妊娠中にお茶はNGって本当?飲んでもいいお茶もある?

良ければシェアをお願いします。

妊婦とお茶
妊娠中に口にする食べものや飲み物は、慎重に選びたいですよね。妊婦は「カフェイン」が含まれるコーヒーを飲まないほうが良いことは知られていますが、最近は、「妊娠中にお茶はNG」と言われることもあります。お茶に含まれているどんな成分が、妊娠中の体に影響を及ぼすのでしょうか?また、飲んでもいいお茶もあるのでしょうか?ご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

「妊娠中にお茶はNG」と言われる理由は?

妊娠中は、通常よりも喉が渇くものです。特につわりの時期は、脱水症状を防ぐためにも、こまめな水分の補給が必要になってきます。お茶なら、糖分が多いジュースやカフェインが気になるコーヒーよりも安心して飲めると思っていたのに、妊娠中にお茶はNG」と言われると、困ってしまいますよね。

そもそも、コーヒーに含まれる「カフェイン」って?

コーヒーに含まれている物質「カフェイン」は、市販の頭痛薬にも使われていて、解熱鎮痛作用があります。よく眠気覚ましにコーヒーを飲むことがありますが、大量に摂取すると、覚醒作用が働き、疲労回復や不眠などの症状が現れます。「解熱鎮痛作用」と「覚醒作用」がある、そう考えると、妊娠中にコーヒーを控えた方が良いと言われる理由が分かりますね。

お茶にも、カフェインは含まれているの?

多くの種類のお茶にも、カフェインが含まれています。含まれる量はお茶の種類によってさまざまで、いちばんカフェインの量が多いのは、なんと意外なことに「緑茶の玉露」。コーヒーの数倍のカフェインが含まれているという強者なので、玉露を大量に飲むことは避けた方がよさそうですね。このほか、紅茶にもカフェインが含まれていますが、「どうしても飲みたい」場合は、1日1、2杯程度にとどめておきましょう。

緑茶に含まれるカフェイン以外のNGな物質は?

意外なほど、カフェインの含有量が多い緑茶ですが、カフェイン以外にもNGな物質が含まれています。それは、「タンニン」という物質で、鉄分の吸収を妨げたり、さらにタンニンの中に含まれる「カテキン」の成分が、胎児の成長に欠かせないビタミンB群の一種である「葉酸」の働きを妨げたり。結果として、鉄分不足や、葉酸不足を招くことになってしまうのです。

合わせて読みたい

なぜだめなの?妊婦のカフェインによる影響と守るべき摂取量
市場調査会社のカンター・ジャパンのグローバル・モニター調査によると、毎日コーヒーを飲む人とミネラルウォーターを飲む人の割合では、コーヒーと答えた方が64%で、ミネラルウォーターと答えた方が19%という結果になったそうです。64%という数値は、世界順位でも5位という位置にあり、実に多くの日本人がミ...

妊娠中に注意が必要なお茶の種類と原因物質

緑茶の中にも、カフェインやタンニンなどの悪影響を及ぼす恐れがある成分があることが分かりましたが、妊娠中に注意が必要なお茶には、他にどんな種類のものがあるのでしょうか?お茶の種類と、含まれる原因物質。その物質が、妊婦や胎児に及ぼす影響についてみてみましょう。

妊娠中に注意が必要なお茶「緑茶」

すでに、緑茶の中に含まれるタンニンが鉄分不足と、タンニンの成分であるカテキンが葉酸不足を招くことをご紹介しましたが、特に妊娠初期での葉酸不足は、お腹の赤ちゃんの先天性異常を招くリスクが高くなると言われています。もちろん、緑茶をまったく飲んではいけないというわけではありませんが、妊娠初期には、できるならリスクの少ない別のお茶で代用した方が、安心できて良いでしょう。

妊娠中に注意が必要なお茶「ウーロン茶」

ウーロン茶は、脂っこい中華料理などの後に飲むとさっぱりして良いですが、やはり、カフェインとタンニンの成分を含んでいます。含有量は緑茶ほどではないにしろ、飲みすぎには注意が必要なお茶と言えるでしょう。飲む場合は、1日3~4杯程度にとどめ、「鉄分を含む食事のときはウーロン茶を飲まないようにする」などの工夫をすることが必要です。

妊娠中に注意が必要なお茶「麦茶」

麦茶の中には、カフェインやカテキンは含みませんが、タンニンは少量ながら含まれています。しかし、その含有量は緑茶の7分の1程度なので、タンニンの持つ「鉄分の吸収を阻害する」点については、あまり神経質になる必要はありません。ただ、麦茶には体を冷やしてしまう働きがあるので、暑い夏場などの飲みすぎには注意が必要です。

合わせて読みたい

【レシピ付き】ルイボスティーが妊活・妊娠に良い3つの理由
妊活中の方や妊娠している方にとって、カフェインを避けなければならないというのは有名な話です。しかし、コーヒーや紅茶はもちろん、市販のお茶、コーラやココアにもカフェインは微量なりとも含まれています。 これらを避けてお水ばかり飲むのは味気ないものですし、ジュースばかりというのも体に悪そうですよね。...

妊娠中に飲んでもOKなお茶と理由

妊娠中に飲んでもOKなお茶はいろいろありますが、中でも人気が高いハーブティーの中から、「タンポポコーヒー」、「ルイボスティー」、「ハーブティー」の3種類にスポットを当てて、それぞれのお茶の持つ特性や効能についてみていきましょう。

妊娠中に飲んでもOKな「タンポポコーヒー」

妊娠中にのんでもOKなお茶のひとつに、「タンポポコーヒー」があります。味がコーヒーに似ているのでタンポポコーヒーと名付けられたのですが、材料は草花の「タンポポの根っこ」。ほんのりと甘くて、妊婦に嬉しい鉄分が多く含まれていることが特徴です。また、母乳の出を促す効能もあるので、授乳中のママにもおすすめの飲み物です。

妊娠中に飲んでもOKな「ルイボスティー」

妊娠中にのんでもOKなお茶ひとつに「ルイボスティー」があります。マメ科の植物から作られているお茶で、特に鉄分を多く含んでいるので、貧血気味の方にはおすすめしたいお茶のひとつです。ルイボスティーには独特の風味があり、苦手という方もいますが、メーカーによっては飲みやすいものもありますので、自分に合ったものを探してみると良いですね。ただし、便を緩くしてしまうことがあるので、飲みすぎはご注意を。

妊娠中に飲んでもOKな「ローズヒップティー」

妊娠中にのんでもOKなお茶ひとつに「ローズヒップティー」があります。ビタミンCが豊富に含まれており、風邪予防やインフルエンザ予防に効果があると言われていて、ママには嬉しい美肌効果もあります。産後もぜひおすすめしたいお茶のひとつですが、飲みすぎると下痢症状を起こしたりしますので、適度な量を飲むようにしましょう。

おわりに

おわりに、どんな良い成分が含まれているお茶であっても、飲みすぎは禁物です。度を越して飲みすぎれば、体に悪影響を及ぼすこともあるので、適量を心がけて、おいしいお茶を妊婦ライフのより良いお供にしてくださいね。

ピックアップ

妊娠中に食べるといいものと食べてはいけないもの
妊娠中は、体にいいものを意識した食事内容にしていれば基本的に問題ありません。しかし、中には胎児に悪影響が出てしまう食べものもあります。 ここでは、妊娠中に食べるといいものと食べてはいけないもの、食べ過ぎないようにしたいものをご紹介します。 妊娠中は食事内容に気を配りましょう 妊娠中、胎...
注意!妊娠中に飲んではいけないサプリメントは?
妊娠中のお母さんは胎児の成長に欠かせない栄養素を十分に取る必要がありますが、日々の食事だけですべてを補うのは難しいことです。そこで、サプリメントを利用して、必要な栄養を補う人も多いようです。しかし、栄養素によっては過剰な摂取が胎児に悪い影響を及ぼすものもあります。妊娠中に口にしてはいけないもので...
妊活、妊娠中には食べちゃダメ!控えるべき5つの食べ物
妊娠中は免疫力が低下し、さまざまな感染症や食中毒にかかってしまう危険性が高くなります。今までは何気なく食べていた食べ物でも、赤ちゃんがおなかにいるときは食べ過ぎてはいけないものが、いろいろとあります。今回は、元気な赤ちゃんを産むために気を付けたい、妊活、妊娠中に控えるべき食べ物をご紹介します。 ...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠中にお茶はNGって本当?飲んでもいいお茶もある?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠初期(~4カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る