【医師監修】妊娠中も変化するおりもの 時期ごとの気になる症状とは

監修医師プロフィール:清水なほみ 先生のイラスト 清水なほみ 先生

2001年広島大学医学部医学科卒業、広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業。

日本産科婦人科学会専門医、日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー。女性医療ネットワーク発起人・NPO法人ティーンズサポート理事長。

日本産婦人科学会専門医で、現在はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。病院に行きづらいという患者さんの悩みを、現役医師の知識を活かしてサポートします。

http://www.vivalita.com/staff.html


注意深く見る女性
妊娠中には、さまざまな体の変化が訪れます。その中でも特に気になることの一つが「おりもの」です。おりものの変化で妊娠がわかった、という方もいるほど妊娠初期は大きな変化があるようですが、妊娠中も引き続きおりものは変化していきます。
そこで今回は、妊娠中のおりものが時期ごとにどのように変化していくのかまとめてみました。注意すべき、異常なおりものの状態にも注目しながら、見ていきましょう。

妊娠初期のおりもの

サラサラ
妊娠初期には、おりものの量が増えたと感じる方が多いようです。女性ホルモンであるプロゲステロンやエストロゲンの分泌が活発になり、その影響でおりものの量が増えるのです。これらのホルモンは、妊娠を持続させるために子宮を大きくしたり、乳腺を発達させて母乳を作る準備をしたりなど、出産にあたって大変重要な役割を持っていると言えるでしょう。

おりものは通常ドロッと粘り気がある状態ですが、妊娠初期のおりものはなめらかです。色も特徴的で、妊娠していないときは透明か白っぽいおりものであることが多いですが、妊娠すると乳白色〜クリーム色というように色が濃くなる方が多いです。においはほとんどありません。おりものの量が増え、なめらかで、全体的に色が濃くなったと感じたら、妊娠の可能性を考えてよいでしょう。
妊娠初期に、茶色いおりものが出る場合もあります。妊娠初期の出血である可能性が考えられますが、そのほかの不正出血の原因がないとも限りません。子宮頸がん検診やクラミジア検査を受けていなければ、放置せず検査を受けるようにしましょう。

妊娠初期のおりもので注意すべきこと

ピンクや赤いおりものには要注意です。茶色い場合は出血後時間がたって出てきていますが、ピンクや赤の場合は出血後すぐにおりものに混ざって出てきていることを意味します。産婦人科の内診の影響で少量出血することもありますし、胎盤が剝がれてその部分から出血し、おりものに混ざって出てくることもあるため一概に危険な状態とは言えません。しかし、場合によっては流産や切迫早産の可能性もあります。ピンクや赤いおりものが見られた場合は、自己判断をせずにすぐに病院を受診するようにしましょう。

合わせて読みたい

おりものの変化を敏感に察知!妊娠を見分ける四つの兆候
おりものの変化を敏感に察知!妊娠を見分ける四つの兆候
妊娠すると、おりものに変化が見られることが多いです。そのため、おりものがいつもと違うことで妊娠に気づいたという方はたくさんいます。しかし...

妊娠中期のおりもの

鼻をつまむ女性
妊娠中期は、初期にも増しておりものの量が増加します。これは、膣からばい菌が入って感染症を引き起こさないようにするために、女性ホルモンが活発に働いてお腹の赤ちゃんを守っている証拠です。
妊娠中期のおりものも、初期と同様に乳白色〜クリーム色をしています。甘酸っぱいようなにおいがある場合が多いですが異常ではないことがほとんどなので、おりものシートなど使わず通気性を良くして様子をみましょう。

妊娠中期のおりもので注意すべきこと

おりものの量が増えることは正常な状態ですが、あまりにも量が多く水っぽい場合は、破水してしまっている可能性もあります。おりものシートの許容範囲を超えてしまうほどの量が出ている場合は、すぐに病院を受診して診てもらいましょう。

妊娠中は膣内の酸性度が低下することによって自浄作用が弱まるため、感染症やさまざまな炎症が起こりやすいと言われています。例えば、おりものが緑っぽい色をしている場合は、細菌による感染症の疑いがあります。様子を見ているうちに自然と治る場合もありますが、自浄作用の低下により長引くことも多いでしょう。病院で殺菌する治療をしてもらったり、膣内に錠剤を入れてもらったりすることでよくなるケースが多く見られます。妊娠中期になりやすい症状として、カンジダも挙げられます。これは膣内の自浄作用が弱まることでなりやすい症状で、カッテージチーズやヨーグルトのようなおりものの変化が特徴です。この場合も膣内に錠剤を入れる治療法が一般的です。

合わせて読みたい

【医師監修】早産の一歩手前?切迫早産を引き起こす四つの原因
【医師監修】早産の一歩手前?切迫早産を引き起こす四つの原因
正期産と呼ばれる妊娠37週までは、赤ちゃんはお腹の中で育つことが理想的であると言われています。しかし、何らかの原因によりそれ以前に赤...
20代。B型。既婚。 一児の母。妊娠・出産に無知だったため、妊娠中は体重が23kgも増加、妊娠線もたくさんできました。 妊娠中に後悔した経験を活かし、妊娠中の注意点、妊娠中に必要な基礎知識の記事を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【医師監修】妊娠中も変化するおりもの 時期ごとの気になる症状とは
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る