もしかして妊娠悪阻かも!?段階別の症状まとめ

良ければシェアをお願いします。

吐き気を催す妊婦

つわりには個人差があり、まったく経験をしない人もいます。しかし、中には入院をしなければならない「妊娠悪阻(おそ)」という重い病気になってしまうケースもあります。妊娠悪阻になると、脱水症状から母体もおなかの赤ちゃんも危険な状態になりかねません。少しでも症状に怪しさを感じたら、すぐに受診することが大切です。

今回は、妊娠悪阻の具体的な症状について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

つわりと妊娠悪阻

水を飲む妊婦

つわりと妊娠悪阻は同じようなものと認識している人もいますが、実は別物です。つわりは病気ではありませんが、妊娠悪阻は病気です。その大きな違いは、主に水分を取れているかどうかがポイントになります。

病院では、以下の症状が出ているかを診て、妊娠悪阻なのかを判断しています。

妊娠悪阻の主な症状

  • 水分をまったく受け付けなくなる(水すら飲むと吐いてしまう)
  • 体重が妊娠前から5kg以上減少する
  • 尿にケトン体が出る
  • 1日に5回以上吐いてしまう

つわりも妊娠悪阻もその原因ははっきりとはわかっていません。その症状も、吐き気や頭痛、嘔吐、食べ物の嗜好の変化、偏食、体のだるさとさまざまです。一般的には妊娠5週頃から始まり、16週までには治まるとされていますが、出産までつわりが続く人もいるなど、個人差がとても大きいものです。同じ妊婦さんでも、第一子と第二子とではつわりの状態も症状も異なるため、その都度症状に合わせて調整しなければなりません。

妊娠悪阻かな?と思ったら早めの受診がカギとなります。つわりがつらいときには、悩まず病院へ行くようにしましょう。

合わせて読みたい

つわりっていつまで続くの?時期ごとの症状とその対策法とは
妊娠すると、ほとんどの方がつわりを経験します。中には軽く済んでしまうケースもあれば、日常生活に支障をきたすほどの重い症状に苦しむケースも。このつらさはいつまで続くんだろう、と悩む方も多いでしょう。 そこで今回は、時期ごとのつわりの症状とその対策法をまとめてみました。快適なマタニティライフのため...

症状は段階別にチェックできる

医者

妊娠悪阻は、症状によって第1期から第3期にまで分けられます。第1期であれば、入院をせず自宅で安静にするように言われますが、第2・第3期にまで進行していると、入院して点滴治療を受けなければなりません。各時期ごとの症状をきちんとチェックしておき、入院の可能性があれば家族に協力を依頼しておくと安心です。

段階別の症状

第1期:嘔吐を繰り返し体重が減少。脱水症状、からだのだるさやめまい、便秘などの不快症状が起こります。病院では尿中のタンパク質をチェックすることもあります。

第2期:第1期の症状に加えて、尿にケトン体や尿タンパクが出るようになります。代謝異常から血圧が下がることもあり、妊娠中毒の症状が出ることもあります。入院を勧められるレベルです。

第3期:さらに症状が進み、脳神経症状という幻覚や幻聴があらわれます。ここまでひどくなると、妊娠継続が難しくなってしまうこともあるため、必ず第3期にまで進行する前に受診して治療を始めましょう。

合わせて読みたい

症状は吐き気だけじゃない?5つのつわりの種類
妊娠初期症状の代表格として知られる「つわり」は、妊婦さんの5〜8割が経験すると言われています。有名な症状として吐き気が挙げられますが、実際にはそれ以外にもさまざまな種類があり、人によって症状の種類や程度は異なるようです。 そこで今回は、つわりの種類とそれぞれの対策についてまとめてみました。つわ...

赤ちゃんへの影響

赤ちゃん

基本的につわりで体重が減少しても、赤ちゃんにはあまり影響はないとされています。つまるところ、お腹の中で赤ちゃんが順調に育っていれば問題ありません。

ただし、妊娠悪阻で脱水症状になると、赤ちゃんへ栄養が回らなくなり低体重児になってしまう可能性が出てきます。また、先で述べたとおり第3期にまで進行してしまうと、妊娠継続すら難しくなるため、充分に注意しましょう。

こんな症状がみられたらすぐ病院へ

病院

妊娠悪阻になってしまうと、妊婦さんは自分の状態を冷静に判断することができないほどつらい症状に見舞われます。本を読んだり外出したりはもちろん、スマートフォンやパソコンを操作するのもおっくうになってきたら、充分に注意しましょう。

そんなときには、周囲の人に受診の判断を依頼しておくと、母体も赤ちゃんも妊娠悪阻から守ることができます。妊娠悪阻になっていると歩くのもつらい状態になりますから、車やタクシーを利用するとよいでしょう。

おわりに

妊娠やそれに伴うつわりは病気ではありません。しかし、症状がひどいときには周囲の人がしっかり状態をチェックし、必要ならば病院へ連れていってあげるようにしましょう。妊娠悪阻になると、母体も赤ちゃんも危険な状態になってしまいます。早めの受診を心がけてください。

ピックアップ

【調査】その症状はみんな一緒?妊娠中に1番辛いと感じた体のトラブルについて
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 今回のテーマは「妊娠中に1番辛いと感じた体の症状」について。妊娠の初期に起こるとされる「つわり」は、妊婦さんでなくとも、意外と知られている言葉ですが、妊婦さんの誰しもが起こるものとは限りません。つわり以外にも、様々な症状に悩まされた妊婦...
妊娠後期の吐き気はなぜ起きる?原因と対策
妊娠初期のつわりが終わって一安心し、比較的安定的な中期を過ごしていたと思ったら・・一転、頭痛や吐き気に襲われるということがあります。 これは後期つわり、いわゆる「第二のつわり」とも呼ばれており、妊娠後期に突入し、ホルモンバランスに変化が起こることで引き起こされます。 今回は、この後期つわりが...
今すぐ試せる!つわりが楽になるツボ押し3選
妊娠している女性の大きな悩みの1つが「つわり」です。人によってその症状には個人差がありますが、吐き気や頭痛、眠気に襲われるなど、場合によっては日常生活にも大きな影響をもたらします。 よって、完全にその症状を除くことは難しいとしても、少しでも軽くなる方法があるなら試してみるべきでしょう。その1つ...
33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
もしかして妊娠悪阻かも!?段階別の症状まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る