良ければシェアをお願いします。

よだれつわりがしんどい!よだれつわりの原因・症状・対策方法

良ければシェアをお願いします。

つわりの女性

妊娠中のつらい症状のひとつが「つわり」です。期間や症状の重さなどは人によって異なりますが、出産を経験したことのあるお母さんならそのつらさがわかるかと思います。しかし、今回ご紹介するのはつわりの中でも珍しい「よだれつわり」です。出産経験者の方でもご存知ない方がいらっしゃるのではないでしょうか? 実はこのよだれつわりの症状が出る妊婦さんはとても少ないのだとか。

そんなお悩みをお持ちの方のために、ここではよだれつわりについて解説していきます。

スポンサーリンク

よだれつわりってどういう症状?

口元

よだれつわりとは言葉の通り、妊娠中に多くのよだれが出てしまうことです。唾液過多症とも呼ばれており、人によっては口の中におさめきれないほどの唾液が出てしまうこともあります。酸っぱいものを食べたときにこの症状が出る方もいれば、寝ていたり、普通に生活していたりするだけなのにダラダラとよだれが出てしまう方もいるようです。

妊娠初期の場合には通常のつわりによる味覚の変化のせいで、唾液が泥のような味に感じてしまったり、ネバネバした唾液が出るようになったりして、吐き気が伴うこともあります。飲み込めないほどの唾液が出る+変な味・質の唾液ということもあり、嘔吐してしまうことは多々あるようです。

合わせて読みたい

症状は吐き気だけじゃない?5つのつわりの種類
妊娠初期症状の代表格として知られる「つわり」は、妊婦さんの5〜8割が経験すると言われています。有名な症状として吐き気が挙げられますが、実際にはそれ以外にもさまざまな種類があり、人によって症状の種類や程度は異なるようです。 そこで今回は、つわりの種類とそれぞれの対策についてまとめてみました。つわ...

よだれつわりになる4つの原因

愚問

未だはっきりとした原因が解明されていないよだれつわり。産婦人科医の先生方の間でもあまり知られておらず、きちんとした処方をしてもらえない場合もあるようです。そんなよだれつわりになってしまう原因と考えられる項目を4つほどピックアップしてみました。

1.妊娠による体内ホルモンの変化

妊娠中と妊娠前ではもちろん体内環境は大きく変化します。なかでも大きく変化するホルモン要素が「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」と「プロゲステロン」です。hCGとは妊娠すると急速に増加する糖タンパク質です。脳の中枢神経系を刺激する役割を担っています。

一方のプロゲステロンはまたの名を「黄体ホルモン」といい、基礎体温を上げたり、妊娠しやすい身体を作ってくれたりする優秀なホルモンです。しかしながら胃腸の働きを弱めてしまう性質もあるのです。この二つのホルモンが多く分泌されることにより、消化や吸収をより助けようとして、必要以上によだれが出てしまっている、ということが考えられています。

2.水毒状態

「水毒」という言葉もあまり耳慣れませんよね。これは決して毒の入った水を飲んでいる、ということではありません。水毒とは中国の漢方医学用語で「水分の代謝がうまくいかず、必要以上に水分が身体に残ってしまっている状態」を指します。現代女性のおよそ半数がこの状態に当てはまるのだとか。代謝が上手くいかなかった分の水分が粘着質の唾液として出てきてしまい、よだれつわりに繋がっているのではないかと考えられています。

3.ストレスによるホルモンバランスの乱れ

妊娠によるホルモンバランスの乱れもありますが、同時にストレス状態によるホルモンの乱れも考えられます。マタニティブルーという言葉があるくらい、妊娠時はストレスを多く感じてしまいます。思うように動けなかったり、好きなものを食べられなかったりすることは自分が思っている以上に心身ともにストレスを与えているのです。それにより唾液が異常分泌されているのかもしれません。

4.ビタミンB6の摂取不足

あまり知られていないことですが、ビタミンB6が不足すると唾液の分泌に異常が起きると言われています。気持ちが悪くて食べられない、という状態が続くとビタミンB6が不足する可能性があるので栄養バランスには十分注意しましょう。

合わせて読みたい

稽留流産はつわりがとまる?症状や原因まとめ
すべての妊娠が、順調に出産まで辿り着けるわけではありません。さまざまな要因によって赤ちゃんがお腹の中で亡くなり、妊娠が終わってしまう場合もあります。特に、胎盤が作られる過程である妊娠12週までに起こる流産がもっとも多く、そのひとつに稽留流産が挙げられます。中には流産したことに気が付かずに過ごして...

どのくらいの期間続くのか?

期間

つわりの時期には個人差がありますが、基本的に妊娠中期~後期にかけて発生します。しかし、よだれつわりは長い間続き、出産間際までよだれが止まらないということも珍しくないようです。

その際、吐き気は止まっているにも関わらず、よだれだけは出続けるという状態もあるのだとか。「このまま出産してもよだれが止まらなかったら…」と不安になってしまうかもしれませんが、たいていは出産を機に症状は治まるようなので安心してくださいね。

星ねえ。蟹座のB型。既婚。旦那さんと息子の3人家族。 野球をしている息子のために土日は早朝からお弁当作りをしています。家事は手抜きをモットーにしています。もう一度出産するならマタニティフォトを撮影して産後は産後治療院でまったりしたい!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
よだれつわりがしんどい!よだれつわりの原因・症状・対策方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠初期(~4カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る