妊婦さんがなりやすい恥骨痛って?原因と3つの対処法

良ければシェアをお願いします。

腰痛

妊娠をすると、体にさまざまな変化が起きます。その変化のなかには、「痛み」をもたらすものもあります。もちろん個人差があるのですが、人にとっては、下半身の痛みに悩まされることもあるでしょう。
今回は、そんな下半身の痛みのなかから、「恥骨痛」を取り上げます。

スポンサーリンク

恥骨痛とはどんなものか

足のマッサージ

恥骨痛(ちこつつう)とは、下半身の恥骨の部分に感じる痛みを言います。

恥骨はちょうど股の上の当たりに存在する骨であり、骨盤の骨のなかの一つです。「恥骨痛」という名前がついていますが、実際には骨自体が痛んでいるわけではありません。恥骨に限らず、他の部分であっても、骨自体は痛覚を持ちえないからです。ただし、その周りの筋肉などには痛みが生じることがあります。

恥骨痛は、妊婦だけでなく、足の力を多く使うスポーツをしている人にも生じます。また、本来ならば体をケアしてけがを起こさないようにする効果のあるストレッチのさなかにおいても、無理な力を股関節にかけることで起きてしまう場合もあります。さらには、極端に悪い姿勢によっても恥骨痛が起きる場合もあります。

合わせて読みたい

ヘルニアの症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
ヘルニアについて 物を持ち上げたときに、突然腰に激しい痛みが…ということはありませんか?急な腰痛のときには、安静にして無理に動かないことが大切です。ただし足のほうに響くような痛みやしびれなどを感じる場合には、椎間板ヘルニアの可能性があります。 椎間板ヘルニアとは、背骨の腰部の椎骨と椎...

妊娠と恥骨痛の関係

臨月

妊娠をした状態の場合、今までにはなかった大きいお腹の「負荷」をその身にかかえることになります。胎児は日に日に成長していき、重みを増していくことでしょう。骨盤自体も開いていくのですが、その結合部分にあたる恥骨にも今までにはなかった衝撃や負担が加わることになります。

また、出産時に子どもが通りやすくなるように、と体が変化していくなかで、靭帯が少し緩みます。内臓を支えるための筋肉にさまざまな重みが加わるため、これが原因となって恥骨痛が起きることもあります。

このようなメカニズムをとるため、恥骨痛が起きるのは、胎児が大きくなってきた妊娠9カ月当たりからだと言われています。そのまま出産まで痛みが続くことが多いようです。もっともこれも人によって差があります。もともと骨盤~股関節の弱い人の場合は、妊娠初期の段階で痛みが生じることもあります。

恥骨痛の場合、その痛みは一定ではありません。強弱は人によって実にさまざまです。動くことそのものが難しくなって寝たきり状態になってしまう人から、「少し痛むな」という程度にとどまる人もいます。

「重さ」を伴ったズキズキするような痛みや、針で細かく突かれたかのような痛みを覚えることが多いと言われていますが、痛みの種類自体も人によって異なると言われています。

恥骨痛の痛みに薬は使えるのか?

駄目だしを出す女性

あまりにも痛みがひどく、日常生活に支障をきたす場合、薬を飲んで痛みを軽減したい、と思うのはごく当たり前のことです。

ただ、妊娠中に、独断で薬を使ってしまうことは非常にリスキーな行為です。

病院で処方されていない薬を飲むことは厳しく制限されているはずですから、勝手な判断で市販の痛み止めを飲むことは絶対にやめましょう。特に、恥骨痛が出てくる妊娠後期の場合は、薬の影響を受けやすいと言われています。

基本的には、「貼り薬」「外用薬」の場合は飲み薬ほどの影響はない、と言われています。しかし「ケトプロフェン」と呼ばれる痛み止めの外用薬などは、2014年以降は妊婦さんは使えないように設定されました。このように、「外用薬」であっても禁忌とされる薬はありますので注意が必要です。

「湿布なら、直接薬を飲むわけではないから大丈夫だろう」と簡単に考えず、必ず主治医に相談してください。妊婦さんでも飲むことのできる痛み止めの薬を処方してくれることもあります。

合わせて読みたい

妊婦さんはしんどい!腰回りのマッサージで癒やしてあげよう
妊娠中は赤ちゃんの成長に伴い、ママの体重もどんどん増えていきます。妊娠後期になれば平均で10kg前後、多ければ20kgほど体重が増加するママもいるほど。 そうなると、負担がかかってくるのが腰や足です。妊婦さんの多くが腰痛に悩まされていると言われており、そのつらさは男性ではわからないものかもしれ...

恥骨痛の痛みの対策について

よつんば

では、このような辛い恥骨痛についてはどのような対策があるのでしょうか。それについてご紹介いたしますね。

1.適度な運動を行う

痛みがひどいと、運動することもおっくうになるでしょう。しかし恥骨痛の場合、適度な運動は症状を改善すると言われています。腰に手を当てて回すだけの運動で、左右に15回ほど行います。また、四つん這いの姿勢から、背中を天井に向かって押し上げる運動も有用です。この後は、逆に背中をそらしていきます。時間を見てやっていきましょう。

2.動き方に留意する

一般的な腰痛などでも、「動き方」によって痛みが大きくなったり小さくなったりします。恥骨痛は骨盤や股関節付近に覚える痛みです。

まずはここに負担をかけるような動きをすることをやめ、歩幅を小さくして歩いたり、両足を閉じて眠ったり、同じ姿勢を取り続けたりしない、というように工夫をしましょう。

2.病院に行く

病院に行って恥骨痛の相談をすれば、コルセットや妊婦さんでも使える薬を出してもらえることがあります。処方された場合は使用法や用量用法を守って正しく使用しましょう。

また、骨盤の痛みを和らげてるくれる針も効果があります。

骨盤矯正や整体、市販品のベルトなどを推す向きもありますが、これらのなかには、国家資格を有しない施術者や医学的根拠に乏しい商品があることも確かです。もちろんこれらのサービスのすべてを否定するわけではありませんが、導入をしたいと考えるなら、一度は主治医に相談することをお勧めします。

おわりに

恥骨痛はとてもつらいものですが、多くの場合、産後1か月程度で痛みが和らぎます。痛くのは赤ちゃんが成長している証拠です。運動などを取り入れて出産までの期間を乗り切ってくださいね。

ピックアップ

【調査】その症状はみんな一緒?妊娠中に1番辛いと感じた体のトラブルについて
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 今回のテーマは「妊娠中に1番辛いと感じた体の症状」について。妊娠の初期に起こるとされる「つわり」は、妊婦さんでなくとも、意外と知られている言葉ですが、妊婦さんの誰しもが起こるものとは限りません。つわり以外にも、様々な症状に悩まされた妊婦...
妊娠中に冷え性になりやすい3つの理由
冷え性は体質的に女性がなりやすい症状ですが、特に妊娠中に冷え性になる方が多いようです。体の冷えはお腹の赤ちゃんに良くない影響を与えてしまう恐れがあると言われていますが、なぜ妊娠中は冷え性になりやすいのでしょうか? 今回は、妊娠中に冷え性になりやすい3つの理由と、冷え性による影響や対策につい...
【調査】妊娠中の夫婦間のトラブルとは?奥さんの本音を調査!
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 今回は、妊娠・出産経験をした女性100人に、妊娠中の旦那さんとのトラブルについて聞いてみました。全く喧嘩をしない夫婦の方が少ないとは思いますが、妊娠中となると、やはり奥さんとしては気遣ってほしいと願うものですよね。そのことから、トラブル...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊婦さんがなりやすい恥骨痛って?原因と3つの対処法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る