30代後半から備えたい高齢出産への心がけ

良ければシェアをお願いします。

30代後半から備えたい高齢出産への心がけ

働く女性が増えた昨今、出産する女性の年齢は高齢化しています。昔に比べ医療も進化したおかげで出産に関する事故は減少し、30代での出産リスクも低くなっている傾向はありますが、それでも20代で出産するより体力的には負担がかかるのは否めません。そこで高齢出産の基礎知識とリスクについて調べてみました。

スポンサーリンク

そもそも何歳からが「高齢出産」なの?

何歳から

日本産婦人科学会では40歳以上での初産は妊娠適齢期である20代と比べてリスクが高いということで、35歳以上の初産婦について「高齢出産」と定義づけていました。しかし現在では差別にあたるということで規定はとくにありません。

とはいえ、実際に妊娠確率を見てみると、35歳を過ぎると20%を切り、40歳では5%、45歳になると1%と確率は落ちていきます。そして流産の割合をみると、20代では15%ほどなのに対し、30代では20%程度、40代では40%と確率が上がるとの統計も。ダウン症の発生率は20代では1000人に1人、30代前半で300人に1人、30代後半では100人に1人の割合とアップするとのデータもあります。

以上のことから考えると、やはり30代後半での妊娠・出産する場合は、20代よりさまざまなトラブルやリスクがあることを想定する必要があることがわかります。

合わせて読みたい

高齢出産の年齢は何歳から?リスクを減らす5つのポイントと嬉しい3つのメリット
「30を過ぎてから結婚をしたので、妊活に取り組むのが遅くなってしまった…」昨今ではそう思っていらっしゃる方も多いかもしれません。 高齢出産とは、日本産科婦人科学会によると35歳以上で出産することを指し、流産や早産、難産の確率が上がるリスクがあると言われています。ですが一方で、若返り効果や精神的...

高齢出産に向けて想定しておくべきリスクは?

リスク

早期流産

老化が原因で起こるのが早期流産です。卵子そのものが35歳を過ぎると老化してしまい、不完全な状態で排卵することが増えてきます。そのため受精したとしてもうまく細胞分裂を繰り返すことができないため流産に至ってしまいます。

どんなに健康的な生活を送っている方であっても、年齢が進むにつれて自然に良質の卵子を生み出す力は弱まってしまいます。このことから、早期流産が発生してしまうのです。

ダウン症の発生率が上がる

老化した不完全な卵子は染色体に異常があることを意味します。染色体に異常があるとお腹の赤ちゃんの成長が止まってしまうか、一部の機能が成長しないまま育ちます。その結果、先天的に障がいを持つ赤ちゃんとして生まれてくることになります。先天性異常とは生まれつき体の代謝、ホルモンの仕組みに異常があることを指し、ダウン症、意識障害、知能障害などの心身トラブルが表れます

妊娠高血圧症候群妊娠糖尿病

昔は妊娠中毒症と呼ばれていた、妊娠高血圧症候群という病気があります。原因は解明されていませんが、体が妊娠にうまく対応できずに症状が現れると考えられています。血圧が高くなる、尿タンパクが出る、むくみがひどいなどの症状が表れ、悪化すると、分娩時に母子共に危険をともなうことがあります。

もともと健康診断等で生活習慣病発病者またはその予備軍と診断されている場合、そこに妊娠で身体に負担がかかると、妊娠糖尿病の発生率が非常に高くなってしまうので注意が必要になります。

高齢出産の場合、微弱陣痛や産道が狭い、硬いなどの理由で出産が長引く可能性が高く、帝王切開を進められることがあります。

合わせて読みたい

高齢出産とダウン症の相関関係とは
「子どもを授かる喜びに年齢は関係ない」とはいえ、高齢出産となれば、様々なリスクの確率が上がるという不安もあるでしょう。そのひとつに、「ダウン症」になるというリスクが挙げられます。ここでは、高齢出産とダウン症の関係性について解説していきたいと思います。ダウン症になる原因、その確率、治療法や出生...

高齢出産のリスクを減らすためにできることは?

リスクヘッジ

定期健診を欠かさずに

高齢出産に限ったことではありませんが、定期的に診察・検査を受けましょう。胎児の健康や発育の観察、母体の健康状態の観察は、妊娠と出産のリスクを低下させるために欠かせません。

高齢出産の場合はとくに妊娠中毒症や妊娠糖尿病などが重い症状として出やすいので、早めの治療や対処をすることが重要です。そのためにも定期健診はかかりつけの医師の指示に従って欠かさずに通うことをおすすめします。

こまめに休息を

高齢出産のケースでは働く女性の割合が高く、過労が妊娠中のトラブルにつながりやすいといわれています。妊娠中は体力が低下しています。

しっかりと休息して体調を整えておかないと、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病、などのリスクが高まります。産休に備えて今まで以上に業務をこなそうとする気持ちを少しおさえて、仕事中もこまめに休息をとり、睡眠もたっぷりとるようにしましょう。

食事は塩分控えめを心がけて

塩分のとりすぎは、むくみや妊娠高血圧症候群を引き起こす原因になります。とくに高齢出産の場合は、これらの症状が出やすいので要注意を。妊娠中の塩分摂取量は10gとされていますが、妊娠高血圧症候群の恐れがある場合は、7~8gに抑える必要があります。

出生前診断」についても夫婦で相談を

夫婦

ここまで見てきたように、高齢出産の場合、障がいを持つ赤ちゃんが生まれる確率が高くなります。そこで生まれる前に障害の有無を調べることができるのが、出生前診断です。

出生前診断での検査結果が陽性であった場合、産むか、産まないか、の選択を迫られることになり、心の葛藤が生じてしまいます。そんなときは夫婦でよく話し合って慎重に決めるようにしてください。

おわりに

高齢であることは人生経験も豊富ということでもあります。若いときの出産と違って、経済的にも精神的にもある程度コントロールできるのが強みです。いろいろなリスクは高まりますが、知識を持っていれば回避することも可能です。また、妊娠して通院するようになると、高齢出産のリスクを抑えるために、ここでご紹介した以外に医師からも厳しい制限や処置の指示があるかもしれません。それも無事、赤ちゃんを迎えるための準備と思って臨んでください。

ピックアップ

40代で出産した人も?高齢出産を経験した芸能人まとめ
女性にとって、仕事や私生活、身体の健康状態を考えると、出産する年齢はとても気になるところ。一般的に、35歳以上の出産は高齢出産と呼ばれ、母体と子どもの身体にとって、リスクが生じる可能性が高いといわれています。 しかし、世の中には高齢出産をしても母子ともに健康で、社会復帰まで果たしている方がいる...
高齢出産だと双子の確率が上がるって本当?
高齢出産だと双子の確率が上がると言われていますが本当のところはどうなのでしょうか。高齢出産とは、35歳を過ぎてからの初産のことを言います。厚生労働省の人口動態調査によると、日本の出生総数は減少しているのに対して、双子以上の多胎児の出生数は横ばい状態を維持し、約40年間で2倍近くなっています。...
不妊の原因は女性だけ?精子と年齢の関係
「赤ちゃんがほしいな」と思ってはいるけれど、なかなか妊娠できない…とお悩みの方は多くいらっしゃるかと思います。出産をするのは女性ですから、つい「妊娠」となると女性に注目してしまいますが、不妊の原因は男性にもあるのです。男性の場合、「無精子症」や「乏精子症」などの病気が不妊の原因として挙げられます...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
30代後半から備えたい高齢出産への心がけ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

妊娠中のトラブルの悩みについて・・・あわせて読みたい

つわり中のげっぷが苦しい!原因の究明と上手な出し方
妊娠中におけるつわりの症状は個人差も大きく千差万別ですが、なかにはげっぷが頻繁に出るようになって悩まされている人も少なくないようです。げっぷはつわりの症状のひとつとして考えられており、特に妊娠初期に多い症状といわれていますが、これに対処する方法はあるのでしょうか。 ここでは、つわり中にげっぷが...
マタニティーブルーなんて言わせない!妊娠中のうつ病の原因と対策
多くの場合、妊娠がわかると、喜びとともに、不安も感じるようです。「マタニティーブルー」は、その不安要素の1つでしょう。しかし、正しい知識があれば、恐れる必要はありません。今回は、妊娠中のマタニティーブルーとは何か、その原因と対策をご紹介します。 マタニティーブルーとは? マタニティー...
風邪の症状と似ている妊娠超初期症状を和らげる4つのコツ
初めての妊娠では戸惑うことがいっぱいですが、その中でも紛らわしいものの1つが「妊娠超初期症状」です。風邪や体調不良と間違うことが多く、もし知らずに薬を飲んでしまうと赤ちゃんへの影響が心配になります。以下では、この妊娠超初期症状とはそもそも何か、その症状を和らげるための4つのコツについてご説明しま...
大きいお腹が原因!妊娠中の体型変化でおこる4つの困ったこと
妊娠中には、経験してみなければわからないことがたくさんあります。しかし、情報を得ておけば、事前に良い心構え、準備ができます。妊娠で大変なのは、つわりだけではありません。お腹が大きくなるにつれ、困ることも増えていきます。 今回は、妊娠中の体型の変化とともに起こる4つの困ったことと、対処法をまとめ...
【調査】妊娠中の夫婦間のトラブルとは?奥さんの本音を調査!
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 今回は、妊娠・出産経験をした女性100人に、妊娠中の旦那さんとのトラブルについて聞いてみました。全く喧嘩をしない夫婦の方が少ないとは思いますが、妊娠中となると、やはり奥さんとしては気遣ってほしいと願うものですよね。そのことから、トラブル...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る