良ければシェアをお願いします。

早産のリスクも!?妊娠中の口腔トラブルに要注意

良ければシェアをお願いします。

歯の治療

妊娠によって女性ホルモンが増え、身体が変化したり、食生活のパターンが変化したりすると口内環境も変化し、唾液の分泌が低下してしまいます。その結果、歯や歯ぐきのトラブルも起こりやすくなります。「妊娠すると歯周病になりやすい」「出産すると歯が悪くなる」などの声も多くきかれます。

お母さんが虫歯になると、赤ちゃんが虫歯になってしまうリスクも高まるため、妊娠中は適切なオーラルケアをして口内トラブルを予防することがとても大切になります。妊娠中の口腔トラブルをいかに注意するかについて、ご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中に起こりやすい口腔トラブル「歯周病」

歯周病

妊婦さんによくみられるのが歯肉炎や歯周炎などの歯周病です。妊娠により女性ホルモンが急激に増加すると、歯周病原性細菌も増殖しやすくなります。
また、唾液の粘性が高まって歯肉の炎症や出血が起こりやすくなります。さらに、つわりや間食によって、歯磨きがきちんと行えないと口腔内が不潔になり、歯肉炎や歯周炎になるリスクも高くなってしまいます。

歯周病を持つ妊婦は、そうでない妊婦に比べて約5倍もになりやすいというデータもあります。歯周病が進行した妊婦はそうでない妊婦に比べて早産や低体重児を出産する確率が7倍高くなるという研究結報告もあるため、妊娠中の歯周病には特に注意が必要です。

合わせて読みたい

切迫流産と切迫早産の違いってなに?時期や症状は?
「赤ちゃんは十月十日で産まれてくる」と昔から言われているように、およそ10ヶ月の間母体の中で育つことが理想的であると考えられています。しかし、何らかの理由によって切迫流産や切迫早産と診断されてしまうことがあります。気づく時期が遅いと流産や早産を食い止められない場合もあるため、早い段階で対処するこ...

妊娠中の虫歯

妊婦

妊娠中は虫歯にも注意する必要があります。よく「妊娠すると虫歯が増える」と言われますが、実際にそのような証拠はなく、妊娠と虫歯には直接の関連はありません。
しかし、つわりや間食によって歯磨きなどがきちんと行えないと、口腔内が不潔になってしまいます。さらに、女性ホルモンの増加によって唾液の性状が変化するため、虫歯になりやすい状況を招きやすいのです。

妊娠3か月以降になると歯ぐきに良性の腫瘤ができることがあります。これは強い赤みを帯びた出血しやすい「できもの」で、分娩とともに小さくなり自然消失する場合もあります。この原因としては、機械的刺激と感染による炎症性刺激に加え、妊娠による女性ホルモンの変化が大きいと考えられています。

妊娠中は虫歯や歯周病にかかりやすいことを自覚し、普段以上に気を付けることが必要です。食後の歯磨きをこまめにするように心がけたり、つわりのときはできるだけ気分の良いときに歯磨きをしたり、どうしても磨けない場合はうがいだけでもするなど口腔環境を良く保つことに気を配ることが大切です。

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
早産のリスクも!?妊娠中の口腔トラブルに要注意
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る