妊娠中毒症とも呼ばれる「妊娠高血圧症候群」の症状・原因・予防

良ければシェアをお願いします。

妊娠20週

妊娠高血圧症候群は妊娠20週以降、分娩後12週までに高血圧がみられる場合、もしくは高血圧に蛋白尿を伴う場合に診断される病気です。”症候群”という名前から分かるように、ひとつの症状が現れる疾患ではありません。関連性のあるいくつかの病的症状が現れ、重症になると母子共に危険な状態に陥ることがあります。現在、妊婦の20人に1人が発症していると言われ、産婦人科医が最も注意を払って診察している病気です。

ここでは、妊娠高血圧症の症状と考えられる原因、その予防法、医師から指導される治療法についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠高血圧症候群の症状について

妊娠高血圧症候群を引き起こすと、最悪の場合は胎児が死亡してしまう恐ろしい疾患です。定期的な婦人科検診を心掛けることで、早期に発見が可能です。そのためにもまずは、妊娠高血圧症候群の症状についてよく把握しておくことが必要となります。

症状1. 『高血圧』

妊娠高血圧症候群の症状は、まず妊娠後期にみられる高血圧です。妊娠前は正常な血圧であったにも関わらず、20週以降に2回以上、収縮期血圧が140mmHg以上または拡張期血圧が90mmHg以上であった場合に高血圧と診断されます。

症状2. 『むくみ』

次に確認される症状はむくみです。むくみは足のすねの全面を指で押し、へこみが出来る程度皮膚が張っている状態であることで分かります。

症状3. 『蛋白尿』

蛋白(タンパク)尿とは、本来尿中にほとんど出ないタンパク質が多く検出されることを指します。1日あたり(24時間分)の尿を採取し、タンパク質が陽性(2+)と診断される100mg/dL300mgあるいはそれ以上の場合に注意が必要です。

その他、手足のしびれやこわばり、1週間で500g以上の体重増加の症状が現れることがあります。重症になると、全身のむくみや頭痛、目の前がチカチカするといった症状が見られます。この疾患にかかると子宮や胎盤に流れる血液の量が減少し、胎児の成長に影響を及ぼします。早産や未熟児、最悪の場合は子宮内胎児死亡や死産の原因にも繋がってしまうこともありますので、十分に注意しましょう。

合わせて読みたい

流産は妊娠21週6日までの時期に何らかの原因で胎児が育たなかったり、子宮外に出てきてしまったりすることを言いま&

その他の合併症にも注意が必要です。

母体に起こりやすい合併症は子癇、肺水腫常位胎盤早期剥離HELLP症候群が挙げられます。

子癇

子癇とは急激に起こった高血圧によって脳内にもむくみが生じ、痙攣発作が起こる病気です。症状が進むと妊婦の脳出血を引き起こす危険性があり、子癇がおさまらない場合には帝王切開による早期出産など赤ちゃんを早くお腹から出してあげる必要があります。

HELLP症候群

HELLP症候群は血液中の赤血球が壊されて肝臓機能が低下し、血小板が少なくなる病気です。進行すると全身のさまざまな臓器がダメージを受けてしまい、母体が危険な状態になります。こちらも早くお腹から赤ちゃんを取り出すように、母体優先の治療が必要となります。

常位胎盤早期剥離

常位胎盤早期剥離は、正常な位置についている胎盤が、赤ちゃんが産まれる前に剥がれてしまう病気です。剥がれた部分が大きいと出血性ショックを起こしたり、赤ちゃんが死亡してしまったりすることもあります。

原因と予防法、発症しやすいタイプについて

原因

妊娠高血圧症候群は現在も研究が進められている病気です。現在、最も有力と思われている原因は妊娠初期に胎盤の血管が正常に作られなかったことだと言われています。
子宮内に胎盤が作られる際、子宮側の血管の壁を壊して赤ちゃんに多くの血液を供給できるように壁を作りなおす作業が行われます。ここで子宮内の壁の作り直しが不十分であるため、赤ちゃんに十分な酸素や栄養を供給することができなくなります。お母さんの体は無理をしてでも、赤ちゃんに大量の血液を送ろうとして高血圧になるということです。

予防法

なぜ胎盤の血管が上手くつくれなかったのか、明確な原因は分かっていません。そのため、確実に効果がある予防法も見つかっていない状態です。ただ、血管の作り直しが不十分なだけではなく、その他にもさまざまな環境が組み合わさって病気が悪化していくと考えられています。
つまり、現在の研究では高血圧になることは予防できませんが、妊婦の環境を整えることで悪化を予防することが最善の方法とされています。そのため、医師は検診時、発症しやすいタイプの人に妊娠中の食事や過ごし方について指導を行います。

発症しやすいタイプ

発症しやすいタイプの人は40歳以上の高齢出産、肥満体型、高血圧や腎臓病、糖尿病などの合併症がある人、多胎妊娠の人、そして初産婦が挙げられます。また、前回の出産の際に妊娠高血圧症候群と診断されたことがある人も注意が必要です。

合わせて読みたい

妊娠中に気をつけるべき4つの病気とその予防対策とは?
妊娠をすると、ホルモンバランスの変化などにより、体調が不安定になります。そのため、普段ならすぐに治ってしまうような病気でも、重い症状になってしまい、赤ちゃんにまで影響を及ぼしてしまうこともあります。妊娠中にどのような病気に気をつければよいか?正しい知識をもって、正しく対策することが大切です。今回...

治療法

食事や生活面での指導がメイン

妊娠高血圧症候群の治療は重症度や妊娠週数、赤ちゃんの発育状況によって内容が異なります。

  • 軽症の場合は外来通院で食事のカロリーや塩分、糖分を制限する指導を受ける。
  • 高タンパク低カロリーの食事を心掛け、脂肪は植物性を中心に摂取。
  • ストレスや疲労が溜まらないように横になって体を休める。
  • 自宅で安静が難しい場合、もしくは重症となると入院による体調管理が必要。
  • 症状により、降圧薬鎮静薬などの薬物療法を行う。
  • 妊娠週数が早い場合は赤ちゃんの成長を待ち、もしも発育が悪く危険な状態なら帝王切開などで早めに妊娠を終了させる。

以上の治療法を施しますが、妊娠が終われば母体は回復に向かうケースが多く、胎児もNICUなどで治療を行うこととなります。

おわりに

安静にする妊婦

妊娠高血圧症候群は胎盤を作る際に子宮内の血管が不十分に作られてしまったため、胎児の成長や母体に影響をおよぼす疾患です。発症すると胎児に酸素や栄養が十分に届けられず未熟児となったり、最悪の場合は死産になったり可能性もあります。

症状が進行すれば母体も脳出血や常位胎盤剥離を引き起こす危険性があるため、発症しやすい人は食事制限や安静などの体調管理が必要になります。

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期で変わる、正しい食事の取り方
妊娠中に、おなかの赤ちゃんが元気に成長するためには、たくさんの栄養が必要です。ママは日々の食事から、赤ちゃんに必要な栄養素を十分に摂取することがとても大切になります。 妊娠中のママとおなかの赤ちゃんに必要な栄養をしっかりと摂るためには、正しい食生活がかかせません。1日3食の規則正しい食事はもち...
症状は吐き気だけじゃない?5つのつわりの種類
妊娠初期症状の代表格として知られる「つわり」は、妊婦さんの5〜8割が経験すると言われています。有名な症状として吐き気が挙げられますが、実際にはそれ以外にもさまざまな種類があり、人によって症状の種類や程度は異なるようです。 そこで今回は、つわりの種類とそれぞれの対策についてまとめてみました。つわ...
妊婦さんにおすすめな「シムスの体位」と仰臥位低血圧症候群を防ぐ寝方
妊娠中はホルモンバランスの変化や胎動により、通常よりも眠りが浅くなる時期。眠りたいのに眠れないということが毎日続くと、疲れたりイライラしたりしてしまう妊婦さんも多いことでしょう。お腹が大きくなってきても以前と同じ慣れたスタイルで寝ていると、恐ろしい病気を引き起こす危険性もあります。 そこで、妊...
28歳。AB型。主婦。
主婦歴2年目に突入。最近実家に旦那と引っ越して、妊娠と出産に向けて本腰をいれて貯金と妊活を開始。妊娠するうえで大切な基礎体温から妊婦生活を送る上で気をつけるべきことなど、「生活」に関する記事の執筆を主に担当。
購読はいいねが便利です!
妊娠中毒症とも呼ばれる「妊娠高血圧症候群」の症状・原因・予防
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

妊娠中のトラブルの悩みについて・・・あわせて読みたい

つわり中のげっぷが苦しい!原因の究明と上手な出し方
妊娠中におけるつわりの症状は個人差も大きく千差万別ですが、なかにはげっぷが頻繁に出るようになって悩まされている人も少なくないようです。げっぷはつわりの症状のひとつとして考えられており、特に妊娠初期に多い症状といわれていますが、これに対処する方法はあるのでしょうか。 ここでは、つわり中にげっぷが...
マタニティーブルーなんて言わせない!妊娠中のうつ病の原因と対策
多くの場合、妊娠がわかると、喜びとともに、不安も感じるようです。「マタニティーブルー」は、その不安要素の1つでしょう。しかし、正しい知識があれば、恐れる必要はありません。今回は、妊娠中のマタニティーブルーとは何か、その原因と対策をご紹介します。 マタニティーブルーとは? マタニティー...
風邪の症状と似ている妊娠超初期症状を和らげる4つのコツ
初めての妊娠では戸惑うことがいっぱいですが、その中でも紛らわしいものの1つが「妊娠超初期症状」です。風邪や体調不良と間違うことが多く、もし知らずに薬を飲んでしまうと赤ちゃんへの影響が心配になります。以下では、この妊娠超初期症状とはそもそも何か、その症状を和らげるための4つのコツについてご説明しま...
大きいお腹が原因!妊娠中の体型変化でおこる4つの困ったこと
妊娠中には、経験してみなければわからないことがたくさんあります。しかし、情報を得ておけば、事前に良い心構え、準備ができます。妊娠で大変なのは、つわりだけではありません。お腹が大きくなるにつれ、困ることも増えていきます。 今回は、妊娠中の体型の変化とともに起こる4つの困ったことと、対処法をまとめ...
【調査】妊娠中の夫婦間のトラブルとは?奥さんの本音を調査!
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 今回は、妊娠・出産経験をした女性100人に、妊娠中の旦那さんとのトラブルについて聞いてみました。全く喧嘩をしない夫婦の方が少ないとは思いますが、妊娠中となると、やはり奥さんとしては気遣ってほしいと願うものですよね。そのことから、トラブル...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る