妊婦さんが風しんにかかることのリスクと予防法

風疹

「風しん」は非常に怖い病気です。大人がなるだけでもとても怖いのですが、妊婦さんがこの風しんを患うと、さらに厄介なことになります。今回は、妊婦さんが風しんにかかるリスクと、風しんとはどういったものなのか、そしてその予防方法について見ていきましょう。妊娠前の女性、妊娠を考えている女性、そして妊婦さんに、ぜひ読んでほしい記事です。

風しんってそもそもどんな病気なの?

疑問

まず、「風しんとはどんな病気か」ということについて見ていきましょう。

風しんは、ウイルスによって感染します。「飛沫感染(セキやクシャミなどで移る)」でどんどん人に広がっていきます。2~3週間ほどの潜伏期間を経て表にでてきて、発熱や発疹、リンパ節の腫れなどを引き起こします。とても厄介な病気なのですが、一度かかってしまえば免疫ができるため、二度とかかることはないと言われています。

注意!妊婦さんが風しんにかかった場合、ほかの人がかかるのとはまったく違う症状がでます

妊婦

風しんは、「一度なってしまえば二度とならない病気」であるため、症状自体は強力ではあるものの、それほど恐れなければならない病気ではありません。しかし妊婦さんがこの風しんにかかってしまうと、とても怖いことが起こります。「胎児」に影響がでるからです。

妊娠初期(3カ月以内)の妊婦さんが風しんにかかってしまうと、胎児に先天性の心疾患や白内障がでることがあります。また、3カ月以降の場合でも、難聴になる可能性が高くなります。難聴も、「少し聞こえにくいかな」というような軽い症状ではなく、高度難聴と呼ばれる非常に重い症状になることがあります。

心疾患(特に、動脈管開存症という病気が有名。閉じなければいけない動脈の管が閉じずに、開いたままになってしまう病気)」「白内障(目が濁っていて、ものが見えにくくなる病気)」「難聴」の三大症状のほかにも、低体重で生まれてきてしまったり、血小板が通常よりも少ない状態で生まれてきたりします。また、糖尿病や精神の発達のおくれなどが見られることもあります。

風しんは、特に妊娠初期にかかると怖い病気です。2カ月目までに患ってしまうと、三大症状のすべてを持って生まれてくることも多いと言われています。ただし、妊娠が20週を過ぎるころにかかった場合は、基本的には影響はないと考えられています。

合わせて読みたい

はしかと風疹の違いは?風疹の症状・原因・治療・予防の方法
はしかと風疹の違いは?風疹の症状・原因・治療・予防の方法
「はしか」も「風疹」もよく聞く言葉です。はしかが「麻疹」と書くことから、「この2つは同じもの」「この2つは親戚のような関係だ」と考えてい...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊婦さんが風しんにかかることのリスクと予防法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠初期(~4カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る