早産のリスクも!?妊娠中の口腔トラブルに要注意

良ければシェアをお願いします。

歯の治療

妊娠によって女性ホルモンが増え、身体が変化したり、食生活のパターンが変化したりすると口内環境も変化し、唾液の分泌が低下してしまいます。その結果、歯や歯ぐきのトラブルも起こりやすくなります。「妊娠すると歯周病になりやすい」「出産すると歯が悪くなる」などの声も多くきかれます。

お母さんが虫歯になると、赤ちゃんが虫歯になってしまうリスクも高まるため、妊娠中は適切なオーラルケアをして口内トラブルを予防することがとても大切になります。妊娠中の口腔トラブルをいかに注意するかについて、ご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中に起こりやすい口腔トラブル「歯周病」

歯周病

妊婦さんによくみられるのが歯肉炎や歯周炎などの歯周病です。妊娠により女性ホルモンが急激に増加すると、歯周病原性細菌も増殖しやすくなります。
また、唾液の粘性が高まって歯肉の炎症や出血が起こりやすくなります。さらに、つわりや間食によって、歯磨きがきちんと行えないと口腔内が不潔になり、歯肉炎や歯周炎になるリスクも高くなってしまいます。

歯周病を持つ妊婦は、そうでない妊婦に比べて約5倍もになりやすいというデータもあります。歯周病が進行した妊婦はそうでない妊婦に比べて早産や低体重児を出産する確率が7倍高くなるという研究結報告もあるため、妊娠中の歯周病には特に注意が必要です。

合わせて読みたい

切迫流産と切迫早産の違いってなに?時期や症状は?
「赤ちゃんは十月十日で産まれてくる」と昔から言われているように、およそ10ヶ月の間母体の中で育つことが理想的であると考えられています。しかし、何らかの理由によって切迫流産や切迫早産と診断されてしまうことがあります。気づく時期が遅いと流産や早産を食い止められない場合もあるため、早い段階で対処するこ...

妊娠中の虫歯

妊婦

妊娠中は虫歯にも注意する必要があります。よく「妊娠すると虫歯が増える」と言われますが、実際にそのような証拠はなく、妊娠と虫歯には直接の関連はありません。
しかし、つわりや間食によって歯磨きなどがきちんと行えないと、口腔内が不潔になってしまいます。さらに、女性ホルモンの増加によって唾液の性状が変化するため、虫歯になりやすい状況を招きやすいのです。

妊娠3か月以降になると歯ぐきに良性の腫瘤ができることがあります。これは強い赤みを帯びた出血しやすい「できもの」で、分娩とともに小さくなり自然消失する場合もあります。この原因としては、機械的刺激と感染による炎症性刺激に加え、妊娠による女性ホルモンの変化が大きいと考えられています。

妊娠中は虫歯や歯周病にかかりやすいことを自覚し、普段以上に気を付けることが必要です。食後の歯磨きをこまめにするように心がけたり、つわりのときはできるだけ気分の良いときに歯磨きをしたり、どうしても磨けない場合はうがいだけでもするなど口腔環境を良く保つことに気を配ることが大切です。

妊娠中に歯の治療をしてもいいの?

虫歯

妊娠中で歯の治療ができない時期は基本的にありません。お母さんと赤ちゃんの状態に応じてそれぞれの時期(前期・中期・後期)ごとに歯科治療の留意点についておさえておきましょう。

妊娠前期(1~4ヶ月)

この時期は妊娠中で一番不安定な時期です。そのため、痛みを取り除くことを目的とした治療だけにしておくのがよいでしょう。

また、妊娠がまだ確定しておらず、可能性があるという場合でも、前もって歯科医師に伝えておくことも大切です。母子健康手帳を持っている場合には歯科医師に提示して、産婦人科医から注意を受けている項目があればきちんと歯科医師にも伝えましょう。

妊娠中期(5~7ヶ月)

この時期は胎児、母体ともに最も安定している時期です。抜歯などについてもほぼ問題ありませんが、不安ならば出産後にしたほうがよいでしょう。ただし、お薬の服用については注意しなければなりませんので、歯科医師や産婦人科医師とも相談してください。

妊娠後期(8~10ヶ月)

この時期になると、子宮底があがり、心臓や肺も圧迫されてくるため、動悸や息切れが起こります。歯科治療については特に問題なく行うことができますが、治療中に同じ姿勢を長時間とっていると腹部を圧迫してしまい、苦しくなったりすることもあるので、歯科医師と相談して治療を進めていきましょう。

合わせて読みたい

早産の一歩手前?切迫早産を引き起こす4つの原因
正期産と呼ばれる妊娠37週~42週頃まで、赤ちゃんはお腹の中で育つことは理想的であると言われています。しかし、何らかの原因によりそれ以前に赤ちゃんが生まれてしまう「早産」や、生まれそうな状態になる「切迫早産」になる妊婦さんもいます。 今回は、切迫早産はなぜ引き起こされてしまうのか、その原因につ...

妊娠中の歯科治療、赤ちゃんへの影響は?

赤ちゃん

歯科治療の際にレントゲン撮影をすることも多いかと思います。妊娠中のレントゲン撮影は胎児が被ばくして悪影響を及ぼすのではないか、と心配される方も多いですが、歯科のレントゲン撮影での被ばく量はごくごく微量なものですし、照射部位も子宮から離れているので過度に心配する必要はありません。妊娠していることを伝えて防護用エプロンを着用すればさらに安心です。

また、歯科治療時の麻酔の使用についてですが、通常の歯科治療に用いられる麻酔は局所麻酔で、しかも使用量もわずかです。局所で分解されてしまうので胎児に影響することはありません。むしろ、痛みをがまんして治療することの方が母体にも胎児にもストレスになりますので、に入っていれば適切に麻酔を使用して治療をしたほうがよいでしょう。

ただし、以前に歯科麻酔薬でトラブルがあったり、効きが悪くて多量に使ったことがあったりする方は歯科医師とよく相談してください。どうしても妊娠中に治療しなくてはいけない場合以外は、出産後に安心して治療に取り組む方がよい場合もあります。

また、お薬の服用に関しては、妊娠初期はできるだけ避けたほうがよいでしょう。中期以降であれば、歯科治療で処方される薬剤は妊娠中でも安全に使用できる薬剤が選ばれていることがほとんどです。それでも不安や心配があれば、遠慮せずに歯科医師や薬剤師さん、産婦人科の医師に相談しましょう。

おわりに

歯の痛みや治療自体が、妊娠やおなかの中の赤ちゃんに極端な悪影響を与えることは少ないですが、痛みや治療のストレスは妊婦さんにも赤ちゃんにも決してよいものではありません。妊娠中はいつも以上に体調に気を付ける方がほとんどだと思いますが、見落としがちな歯のケアも、普段よりも気を付けていきましょう。

ピックアップ

本当は怖い?食べつわりの注意点と4つの対策術
妊娠中のつわりは、人によってさまざまですが、症状が重い人には本当に大変です。吐きつわりもかなり苦しいですが、食べつわりもきちんと対策を練っていないと、怖いことになります。太るのが怖いし、かといって食べないと気持ち悪いしと、悪循環にはまってしまう人も多いでしょう。場合によっては、胎児に影響が出るこ...
産後に便秘になる原因は?4つの解消法をご紹介!
妊娠出産に関わらず、便秘で悩む人は多いもの。特に女性は男性に比べて便秘になりやすいと言われています。母乳中は便秘薬を飲むのにも抵抗がある人は多いはず。そんなママたちのために今回は日々の生活で取り入れられる解消法をご紹介いたします! そもそも、どうして産後に便秘になるのか? まずは、「そも...
症状は吐き気だけじゃない?5つのつわりの種類
妊娠初期症状の代表格として知られる「つわり」は、妊婦さんの5〜8割が経験すると言われています。有名な症状として吐き気が挙げられますが、実際にはそれ以外にもさまざまな種類があり、人によって症状の種類や程度は異なるようです。 そこで今回は、つわりの種類とそれぞれの対策についてまとめてみました。つわ...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
早産のリスクも!?妊娠中の口腔トラブルに要注意
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る