妊婦さんが1日に摂っていい塩分の量ってどれくらい?

良ければシェアをお願いします。

塩

日本人は諸外国に比べて、塩分量の多い食生活をしていると言われています。塩分を摂りすぎることにはさまざまな問題もありますが、妊婦さんの場合は特に意識をしたいものです。妊婦さんが摂取してもよい塩分量についてご紹介します。

スポンサーリンク

現在の基準量と日本人の摂取量

419

実は「1日に摂取する塩分量の目安」というのは一定ではありません。何年かに1度見直しが行われ、その都度、「目安となる基準量」が改訂されます。2015年に行われた見直しでは、1日に摂取してもよい塩分量の基準が改訂されました。2010年のときには、男性は9グラム未満、女性は7.5グラム未満が基準でした。

しかし2015年の改定では、男性は8グラム未満、女性は7グラム未満とされました。日本人は諸外国に比べて、塩分をよく摂取します。2014年の段階では塩分の平均摂取量は10グラムとなっており、基準値をオーバーしています。

ただ、「現在の日本人は塩分を摂り過ぎである」と考えるのは大きな間違いです。多少の上下はあるものの、2003年から10年近く、日本人の塩分摂取量は年々降下していっています。2003年には平均塩分摂取量が11.7グラムだったのが2009年には10.7グラム、そして2014年には10グラムにまでなったのです。

これは多くの人が、「塩分過多は体によくない」ということに気づき始めたからでしょう。

合わせて読みたい

妊娠初期・中期・後期で変わる、正しい食事の取り方
妊娠中に、おなかの赤ちゃんが元気に成長するためには、たくさんの栄養が必要です。ママは日々の食事から、赤ちゃんに必要な栄養素を十分に摂取することがとても大切になります。 妊娠中のママとおなかの赤ちゃんに必要な栄養をしっかりと摂るためには、正しい食生活がかかせません。1日3食の規則正しい食事はもち...

妊娠中の塩分摂取量の目安について

お腹をおさえる女性

それでは、妊婦さんの場合はどうなのでしょうか。

妊婦さんがとってもよい塩分量というのは、やはり年によって多少変わってきます。ただ、一般的には「成人女性の1日の摂取量の目安とほぼ同じくらい」と考えられています。そのため、7グラム前後が望ましいでしょう。

特に「妊娠高血圧症候群だ」と判断された場合は、平均塩分摂取量より少ない1日7グラム以下の摂取量に抑えられるように制限しなければなりません。ただし、極端な塩分節制は逆に体に悪影響を与えるので、適量の水分をとるようにしましょう。

妊娠高血圧症候群とは何か?

むくみ

塩分の摂りすぎが危険要因となる症状の一つとして挙げた「妊娠高血圧症候群」について、もう少し詳しく説明していきましょう。これは妊娠中期以降の母体に見られる症状であり、高血圧やむくみ、あるいは蛋白尿の症状が見られます。蛋白尿やむくみは「高血圧」によってもたらされるものであるため、現在では「高血圧」と判断された妊婦さんが治療を受けることになっています。

妊娠高血圧症候群を患った場合、子どもや母体が危険にさらされることがあるためさまざまな対策が必要になってきます。実は、妊娠高血圧症候群が起きることのメカニズムは、はっきりとはわかっていません。ただ、塩分がそのリスクのうちの一つであるとされています。

また、高年齢や糖尿病などの疾患がある人、肥満、1人目の妊娠であることもリスク要因となります。ただし、極めて低年齢(15歳以下)の場合も、この妊娠高血圧症候群を患う可能性が高くなっています。

妊娠高血圧症候群を患ってしまった場合、子どもの栄養不足や酸素不足が心配されます。また、母体の場合でも、胎盤の早期剥離などが問題になることもあります。妊娠高血圧症候群はとてもリスクの大きい症状ですから、しっかりと防止していくことが必要となってきます。

合わせて読みたい

妊娠中毒症とも呼ばれる「妊娠高血圧症候群」の症状・原因・予防
妊娠高血圧症候群は妊娠20週以降、分娩後12週までに高血圧がみられる場合、もしくは高血圧に蛋白尿を伴う場合に診断される病気です。"症候群"という名前から分かるように、ひとつの症状が現れる疾患ではありません。関連性のあるいくつかの病的症状が現れ、重症になると母子共に危険な状態に陥ることがありま...

塩分を摂らないようにする味付けを心がけよう

すだち料理

ただ、「妊娠高血圧症候群が怖いから塩分を控えたい」と思っても、「どのような食材を使えばいいかわからない」「しょうゆや味噌、塩は調味の基本なのに・・・」と思う人も多いのではないのでしょうか。そんな人におすすめなのが、「酸味を調味料として使う」という調理方法です。

酢やかんきつ類の汁を使って、料理に味をつけます。少量の塩を振って焼き上げた魚に、すだちなどを絞って食べれば、料亭の味に近づけるのでおすすめです。
また、減塩のしょうゆや味噌を使うのも一つの手です。

ダシもうまく使いましょう。コンブダシやカツオブシダシなどは塩分量が比較的低く、その割にはうまみが強いのが特徴です。たとえばタイなども、コンブを敷いた上に薄切りにしたタイを乗せてダシを振りかけてさらにコンブでサンドイッチする・・・という食べ方をすれば、しょうゆや塩がなくても美味しく食べることができます。

なお、市販品のダシのなかには、かなりの塩分量が含まれているものがあるので注意が必要です。市販品を買い求める際は、必ず塩分の量を確認してから購入するように心がけてくださいね。

洋食が好きならば、ローズマリーやタイムといったハーブ類を使いましょう。これらは料理に深みと香りを持たせてくれます。調味料を減らしてもおいしく食べることができるようになるので、ぜひ試してみてください。
また、塩に限らず、調味料は「目分量」で入れてしまうとついつい入れすぎてしまうことが多いもの。レシピがあるものならば、きちんと調味料の量を軽量スプーンで測って入れましょう。

おわりに

塩分を多く摂取することは、母体にとっても胎児にとってもよくありません。神経質になりすぎる必要はありませんが、生まれてくる赤ちゃんやあなた自身のために一度食生活を見直してみるとよいでしょう。

ピックアップ

逆子にも種類がある?なりやすい時期と原因とリスク
逆子と聞くと、出産時に危険を伴うイメージを持つ方が多いでしょう。できるだけ逆子は避けたいと願っていても、妊娠後期になって一度は逆子と診断される妊婦さんは意外とたくさんいます。そうなった時に大きなショックを受けることがないように、逆子についての基礎知識を持っておくとよいでしょう。 そこで今回は、...
妊婦さんにおすすめな「シムスの体位」と仰臥位低血圧症候群を防ぐ寝方
妊娠中はホルモンバランスの変化や胎動により、通常よりも眠りが浅くなる時期。眠りたいのに眠れないということが毎日続くと、疲れたりイライラしたりしてしまう妊婦さんも多いことでしょう。お腹が大きくなってきても以前と同じ慣れたスタイルで寝ていると、恐ろしい病気を引き起こす危険性もあります。 そこで、妊...
高齢出産だと双子の確率が上がるって本当?
高齢出産だと双子の確率が上がると言われていますが本当のところはどうなのでしょうか。高齢出産とは、35歳を過ぎてからの初産のことを言います。厚生労働省の人口動態調査によると、日本の出生総数は減少しているのに対して、双子以上の多胎児の出生数は横ばい状態を維持し、約40年間で2倍近くなっています。...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
妊婦さんが1日に摂っていい塩分の量ってどれくらい?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中期(5カ月~7カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

妊娠中期(5~7ヶ月)の悩みについて・・・あわせて読みたい

妊娠中の旅行はいつまで平気?気をつけておきたい3つのこと
妊娠中ずっと家にいてばかりだとストレスが溜まり、気晴らしがしたくなります。ただ、妊娠中の旅行はママの体や赤ちゃんに負担をかけてしまうのではないかと心配なことも多いです。 確かに環境が変わると普段より疲れが溜まりやすくなるため、妊婦さんは特に体調に気をつけなければなりません。ですが、万全の体調で...
女の子or男の子?赤ちゃんの性別が判断できるのはいつ?
妊娠してまず気になることは、赤ちゃんの性別ではないでしょうか。昔は妊娠中に性別を判断する術がなかったため、お腹の形や母体の顔つきの変化などで推測するしかありませんでした。しかし、近年は超音波機器の発達により、妊娠中に赤ちゃんの性別を判定することができるようになったのです。では、実際にいつ頃から性...
胎動はいつから?さまざまな胎動の種類について
胎動を感じ始めると、お母さんになる喜びを実感するという声をよく耳にします。胎動は新しい命からお母さんへのメッセージなため、妊娠すると「早く胎動を感じたい」と胎動を心待ちにする方が非常に多いです。 そこで今回は、胎動はいつからわかるのか、どのような種類があるのかなど、胎動に関する基本知識をまとめ...
安定期とはいつからいつまで?知っておきたい4つのこと
「安定期」という言葉は、妊娠中は耳にする機会の多い言葉だと思いますが、「安定期」についてよくご存じの方は案外少ないのではないでしょうか。「妊娠何ヶ月目から何ヶ月までを安定期と呼ぶのか」など、なかなか知識を得られる機会の少ない「安定期」について、詳しく知っておきたい4つのことをご紹介します。 ...
子癇発作ってなに?原因・症状・治療法まとめ
体にさまざまな変化が起こる妊娠中の病気として「子癇発作」があります。場合によっては命にかかわる症状もあるとても恐ろしい病気です。それらの症状が「いったいどんなもので」「どんなことが原因で起きて」「どんな症状になって」「そしてどんな治療方法があるのか」を知っておくことで、冷静に慌てずに対処でき...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る