妊娠中毒症とも呼ばれる「妊娠高血圧症候群」の症状・原因・予防

スポンサーリンク

妊娠20週

妊娠高血圧症候群は妊娠20週以降、分娩(ぶんべん)後12週までに高血圧がみられる場合、もしくは高血圧にタンパク尿を伴う場合に診断される病気です。”症候群”という名前から分かるように、ひとつの症状が現れる疾患ではありません。関連性のあるいくつかの病的症状が現れ、重症になると母子共に危険な状態に陥ることがあります。現在、妊婦の20人に1人が発症しているといわれ、産婦人科医が最も注意を払って診察している病気です。

ここでは、妊娠高血圧症の症状と考えられる原因、その予防法、医師から指導される治療法についてご紹介します。

妊娠高血圧症候群の症状について

妊娠高血圧症候群を引き起こすと、最悪の場合は胎児が死亡してしまう恐ろしい疾患です。定期的な婦人科検診を心掛けることで、早期に発見が可能です。そのためにもまずは、妊娠高血圧症候群の症状についてよく把握しておくことが必要となります。

症状1. 『高血圧』

妊娠高血圧症候群の症状は、まず妊娠後期にみられる高血圧です。妊娠前は正常な血圧であったにも関わらず、20週以降に2回以上、収縮期血圧が140mmHg以上または拡張期血圧が90mmHg以上であった場合に高血圧と診断されます。

症状2. 『むくみ』

次に確認される症状はむくみです。むくみは足のすねの全面を指で押し、へこみができる程度皮膚が張っている状態であることで分かります。

症状3. 『タンパク尿』

タンパク尿とは、本来尿中にほとんど出ないタンパク質が多く検出されることを指します。1日あたり(24時間分)の尿を採取し、タンパク質が陽性(2+)と診断される100mg/dL300mgあるいはそれ以上の場合に注意が必要です。

その他、手足のしびれやこわばり、1週間で500g以上の体重増加の症状が現れることがあります。重症になると、全身のむくみや頭痛、目の前がチカチカするといった症状がみられます。この疾患にかかると子宮や胎盤に流れる血液の量が減少し、胎児の成長に影響をおよぼします。早産や未熟児、最悪の場合は子宮内胎児死亡や死産の原因にもつながってしまうこともありますので、十分に注意しましょう。

合わせて読みたい

本当は怖い切迫流産!原因・症状・対処法・費用まとめ
流産は妊娠21週6日までの時期に何らかの原因で胎児が育たなかったり、子宮外に出てきてしまったりすることをいいま…

その他の合併症にも注意が必要です。

母体に起こりやすい合併症は子癇(しかん)、肺水腫、常位胎盤早期剥離、HELLP症候群が挙げられます。

子癇(しかん)

子癇(しかん)とは急激に起こった高血圧によって脳内にもむくみが生じ、けいれん発作が起こる病気です。症状が進むと妊婦の脳出血を引き起こす危険性があり、子癇(しかん)がおさまらない場合には帝王切開による早期出産など赤ちゃんを早くおなかから出してあげる必要があります。

HELLP症候群

HELLP症候群は血液中の赤血球が壊されて肝臓機能が下がり、血小板が少なくなる病気です。進行すると全身のさまざまな臓器がダメージを受けてしまい、母体が危険な状態になります。こちらも早くおなかから赤ちゃんを取り出すように、母体優先の治療が必要となります。

常位胎盤早期剥離

常位胎盤早期剥離は、正常な位置についている胎盤が、赤ちゃんが生まれる前に剝がれてしまう病気です。剝がれた部分が大きいと出血性ショックを起こしたり、赤ちゃんが死亡してしまったりすることもあります。

30歳。AB型。主婦。 主婦歴4年目に突入。実家に旦那と引っ越して、妊娠と出産に向けて本腰をいれて貯金と妊活を開始。30歳になる手前で第一子を妊娠し、無事に出産。現在は子育てと両立しながら、妊娠するうえで大切な基礎体温から妊婦生活を送る上で気をつけるべきことなど、「生活」に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠中毒症とも呼ばれる「妊娠高血圧症候群」の症状・原因・予防
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る