妊娠中にみかんを摂取するのは効果的?1日の摂取目安量も公開!

良ければシェアをお願いします。

ミカン

みかんは適度な酸味と甘みが後を引きますよね。無意識のうちに何個も食べてしまったという人も少なくないはずです。ビタミンCも豊富だし、そこら辺のお菓子を食べるよりは果物ということもあって健康的な気がします。

今回は妊娠中もみかんを食べることは問題ないのか、また幾つくらいなら効果的なのかその辺も詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク

ビタミンCは妊婦にとって必要不可欠な栄養素

ビタミンは胎児を成長させるうえで重要な栄養素、そしてママ自身にもいいこと尽くしの栄養素です。特にミカンなどの柑橘系は健康に加え、美容にもよいとされています。ママが摂取すれば胎児にも栄養が行き一石二鳥です。

ビタミンCは抗酸化作用の働きがある

ご存知の通りみかんを含め柑橘類はビタミンCが豊富です。妊娠中もビタミン摂取は推奨されており欠かせない栄養素ですがどうして必要なのでしょうか。

特に妊娠中は胎児にママの栄養が行き渡るために、ママ自身の肌への老化が著しくなる時期です。ハリやみずみずしさが減少してしまうのでそういう点からもビタミンCを補ってあげることが必要です。

免疫低下を防止する効果が

妊娠によって女性ホルモンが変化し多くの妊婦さんは不調を訴えます。また慣れない妊娠生活にストレスが生じ体の抵抗力が衰えてしまっている時期でもあるのでそれを防ぐ効果がビタミンCには備わっているのです。免疫や抵抗力が落ちると風邪を引きやすくなったり、風邪を引いても長引いたりとあらゆる面で支障をきたしてしまいます。

妊娠中のつわりにも効果的。好んで食べる妊婦も多い

妊娠中のつわりで食べ物の殆んどがダメなのに、みかんだけは食べられたという妊婦さんの話を耳にしたことはありませんか。きっと胃の中が酸味ですっきりするのでしょう。つわりが終わるまでみかんだけで過ごしていたという妊婦さんも少なくないので、全く食べられなくて胎児に栄養が行き渡らないよりは良いことなのかもしれません。

合わせて読みたい

マタニティーフォトを撮ろう!撮影開始から終了までの流れを紹介
マタニティーフォトとは、お腹の赤ちゃんと初めて一緒に撮る家族写真です。海外ではよく知られており、日本でもおしゃれなモデルさんや有名女優さんが妊婦姿をSNSなどにアップして一気に人気が定着した感がありますね。撮影の時期は妊娠して安定期に入り、胎動を感じられてお腹の膨らみが分かってくる妊娠8ヶ月...

食べすぎは厳禁!一日の限度を守ろう

果物と言えども糖分は適度にあるため、一日の限度を守って食せば健康で効果的に栄養素を摂取できます。たくさん食べれば多くのビタミンをとることができそうですが、実は体の中でも吸収できる度合いがあるそうでそれを超えると尿として排出されてしまいます。ここでは効果的な取り方をお伝えしましょう。

みかんは一日3個が目安 過度な摂取は厳禁

妊婦であってもみかんの摂取は一日3つが妥当でしょう。それ以上摂ると栄養どころか、糖分の過剰摂取で体重増加や妊娠糖尿病を発症してしまうことも否めません。厚生労働省が推奨する妊婦のビタミンC摂取量は110mgでみかん一つにつき含有量が30~40mgとすると大体3個くらいまでが推奨された範囲内です。

過剰摂取で起こる妊娠糖尿病とは

滅多に起こらないまでも頻繁に食べ続ければ体質から妊娠糖尿病になりやすい人も出てきます。では妊娠糖尿病とはどのようなものなのでしょう。簡単に言えば糖代謝が不十分なことを言います。妊娠中に発症し診断されること、一般的な糖尿病よりは軽度のものをいい、糖尿病とは無縁の人でも掛かることがある妊娠中の疾患です。

妊娠糖尿病の原因とはなにか?胎児への影響は…

妊娠糖尿病は妊娠後の血糖値の上昇により起こります。おなかの赤ちゃんが求めるブドウ糖の吸収が糖分の過剰摂取により分解されづらくなることが原因のようです。妊娠中の体重増加、高血圧などほかにも糖尿病になりうる因子もありますがバランスよい食事さえしていればこのようなことも防ぐことができます。

早い段階で対処していれば胎児への影響は最小限に抑えられるものの、巨大児による難産や新生児の低血糖を引き起こしてしまう可能性も否めません。

合わせて読みたい

妊婦さんにおすすめな「シムスの体位」と仰臥位低血圧症候群を防ぐ寝方
妊娠中はホルモンバランスの変化や胎動により、通常よりも眠りが浅くなる時期。眠りたいのに眠れないということが毎日続くと、疲れたりイライラしたりしてしまう妊婦さんも多いことでしょう。お腹が大きくなってきても以前と同じ慣れたスタイルで寝ていると、恐ろしい病気を引き起こす危険性もあります。 そこで、妊...

妊娠糖尿病以外で注意することは?

何事も適度が大事であることには変わりはありません。ですが、先述した通りつわりなどでどうしてもそれしか食べられない人もいるのは仕方がありません。過剰摂取で妊娠糖尿病以外に注意することはあるのでしょうか。

食べ過ぎで肌の色素が黄色くならない?

みかんの食べ過ぎで手のひらが黄色っぽくなったことがありませんか?私は大好物なのでよく食べては手が黄色くなったりと経験があります。

さて、この皮膚が黄色くなる症状は柑皮症(かんぴしょう)と呼ばれており、柑橘系に含まれるビタミンAの影響で黄色くなってしまうのです。治療等も特段なく胎児にも影響を及ぼさないので気にすることはないでしょう。

たくさん食べすぎはお腹を壊す原因にも…

みかんを含む柑橘系は意外と食物繊維が豊富に含まれているのです。1日に必要な食物繊維17mgのうち約3.6mgが3つのみかんで補えてしまうのです。食物繊維は腸の活動を促進する作用があります。そのためにたくさん食べればそれだけ腸の働きも活発になりお腹もゆるくなってしまうことがあるでしょう。ほどほどが大切です。

食べたいものを我慢するより適度な量が大切です

自然の甘味である果物でさえも食べすぎは厳禁というのがわかりました。それは果物に限らずあらゆる食べ物に関して該当します。妊娠しているからと言って極端に糖質の制限をするのは、かえってストレスにも繋がりママの体調にも悪影響に繋がります。意識して加減すれば妊娠中の食生活に注意を払うことができれば問題ありません。

おわりに

いかがでしたか。ビタミンCが豊富なみかんでさえも一日の摂取目安は3個。たくさん食べたくても健康的な赤ちゃんを産むために、少々抑えていろいろな食べ物で栄養素を補えるといいですね。ママ自身の健康のためにも意識してみてください。

ピックアップ

臨月の胎児、体重や大きさは?週ごとの状態を記録しよう!
妊娠10ヵ月、つまり妊娠36~39週の4週間のことを「臨月」と言います。この時期は、もう出産間近となり、出産への期待と不安でドキドキする日々を過ごしている妊婦さんが多いのではないでしょうか。いつ陣痛が来て出産になってもいいように、入院の準備を整えておくべき時期でもあります。 胎児も同じように、...
妊娠線予防に高い効果を発揮する専用オイルの正しい選び方
赤ちゃんがスクスクと成長するのと同時に大きくなっていくおなか。大きくなればなるほど、おなかの中の赤ちゃんが愛おしく感じるものです。しかし、急激に大きくなるおなかに皮膚が引っ張られて裂けたような線が出てきてしまうことがあります。これが「妊娠線」です。 これまで大丈夫だったからと油断していると、急...

https://tamagoo.jp/pregnant/cause-of-membrane-rupture/

33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。
購読はいいねが便利です!
妊娠中にみかんを摂取するのは効果的?1日の摂取目安量も公開!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

妊娠後期(8~10ヶ月)の悩みについて・・・あわせて読みたい

眠れない日々にさよなら!臨月に起こる不眠の原因と対処法
待ちに待った臨月へ突入。あと少しで赤ちゃんに会えると思うと毎日がドキドキですよね。今日は陣痛がくるかなという楽しみと共に、多くの妊婦さんが悩んでいるのが不眠についてです。大きくなったおなかを抱えて過ごす毎日は、妊娠前と比べ、とても疲れやすくなっています。 今回は、臨月に入り眠れなくなった人へ、...
妊娠後期の過ごし方におすすめ♪安産のための運動3選
妊娠中に運動をするのってどうなのだろう?という疑問を持ったことはありますか。 確かに、お腹はどんどん大きくなっていきますし、もしものことがあったら・・と考えると不安にもなりますよね。ただ結論から言えば、妊娠中の運動はするべきです。 前提として、妊婦さんには出産を乗り切るための体力が最低限必要...
臨月の胎児、体重や大きさは?週ごとの状態を記録しよう!
妊娠10ヵ月、つまり妊娠36~39週の4週間のことを「臨月」と言います。この時期は、もう出産間近となり、出産への期待と不安でドキドキする日々を過ごしている妊婦さんが多いのではないでしょうか。いつ陣痛が来て出産になってもいいように、入院の準備を整えておくべき時期でもあります。 胎児も同じように、...
破水から陣痛!初めての出産で知っておきたい破水の原因
初めての出産を迎えるにあたり、さまざまな不安が頭をよぎることでしょう。特に妊娠後期に入って出産が近づいてくると、ますます気になってくるのが「破水」や「陣痛」といった出産のサイン。場合によっては突然破水してしまい、パニックに陥ってしまうといったケースも多く見られます。 そこで今回は、初めての出産...
妊婦さんにおすすめな「シムスの体位」と仰臥位低血圧症候群を防ぐ寝方
妊娠中はホルモンバランスの変化や胎動により、通常よりも眠りが浅くなる時期。眠りたいのに眠れないということが毎日続くと、疲れたりイライラしたりしてしまう妊婦さんも多いことでしょう。お腹が大きくなってきても以前と同じ慣れたスタイルで寝ていると、恐ろしい病気を引き起こす危険性もあります。 そこで、妊...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る