妊婦さんがなりやすい恥骨痛って?原因と三つの対処法

スポンサーリンク

腰痛

妊娠をすると、体にさまざまな変化が起きます。その変化のなかには、「痛み」をもたらすものもあります。もちろん個人差があるのですが、人にとっては、下半身の痛みに悩まされることもあるでしょう。
今回は、そんな下半身の痛みのなかから、「恥骨痛」を取り上げます。

恥骨痛とはどんなものか

足のマッサージ

恥骨痛(ちこつつう)とは、下半身の恥骨の部分に感じる痛みを言います。

恥骨はちょうど股(もも)の上のあたりに存在する骨であり、骨盤の骨のなかの一つです。「恥骨痛」という名前がついていますが、実際には骨自体が痛んでいるわけではありません。恥骨に限らず、他の部分であっても、骨自体は痛覚を持ちえないからです。ただし、その周りの筋肉などには痛みが生じることがあります。

恥骨痛は、妊婦だけでなく、足の力を多く使うスポーツをしている人にも生じます。また、本来ならば体をケアしてけがを起こさないようにする効果のあるストレッチのさなかにおいても、無理な力を股関節にかけることで起きてしまう場合もあります。さらには、極端に悪い姿勢によっても恥骨痛が起きる場合もあります。

合わせて読みたい

ヘルニアの症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
ヘルニアについて物を持ち上げたときに、突然腰に激しい痛みが…ということはありませんか?急な腰痛のときには、安静にして無理に動...

妊娠と恥骨痛の関係

臨月

妊娠をした状態の場合、大きいおなかの「負荷」をその身にかかえることになります。胎児は日に日に成長していき、重みを増していくことでしょう。骨盤自体も開いていくのですが、その結合部分にあたる恥骨にも今までにはなかった衝撃や負担が加わることになります。

また、出産時に子どもが通りやすくなるように、と体が変化していくなかで、靱帯(じんたい)が少し緩みます。内臓を支えるための筋肉にさまざまな重みが加わるため、これが原因となって恥骨痛が起きることもあります。

このようなメカニズムをとるため、恥骨痛が起きるのは、胎児が大きくなってきた妊娠9カ月あたりからだと言われています。そのまま出産まで痛みが続くことが多いようです。もっともこれも人によって差があります。もともと骨盤~股関節の弱い人の場合は、妊娠初期の段階で痛みが生じることもあります。

恥骨痛の場合、その痛みは一定ではありません。強弱は人によって実にさまざまです。動くことそのものが難しくなって寝たきり状態になってしまう人から、「少し痛むな」という程度にとどまる人もいます。

「重さ」を伴ったズキズキするような痛みや、針で細かくつかれたかのような痛みを覚えることが多いと言われていますが、痛みの種類自体も人によって異なると言われています。

旦那さんと息子の3人家族。 家事は手抜きがモットーなダラダラ主婦。もう一度出産するならマタニティフォトを撮影して産後は産後治療院でまったりしたい!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊婦さんがなりやすい恥骨痛って?原因と三つの対処法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る