お金がかかるので妊娠検診に行かないママも!それって大丈夫?

スポンサーリンク

妊娠検診
妊娠検査薬で妊娠の反応があり婦人科を受診するも、「妊娠・出産に関する費用は病気ではないので保険が適用できません」と窓口で言われてしまい、そこから病院に行かなくなってしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場合のリスクと、解決方法について調べてみました。妊娠している状態というのは変化の連続で、ずっと同じではありません。安心して次のステップにうつるようにするためにどのような事が必要なのでしょうか。妊娠検診に行かないとどのようなリスクがあるのかについても考えました。

妊娠期間に受けられるお金とサポート

妊娠が分かった時、嬉しさや戸惑いと共に頭をよぎるのは費用の問題という方は多いでしょう。妊娠・出産に関わる公的な補助制度について調べてみました。公的サポートは年々拡充しています。最大限に利用すれば手元に現金がなくても赤ちゃんの状態をきちんと確認できますよ。

まずは最初に母子手帳をもらおう

妊娠が分かったら、まずは母子手帳を自治体でもらいましょう。市役所や出張所などで申請するともらうことが出来ます。申請には予定日等を書く欄がありますが、基本的には公的な証明書などは不要の場合が多いです。念のためご自身の身分証明書は持っていたほうが良いでしょう。赤ちゃんの心拍が取れた頃に受け取るのが一般的です。

妊娠検診は14回まで無料の券がもらえる

現在、多くの自治体で妊娠検診は14回まで無料で受けられるようになりました。母子手帳とともに14回分の無料券がもらえます。この券は助成金額に上限が設けられていますのでその金額をオーバーしてしまった分は実費です。受診前に金額を問い合わせてから行くと良いですね。また、自治体によっては妊婦さんの血液検査や超音波検査を無料で行ってくれるところもありますので窓口で問い合わせてみるよ良いでしょう。

無料券が実費負担なしでつかえるところは?

妊娠検査の費用は病院によってだいぶ幅があります。病院に電話するなどして妊娠検査の費用について問い合わせをしてみましょう。無料券の助成金額以内で検診してくれるところを選ぶことで安心して検診が受けられますね。検査機器などが最新の病院は高い傾向にありますが、通えそうな範囲内で数カ所に電話して比較すると良いでしょう。助産院などは少し安価な場合が多いようで、券ももちろん利用できますので近くにあれば問い合わせてみましょう。

合わせて読みたい

服装は?持ち物は?初めての妊婦健診(妊婦検診)で失敗しない二つのポイント
自宅でできる妊娠検査薬で陽性反応が出て、いざ妊娠検査へ行こう、というときに気になることが、一体どんなことをするのか、妊娠検査の内容や何を...

順調そうだから検診は行かなくても大丈夫?

そもそも妊娠検診はなぜあるのでしょう。妊娠・出産は同じように見えてひとりひとり本当に違うものです。医者がきちんと診ていても予見できないことがあるくらいです。自分の身体とは言え順調かどうかは分からないことで、検診をきちんと受けていれば早い段階で対応策があったという事例も少なくありません。特に妊娠中毒症などは死に至る事もある重篤な症状なので注意が必要です。

血液検査ではどんなことが分かるのか

血液検査で、妊婦自身の病気や隠れている心配な体質もわかります。
お産の前に事前に母体の持病や体質、出産前に治療しておくべき感染症などがわかれば、お産の時に母子ともに安全にお産にのぞむことができます。たかが貧血とはいえ妊娠中に症状が重くなると、お産の時に血が止まらなくなるなどして危険な状態になることもあるのです。妊婦健診できちんと調べていれば、そのような事態を避けるために手を打つことができますが、検診に行っていないとそのような危険性があることすら分かりません。最悪、お産の時に出血多量で最悪の事態になる事も考えられます。そのような事態を引き起こさないためにも、血液検査で妊娠初期、中期、後期などに何度か受ける血液検査は、とても重要な検査といえますね。

初期から後期まで14回も本当に必要なの?

妊娠検診のペースは初期から後期に移行するにつれて頻繁になっていきます。

  • 妊娠初期~23週:4週間に1回
  • 妊娠24~35週:2週間に1回
  • 妊娠36週~出産:1週間に1回

厚生省:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/boshi-hoken13/dl/02.pdf

このようなペースでそれぞれの週数に応じた観点でチェックすべき項目や指導内容が異なります。最初に行ったから後半は行かなくてよい、逆に最初は行かなくとも分娩直前に行けばよい、ということはありませんのできちんと受診することが大切です。例えば妊娠初期であれば子宮外妊娠をしていないか、胎児の心臓がきちんと動いているか、などを一つ一つ確認します。また、正産期前には早産の傾向がないかを毎回チェックしますので、危険があれば赤ちゃんが育ち切る前にお産が始まってしまわない様に対策を講じることができます。受診を怠っていると、このような状態に陥った時に適切な対処ができないので、必ず受診をするようにしましょう。

飛び込み出産はとてもハイリスク

妊娠検診を一度も受けてない場合は分娩の時に初めて病院にかかる、いわゆる「飛び込み出産」になります。病院側だけでなく、産婦さん自身も赤ちゃんについて何も情報が無い状態でお産に臨むことになってしまいます。お産の最中に異常がおこっても、本来あるはずの持病や感染症などの事前情報が全くないため、なにに起因する症状なのかが分からないなどの状況に陥る可能性が高く、大変危険です。万が一母体が感染症に罹患している場合、血液などに触れる医療スタッフも命がけの行為となってしまうわけです。こういった側面から受け入れ先が決まらないなどの事例もあり、飛び込み出産は大変なリスクが伴います。

帝王切開になるリスクも跳ね上がる?

赤ちゃんが逆子の場合、妊婦健診でエコー検査などをきちんと受けていれば事前に発覚するので、出産前までに逆子体操などで頭の位置を変える努力ができたでしょう。しかし、飛び込み出産の場合はそれが叶いません。出産中に赤ちゃんや母体が危険な状態と判断されれば帝王切開になってしまうかもしれません。お腹を切ってしまうと、当たり前ですが、通常の出産と比べて産後の回復が遅くなります。

合わせて読みたい

妊娠が発覚したらまずはじめに行う三つのこと!
初めての妊娠が分かったとき、夫婦で喜び合ってワクワクすることでしょう。赤ちゃんの名前を考えたり、産まれた後の家族の生活をイメージしたりし...
12歳9歳2歳の三兄弟のママです。男三人の子育て楽しんでいます。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
お金がかかるので妊娠検診に行かないママも!それって大丈夫?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠初期(~4カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る