【医師監修】前期破水の診断基準・症状・原因・治療・入院の必要性

監修医師プロフィール:清水なほみ 先生のイラスト 清水なほみ 先生

2001年広島大学医学部医学科卒業、広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業。

日本産科婦人科学会専門医、日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー。女性医療ネットワーク発起人・NPO法人ティーンズサポート理事長。

日本産婦人科学会専門医で、現在はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。病院に行きづらいという患者さんの悩みを、現役医師の知識を活かしてサポートします。

http://www.vivalita.com/staff.html


前期破水の原因
破水は出産前に起こるイメージが強いですが、妊娠初期でも破水をすることがあります。今回解説する「前期破水」とは陣痛が始まる前に破水してしまう症状のことを指します。予備知識がない状態で前期破水になってしまったらパニックになってしまいがち。万が一発生したときに落ち着いて対処できるよう、一緒に予習しておきましょう。

前期破水とは?

破水の妊婦
赤ちゃんは羊水のたまった卵膜の中で成長します。破水とはその卵膜が破れて羊水が子宮外に流れてしまうことを指します。通常破水は陣痛後の分娩中に起こることが多いのですが、陣痛が起きる前に破水してしまうことを前期破水と呼びます。前期破水が起こる確率は全体の約3割といわれています。破水をすることの何が問題かというと、本来赤ちゃんは羊水に浸かり、卵膜というバリアーに守られています。しかし、卵膜が破れることでバリアーがなくなり外界の病原体に感染しやすくなってしまうのです。特に前期破水の場合は週数によっては赤ちゃんが完全に成長している状態ではないため、感染の危険性が高まります。多くの場合は破水後に自然陣痛が始まってしまうため、37週未満で前期破水をした場合には未熟児出産にもつながってしまうのです。

前期破水の診断基準は?

診断は膣内の分泌物を検査することで下されます。羊水はアルカリ性のため、最も簡単な検査方法は膣分泌物のPHをリトマス試験紙で確認する方法です。本来膣内は弱酸性なので、アルカリ性の反応が出たら破水している可能性が高くなります。

前期破水の症状は?

前期破水も通常の破水と同じ症状がみられます。膣から水に似た羊水が一気に流れ出します。その際に出血や子宮収縮を感じることもあるとされています。尿との違いはアンモニアのニオイの有無と自力で止めることができるか否かです。尿の場合はアンモニア臭がしますが、羊水の場合はほとんど無臭といわれています。また、尿は我慢することで抑えることができますが、羊水は自然に流れ出してくるものなので、我慢しようとしても抑えることができません。

合わせて読みたい

【医師監修】破水に気づかない?高位破水の症状・原因・治療・予防・入院の必要性
【医師監修】破水に気づかない?高位破水の症状・原因・治療・予防・入院の必要性
そろそろ赤ちゃんが生まれるということを知らせるサインである破水と陣痛。一般的には陣痛が起きてから破水という順番になりますが、実は破水...

前期破水になる原因は?

破水の原因
前期破水の原因は主に3つあると考えられています。「卵膜の異常」「子宮内圧の上昇」「子宮への過度な刺激」です。正期産の破水は原因がないことほとんどですが、前期破水のような早産時期の破水は上記の3つの原因が関係しているといわれています。細菌感染などで卵膜が弱っていたり異常がみられたりすると破水しやすくなります。また多胎妊娠の場合は子宮が圧迫されて卵膜が破れやすくなるといわれています。卵膜は意外にも脆弱(ぜいじゃく)で、激しい運動やいきみ、咳(せき)をしただけでも破れてしまうことがあります。そのため妊娠中の性行為には十分な配慮が必要です。その他にも子宮内感染や絨毛膜羊膜炎を発症していることも原因に挙げられるとされています。

前期破水の治療法は?

破水自体を治すことはできません。破水した場合には子宮内感染を防ぐことが第一に行われます。正期産に前期破水が起こった場合には、自然分娩に至るように陣痛が来るのを待機し、陣痛が来なければ陣痛誘発の処置を行いますが、正期産の時期より早い前期破水の場合は可能な限り妊娠期間を延ばすような処置が行われます。しかし、胎児に悪影響が及ぶと判断された場合には分娩することもあるようです。通常、妊娠37週未満の前期破水は膣内洗浄、子宮収縮抑制剤、抗生剤を投与します。入院しながら、胎児が生まれても大丈夫になるまで成長させます。

合わせて読みたい

【妊娠39週】いつくる破水、陣痛!赤ちゃんの成長とママの体の変化まとめ
【妊娠39週】いつくる破水、陣痛!赤ちゃんの成長とママの体の変化まとめ
長い長い妊娠生活ですが、妊娠39週ともなると予定日はもう目の前です。もういつ生まれてきてもいい時期ですね。赤ちゃんはどのように成長し...

前期破水の予防法は?

破水の症状

1.感染症にかからないように徹底する

子宮内感染症にかかるとさまざまな病気を併発する可能性があります。炎症が発生した部分に子宮収縮の負荷がかかり、患部に穴が開くことで破水につながってしまうことも。感染症を発症しながら破水をすると、赤ちゃんも細菌感染する可能性が高まります。定期的に検診を受け、事前に症状を把握しておくようにしましょう。

2.外陰部は清潔に

前期破水の最も多い原因は感染症や性病といわれています。外陰部を不潔にしていると感染症にかかりやすくなります。そのため、外陰部は常に清潔にして感染症予防を徹底しましょう。

3.子宮に負担をかけない

重い荷物を持ったり、激しい運動をしたりすると子宮に圧が加わり破水につながってしまいます。転倒などの外傷でも破水してしまうことがあるため、日常の動作には注意が必要です。

4.妊娠中の性行為は控える

前期破水は子宮への圧が加わることで起きます。そのため、性行為をして子宮に刺激が加わることはできるだけ避けましょう。強い刺激が伝わることで卵膜が破れる恐れがあるからです。性行為を控えることはご自身だけの問題ではないので、妊娠したらできるだけ早い段階で話し合いの場を設けておくと良いでしょう。また、性行為が原因で感染症にかかる可能性があるので、性行為を行う場合は必ずコンドームを併用することが大事です。

合わせて読みたい

【医師監修】【妊娠中期】出血の原因、症状、対処法
【医師監修】【妊娠中期】出血の原因、症状、対処法
妊娠中に出血があると「赤ちゃんは大丈夫なの?」と心配になってしまいますよね。今回はそんな妊娠中期の「出血」に焦点を当てて解説いたしま...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
【医師監修】前期破水の診断基準・症状・原因・治療・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る