産を防止できる可能性があります。

合わせて読みたい

早産の一歩手前?切迫早産を引き起こす四つの原因
早産の一歩手前?切迫早産を引き起こす四つの原因
正期産と呼ばれる妊娠37週~42週頃まで、赤ちゃんはお腹の中で育つことは理想的であると言われています。しかし、何らかの原因によりそれ以前...

切迫流産と切迫早産の違い:症状の違い

お腹を抑える女性

切迫流産は、切迫早産に比べると自覚症状は少なく、早期に気づくことは難しいと言われています。典型的な症状としては下腹部痛、出血が挙げられます。下腹部痛が明らかに重く、長く続く場合はすぐに病院を受診しましょう。また、少量の出血であっても油断せず、まずは切迫流産を疑って診てもらうようにしましょう。

切迫早産は、お腹の張り、出血、破水といった症状が多く見られます。お腹の張りは、妊娠後期に入ると頻繁に起こりやすくなりますが、横になっていてもおさまらない、張りが周期的に起こるといった場合はすぐに受診しましょう。出血や破水があった場合にも、すぐに受診することが大切です。

破水は少量の場合、おりものと区別がつきづらいものですが、普段よりもおりものの量が多い、水っぽいと感じた場合は破水の可能性があります。出血や破水はたとえ少量でも早産につながるリスクが高いため、決して自己判断で様子を見るのではなくすぐに受診しましょう。

33歳。B型。既婚。 妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
切迫流産と切迫早産の違いってなに?時期や症状は?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る