妊娠中も変化するおりもの 時期ごとの気になる症状とは

良ければシェアをお願いします。

注意深く見る女性

妊娠中には、さまざまな体の変化が訪れます。その中でも特に気になることの1つが「おりもの」です。妊娠をおりもので知った、という方もいるほど妊娠初期は大きな変化があるようですが、妊娠中も引き続きおりものは変化していきます。

そこで今回は、妊娠中のおりものが時期ごとにどのように変化していくのかまとめてみました。注意すべき異常なおりものの状態にも注目しながら、見ていきましょう。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

妊娠初期のおりもの

サラサラ

妊娠初期には、おりものの量が増えたと感じる方が多いようです。女性ホルモンであるプロゲステロンやエストロゲンの分泌が活発になり、その影響でおりものの量が増えるのです。これらのホルモンは、妊娠を持続させるために子宮を大きくしたり、乳腺を発達させて母乳を作る準備をしたりなど、出産にあたって大変重要な役割を持っていると言えるでしょう。

おりものは通常ドロッと粘り気がある状態ですが、妊娠初期のおりものはサラサラとしています。色も特徴的で、妊娠していないときは透明か白っぽいおりものであることが多いですが、妊娠すると乳白色〜クリーム色というように色が濃くなる方が多いです。においはほとんどありません。おりものの量が増え、サラサラとしていて、全体的に色が濃くなったと感じたら、妊娠の可能性を考えてよいでしょう。

妊娠初期に、茶色いおりものが出る場合もいます。色が濃いと不安になりますが、妊娠による体の変化で茶色いおりものが出ることはよくあるため、特に心配する必要はありません。過去に何らかの影響で出血したものが、時間を経ておりものに混ざって茶色くなっていると考えられます。

注意すべきこと

ピンクや赤いおりものには要注意です。茶色い場合は出血後時間が経って出てきていますが、ピンクや赤の場合は出血後すぐにおりものに混ざって出てきていることを意味します。産婦人科の内診の影響で少量出血することもありますし、胎盤が剥がれてその部分から出血し、おりものに混ざって出てくることもあるため一概に危険な状態とは言えません。しかし、場合によっては流産切迫早産の可能性もあります。ピンクや赤いおりものが見られた場合は、自己判断をせずにすぐに病院を受診するようにしましょう。

合わせて読みたい

おりものの変化を敏感に察知!妊娠を見分ける4つの兆候
妊娠すると、おりものに変化が見られることが多いです。そのため、おりものがいつもと違うことで妊娠に気づいたという方はたくさんいます。しかし、おりものは女性にとってデリケートなことですから、誰かに相談したり聞いたりすることはなかなか難しいでしょう。そこで今回は、おりもので妊娠を見分ける4つの兆候につ...

妊娠中期のおりもの

鼻をつまむ女性

妊娠中期は、初期にも増しておりものの量が増加します。これは、膣からばい菌が入って感染症を引き起こさないようにするために、女性ホルモンが活発に働いてお腹の赤ちゃんを守っている証拠です。

妊娠中期のおりものも、初期と同様に乳白色〜クリーム色をしています。甘酸っぱいようなにおいがある場合が多いため、おりものシートをこまめに交換して常に清潔な状態を保つようにしましょう。

注意すべきこと

おりものの量が増えることは正常な状態ですが、あまりにも量が多く水っぽい場合は、破水してしまっている可能性もあります。おりものシートの許容範囲を超えてしまうほどの量が出ている場合は、すぐに病院を受診して診てもらいましょう。

妊娠中は膣内の酸性度が低下することによって自浄作用が弱まるため、感染症やさまざまな炎症が起こりやすいと言われています。例えば、おりものが緑っぽい色をしている場合は、細菌による感染症の疑いがあります。様子を見ているうちに自然と治る場合もありますが、自浄作用の低下により長引くことも多いでしょう。病院で殺菌する治療をしてもらったり、膣内に錠剤を入れてもらったりすることでよくなるケースが多く見られます。妊娠中期になりやすい症状として、カンジダも挙げられます。これは膣内の自浄作用が弱まることでなりやすい症状で、カッテージチーズやヨーグルトのようなおりものへの変化が特徴です。この場合も膣内に錠剤を入れる治療法が一般的です。

合わせて読みたい

早産の一歩手前?切迫早産を引き起こす4つの原因
正期産と呼ばれる妊娠37週~42週頃まで、赤ちゃんはお腹の中で育つことは理想的であると言われています。しかし、何らかの原因によりそれ以前に赤ちゃんが生まれてしまう「早産」や、生まれそうな状態になる「切迫早産」になる妊婦さんもいます。 今回は、切迫早産はなぜ引き起こされてしまうのか、その原因につ...

妊娠後期のおりもの

驚く女性

妊娠後期になり出産が近づいてくると、さらにおりものの量は増えます。これは、赤ちゃんが無事に産道を通り抜けて生まれてくることができるよう、潤滑油の役割も果たしているからだと言われています。

色はさらに濃くなり、黄色っぽくなってきます。ゼリー状の粘り気が強いおりものが出る場合もあれば、水っぽい状態のおりものが出る場合もあります。破水と見分けがつきにくいこともあるため、おりものの状態には注意して過ごすようにしましょう。

注意すべきこと

おりものに血が混ざっていたり、茶色かったりする場合は「おしるし」である可能性もあります。出産が近づいているサインのため、外出を控えたり荷物をまとめたりなど、いつでも病院に向かえる準備をしておきましょう。

スポンサーリンク

おわりに

今回は、妊娠の時期ごとに変化するおりものの特徴についてご紹介しました。おりものは、体の状態を表すシグナルと言われるほど、大切な存在です。妊娠による正常な変化なのか、それとも異常な状態なのかを自分で判断することが難しい場合には、病院で確認することをおすすめします。また、妊娠中はおりものの量が多くなるため、できるだけおりものシートをこまめに取り替えて清潔な状態を保つことを心掛けましょう。

ピックアップ

【調査】妊娠中に気をつけたい感染症!妊婦さんが体験したその症状とは?
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 妊婦さんが気をつけなければいけないこと・・・食事や健康などがあげられると思いますが、特に気をきけておきたいことは、感染症の予防をするということです。今回はそのことからも、出産経験がある女性100人の方々に、妊娠中に感染症を引き起こしたこ...
妊娠中に気をつけるべき4つの病気とその予防対策とは?
妊娠をすると、ホルモンバランスの変化などにより、体調が不安定になります。そのため、普段ならすぐに治ってしまうような病気でも、重い症状になってしまい、赤ちゃんにまで影響を及ぼしてしまうこともあります。妊娠中にどのような病気に気をつければよいか?正しい知識をもって、正しく対策することが大切です。今回...
【調査】その症状はみんな一緒?妊娠中に1番辛いと感じた体のトラブルについて
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 今回のテーマは「妊娠中に1番辛いと感じた体の症状」について。妊娠の初期に起こるとされる「つわり」は、妊婦さんでなくとも、意外と知られている言葉ですが、妊婦さんの誰しもが起こるものとは限りません。つわり以外にも、様々な症状に悩まされた妊婦...
22歳。B型。既婚。
現在妊娠9ヶ月。妊娠中の食欲が増す、太りやすくなるを完全になめきっていたため、妊娠前とくらべて20kg近く体重が増加しました。
妊娠の経験を活かし、妊娠中の注意点、妊娠中に必要な基礎知識の記事を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠中も変化するおりもの 時期ごとの気になる症状とは
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る