【医師監修】母体&胎児にも現れる産科合併症の種類と予防方法

監修医師プロフィール:清水なほみ 先生のイラスト 清水なほみ 先生

2001年広島大学医学部医学科卒業、広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業。

日本産科婦人科学会専門医、日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー。女性医療ネットワーク発起人・NPO法人ティーンズサポート理事長。

日本産婦人科学会専門医で、現在はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。病院に行きづらいという患者さんの悩みを、現役医師の知識を活かしてサポートします。

http://www.vivalita.com/staff.html


産科合併症

「産科合併症」とは、妊娠する前は健康だったのに、妊娠したことで発症する、母体や胎児に起こる異常のことです。ほとんどは、出産とともに軽くなったり、治ったりしますが、母体はもちろん、胎児にも影響を及ぼすことがありますので、注意が必要です。予防できないものもありますが、食生活の改善や運動を取り入れるなど、少し努力すれば予防で、悪化を防ぐことができるものもありますので、主治医と相談しながら取り組めることもあります。

妊娠後期になりやすい「妊娠高血圧症候群」

妊婦の貧血
妊娠高血圧症候群とは、妊娠中に何かの原因で高血圧になってしまい、それが原因で尿たんぱくや血管障害、臓器に異常を発症して、母体や胎児に悪影響を及ぼすものです。妊娠20週以降から分娩後12週間まで症状が出る可能性があります。

妊娠高血圧症候群って、どんな症状なの

妊娠の後期に出やすい症状で、高血圧の他に、頭痛やめまい、疲れやすくなるなど倦怠感を抱く人もいます。少しずつ血圧が上がってきて、「むくみ」が出てくると、妊娠高血圧症候群が疑われます。特に、尿たんぱくが出るようになるなど、ただの「むくみ」とは違うので、定期検診で分かることが多いようです。

妊娠高血圧症候群はどんな治療をするの

妊娠高血圧症候群の治療は、妊婦さんの症状によって異なります。症状が軽度で、緊急を必要としない場合には、妊婦さんは安静にして、食事療法を行うのが一般的です。高血圧になりやすいといわれている、塩分やたんぱく質の摂取はカロリーを決めて控え、食事療法と合わせて薬を投与しながら様子を見ます。重症と判断された場合は、入院して母体の状況を見ながら、帝王切開や早期分娩の判断が下される場合もあります。

妊娠高血圧症候群を予防するために

妊娠前は血圧も正常で、高血圧とは無縁の健康だった人でも、妊娠すると急に体調が変わってしまうことがあります。一般的には、食べ過ぎと塩分の取り過ぎによって妊娠高血圧症候群になりやすいといわれていますが、極端に摂取を控えるのも、危険を伴います。妊娠高血圧症候群だと診断されたら、主治医や保健師さんなどと相談しながら、身体に合った食事や運動を心がけましょう。

合わせて読みたい

40歳以上で肥満気味の妊婦さんが合併症にならないためにやるべき3カ条!
40歳以上で肥満気味の妊婦さんが合併症にならないためにやるべき3カ条!
妊娠年齢が高くなるほど、流産の危険性や赤ちゃんの染色体異常などの、さまざまなリスクが増えてくると言われています。特に、40歳以上の高齢妊...

妊娠の影響による糖代謝異常「妊娠糖尿病」

妊娠糖尿病
妊娠糖尿病は、発症率12%といわれ、妊娠前までは糖尿病とは全く縁のなかった人でも、妊娠してから糖尿病を発症するケースもあります。妊娠糖尿病は、産後も引き続き糖尿病に移行することがあるので、十分な注意が必要です。

妊娠糖尿病って、どんな症状なの?

妊娠糖尿病とは、妊娠中に、妊娠の影響で発症する、糖代謝の異常のことです。妊娠する前から糖尿病を患っていた人が妊娠した場合の「糖尿病合併妊娠」とは区別して考えられます。母体は、妊娠によりブドウ糖を栄養として胎児に流すため、ブドウ糖を分解しにくくなっています。そこへ、糖分の多い甘いものや炭水化物を多量に摂取することで、血糖値が急激に上昇してしまうのが原因です。

妊娠糖尿病ってどんな人がなりやすいの?

発症率12%と高い確率で発症する妊娠糖尿病ですが、なりやすい傾向をチェックすることができます。妊娠する前から太り気味だった人、妊娠してから急激に体重が増加した人は要注意です。また、両親のどちらかが糖尿病や、以前に4キロ以上の赤ちゃんを産んだことがある場合も、妊娠糖尿病になる確率が高いとされています。

妊娠糖尿病を予防する方法が知りたい

血糖値が少し高いからといって、すぐに妊娠糖尿病と診断されるわけではありません。妊婦検診の際、少し疑わしい数値が出た人は、予防を心がけていきたいですね。規則正しい生活と、食事の栄養バランス、体重の管理が大切です。適度な運動をすることで、健康管理もできますし、お産のときの体力作りにも役立ちます。軽くウオーキングをしたり、ヨガやティラピスなど楽しんだり、できることから始めてみるとよいでしょう。

合わせて読みたい

なぜ生まれない?42週を超えた過期産に生まれる赤ちゃんのリスクと母体の影響
なぜ生まれない?42週を超えた過期産に生まれる赤ちゃんのリスクと母体の影響
出産予定日というのは目安なので、その日に赤ちゃんが生まれないからといって焦ることはありません。でも予定日を過ぎたらやっぱり心配になります...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
【医師監修】母体&胎児にも現れる産科合併症の種類と予防方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る