よだれつわりがしんどい!よだれつわりの原因・症状・対策方法

良ければシェアをお願いします。

つわりの女性

妊娠中のつらい症状のひとつが「つわり」です。期間や症状の重さなどは人によって異なりますが、出産を経験したことのあるお母さんならそのつらさがわかるかと思います。しかし、今回ご紹介するのはつわりの中でも珍しい「よだれつわり」です。出産経験者の方でもご存知ない方がいらっしゃるのではないでしょうか? 実はこのよだれつわりの症状が出る妊婦さんはとても少ないのだとか。

そんなお悩みをお持ちの方のために、ここではよだれつわりについて解説していきます。

スポンサーリンク

よだれつわりってどういう症状?

口元

よだれつわりとは言葉の通り、妊娠中に多くのよだれが出てしまうことです。唾液過多症とも呼ばれており、人によっては口の中におさめきれないほどの唾液が出てしまうこともあります。酸っぱいものを食べたときにこの症状が出る方もいれば、寝ていたり、普通に生活していたりするだけなのにダラダラとよだれが出てしまう方もいるようです。

妊娠初期の場合には通常のつわりによる味覚の変化のせいで、唾液が泥のような味に感じてしまったり、ネバネバした唾液が出るようになったりして、吐き気が伴うこともあります。飲み込めないほどの唾液が出る+変な味・質の唾液ということもあり、嘔吐してしまうことは多々あるようです。

合わせて読みたい

症状は吐き気だけじゃない?5つのつわりの種類
妊娠初期症状の代表格として知られる「つわり」は、妊婦さんの5〜8割が経験すると言われています。有名な症状として吐き気が挙げられますが、実際にはそれ以外にもさまざまな種類があり、人によって症状の種類や程度は異なるようです。 そこで今回は、つわりの種類とそれぞれの対策についてまとめてみました。つわ...

よだれつわりになる4つの原因

愚問

未だはっきりとした原因が解明されていないよだれつわり。産婦人科医の先生方の間でもあまり知られておらず、きちんとした処方をしてもらえない場合もあるようです。そんなよだれつわりになってしまう原因と考えられる項目を4つほどピックアップしてみました。

1.妊娠による体内ホルモンの変化

妊娠中と妊娠前ではもちろん体内環境は大きく変化します。なかでも大きく変化するホルモン要素が「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」と「プロゲステロン」です。hCGとは妊娠すると急速に増加する糖タンパク質です。脳の中枢神経系を刺激する役割を担っています。

一方のプロゲステロンはまたの名を「黄体ホルモン」といい、基礎体温を上げたり、妊娠しやすい身体を作ってくれたりする優秀なホルモンです。しかしながら胃腸の働きを弱めてしまう性質もあるのです。この二つのホルモンが多く分泌されることにより、消化や吸収をより助けようとして、必要以上によだれが出てしまっている、ということが考えられています。

2.水毒状態

「水毒」という言葉もあまり耳慣れませんよね。これは決して毒の入った水を飲んでいる、ということではありません。水毒とは中国の漢方医学用語で「水分の代謝がうまくいかず、必要以上に水分が身体に残ってしまっている状態」を指します。現代女性のおよそ半数がこの状態に当てはまるのだとか。代謝が上手くいかなかった分の水分が粘着質の唾液として出てきてしまい、よだれつわりに繋がっているのではないかと考えられています。

3.ストレスによるホルモンバランスの乱れ

妊娠によるホルモンバランスの乱れもありますが、同時にストレス状態によるホルモンの乱れも考えられます。マタニティブルーという言葉があるくらい、妊娠時はストレスを多く感じてしまいます。思うように動けなかったり、好きなものを食べられなかったりすることは自分が思っている以上に心身ともにストレスを与えているのです。それにより唾液が異常分泌されているのかもしれません。

4.ビタミンB6の摂取不足

あまり知られていないことですが、ビタミンB6が不足すると唾液の分泌に異常が起きると言われています。気持ちが悪くて食べられない、という状態が続くとビタミンB6が不足する可能性があるので栄養バランスには十分注意しましょう。

合わせて読みたい

稽留流産はつわりがとまる?症状や原因まとめ
すべての妊娠が、順調に出産まで辿り着けるわけではありません。さまざまな要因によって赤ちゃんがお腹の中で亡くなり、妊娠が終わってしまう場合もあります。特に、胎盤が作られる過程である妊娠12週までに起こる流産がもっとも多く、そのひとつに稽留流産が挙げられます。中には流産したことに気が付かずに過ごして...

どのくらいの期間続くのか?

期間

つわりの時期には個人差がありますが、基本的に妊娠中期~後期にかけて発生します。しかし、よだれつわりは長い間続き、出産間際までよだれが止まらないということも珍しくないようです。

その際、吐き気は止まっているにも関わらず、よだれだけは出続けるという状態もあるのだとか。「このまま出産してもよだれが止まらなかったら…」と不安になってしまうかもしれませんが、たいていは出産を機に症状は治まるようなので安心してくださいね。

よだれつわりにはコレ!対処法8選!

漢方

1.あめやガムなどを食べて唾液の味を紛らわせる

唾液の味がまずくて飲み込めない場合にはあめやガムなどを食べると唾液が飲み込みやすくなるそうです。ただし、レモンや梅味など酸っぱい系のものは余計によだれが出るのでNG。ミントなど食べた後すっきりするような味のものがおすすめです。なお、この方法は軽度なよだれつわりの方しか該当しませんので、注意してくださいね。

2.酸っぱい食べ物をしばらく我慢してみる

1.でも触れたように、酸っぱい食べ物は余計に唾液を分泌してしまうため極力控えるようにしましょう。においを嗅ぐこと、写真を見ることも控えた方が良いですね。

3.漢方薬を飲む

妊婦さんによっては漢方薬を飲むことで症状が回復することもあります。つわりに効くとされる代表的な漢方薬は「半夏厚朴湯」や「益智」です。半夏厚朴湯は薬局などでも売っているので、目にしたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、他にもお薬を飲んでいる場合には飲み合わせの確認も必要なため、きちんと病院に行って処方してもらってください。

4.ビタミンB6を多めに摂取する

先に述べたように、ビタミンB6不足は唾液が多く分泌されてしまう原因になります。そのため、ビタミンB6を多めに摂取して唾液の分泌を抑えるようにしましょう。サプリメントで補うこともできますが、商品によっては強すぎる場合もあるため、食品で補うことをおすすめします。レバーやマグロ、ニンニク、鶏のひき肉などにはビタミンB6が多めに含まれているため摂取するといいでしょう。

5.ツボの刺激・針治療に挑戦してみる

手にあるツボを刺激することや針治療をしてみることで、胃腸の状態が回復することもあるようです。針治療は専門家にやってもらう必要がありますが、ツボをマッサージすることは自分で簡単にできるためおすすめの方法です。

6.空のペットボトルを持ち歩く習慣をつける

よだれが口の中におさまらないくらいに出てしまう場合、空のペットボトルを持ち歩く習慣をつけておきましょう。容器をペットボトルにしておくことで、外出先でも飲み物を飲んでいるフリをしながら唾液を吐きだすことができます。

ペットボトルカバーをしておけば、中身が見えることもないので安心です。衛生上、ペットボトルはこまめに取り換えるようにしましょう。

7.寝るときにはタオルと洗面器を枕元にセット

夜中など、ふと目が覚めて唾液を吐きだしたくなったときに便利なのがタオル+洗面器です。タオルはなるべくやわらかいものを用意し、肌がかぶれないようにしましょう。直接洗面器に唾液を吐き出すのに抵抗がある方はビニール袋などをひいておくと安心ですね。

8.水分補給はこまめに行う

唾液が出るのが嫌だからと言って水分を補給しないことはNGです。脱水症状になると、よだれつわり以外の症状が発生してしまう可能性があるためです。身体を冷やさず、水分の代謝をよくするためにも温かい飲み物を飲むと良いでしょう。白湯などは身体の毒素を取り除いてくれ、身体を温めてくれるためおすすめです。

おわりに

今回はよだれつわりにスポットを当ててご紹介いたしました。この症状が出るのは稀なようですが、期間が長いため普通のつわりよりもつらいと考えられます。

もし容器に吐き出してもすぐに溜まってしまうくらいに唾液が出ている場合には、病院に行くことも必要です。よだれつわりに悩まされている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ピックアップ

風邪の症状と似ている妊娠超初期症状を和らげる4つのコツ
初めての妊娠では戸惑うことがいっぱいですが、その中でも紛らわしいものの1つが「妊娠超初期症状」です。風邪や体調不良と間違うことが多く、もし知らずに薬を飲んでしまうと赤ちゃんへの影響が心配になります。以下では、この妊娠超初期症状とはそもそも何か、その症状を和らげるための4つのコツについてご説明しま...
つわり中のげっぷが苦しい!原因の究明と上手な出し方
妊娠中におけるつわりの症状は個人差も大きく千差万別ですが、なかにはげっぷが頻繁に出るようになって悩まされている人も少なくないようです。げっぷはつわりの症状のひとつとして考えられており、特に妊娠初期に多い症状といわれていますが、これに対処する方法はあるのでしょうか。 ここでは、つわり中にげっぷが...
今すぐ試せる!つわりが楽になるツボ押し3選
妊娠している女性の大きな悩みの1つが「つわり」です。人によってその症状には個人差がありますが、吐き気や頭痛、眠気に襲われるなど、場合によっては日常生活にも大きな影響をもたらします。 よって、完全にその症状を除くことは難しいとしても、少しでも軽くなる方法があるなら試してみるべきでしょう。その1つ...
購読はいいねが便利です!
よだれつわりがしんどい!よだれつわりの原因・症状・対策方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠初期(~4カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

妊娠初期(~4カ月)の悩みについて・・・あわせて読みたい

症状は吐き気だけじゃない?5つのつわりの種類
妊娠初期症状の代表格として知られる「つわり」は、妊婦さんの5〜8割が経験すると言われています。有名な症状として吐き気が挙げられますが、実際にはそれ以外にもさまざまな種類があり、人によって症状の種類や程度は異なるようです。 そこで今回は、つわりの種類とそれぞれの対策についてまとめてみました。つわ...
退職後でも出産手当金は貰える?申請方法と計算方法のまとめ
健康保険の保障の一つに「出産手当金」があります。これは、健康保険の被保険者が出産のために仕事を休み、その期間給料を受け取ることができないときに受給できる手当です。 ここだけ見ると再度職場復帰しなければならないように感じますが、実際は、出産を機に職場を退職し、育児に専念する人も必要な条件を満たせ...
はじめての出産で失敗しない産婦人科・産院3つの選び方
はじめての出産を安心して迎えるためには、信頼できる産婦人科・産院を選ぶことがとても大切です。産婦人科選びは、妊娠中・出産はもちろん、その後の子育てや、次の妊娠・出産にまで影響を及ぼすことになります。 では、どのようにすれば自分に合った病院を選ぶことができるでしょうか。ここでは、失敗しない産婦人...
【調査】妊娠中の夫婦間のトラブルとは?奥さんの本音を調査!
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 今回は、妊娠・出産経験をした女性100人に、妊娠中の旦那さんとのトラブルについて聞いてみました。全く喧嘩をしない夫婦の方が少ないとは思いますが、妊娠中となると、やはり奥さんとしては気遣ってほしいと願うものですよね。そのことから、トラブル...
【男性編】夫の職場での妊娠報告の仕方とタイミング
赤ちゃんが授かることは、夫婦にとって、とてもうれしいことで、「すぐにでもこの喜びを周りの人に伝えたい!」と考えるものです。両親はもちろん、親戚や親しい友人など、報告すべき人たちはたくさんいますが、それぞれ報告すべきタイミングは違います。 親戚や親しい友人には、一般的に妊娠4か月後半から妊娠5か...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る