薬が飲めない!妊娠中に風邪薬を使わず対処する3つの方法

良ければシェアをお願いします。

風邪をひく女性
妊娠中ほど薬に敏感になることはないですよね。それもそのはず、お腹の中にはこれから生まれてくる新たな生命が宿っているのですから。健康管理に気を付けていてもこの時期は免疫力が低下しているためなにかと不調を訴えやすい時期。万一風邪をひいてしまった、風邪っぽいかも、喉が痛い、と自覚症状があった場合あなたはどのように対処しますか?風邪薬の使えないときにでも症状を緩和できる方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

そもそも妊娠中は体調を崩しやすい

妊娠によってホルモンバランスが変化しているために、ちょっとした気候の変化や疲れなどで体調を崩しやすくなっています。約40週間、生まれてくる赤ちゃんをお腹の中で育てるために万全な状態を母体内で維持しなければなりません。

妊娠中の冷えは厳禁!常に保温を心掛けよ!

妊娠と気づく前から母体は変化が生じています。プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンの分泌が盛んになり、赤ちゃんを育てるための準備をお腹の中で行っているのです。羊水の温度は母体の体温よりやや高めの38度前後。このくらいの温度が胎児を安心して育てられる温度でありそれを維持するためにも母体は常に保温を心掛けないといけません。冷えは禁物!四季によって体温調節は欠かせませんが、それでも妊娠中だけは薄着を避け常に靴下、ズボンをはくといった予防が大切です。

妊娠初期は風邪のような症状が続く

先述した通り、妊娠超初期からホルモンバランスによって母体に変化が生じるため体の違和感を自覚するようになります。しばらく高温期が続くために熱っぽさを感じ、だるさや眠気といった症状も並行して表れます。そのために妊娠と気が付く前に「風邪ではないか?」と勘違いしてしまうことも少なくありません。生理が来なかったり、時期がきて妊娠キットで確認できるまでは妊娠の可能性を意識することはあまり無いようです。

妊娠特有の症状以外が表れる場合は、風邪を疑うべき

高温、眠気、だるさは風邪でも妊娠中でも多くの人が自覚しよくある症状ですが、さらにくしゃみや鼻水が止まらなかったり、頭痛や腰痛があったりというのも妊娠初期の症状として表れる人がいるので簡単に見分けが付かないのが事実です。しかし咳やのどの痛みがあるならば、それはウイルスの影響からくるもので妊娠の症状とは異なるために風邪と疑うのが妥当です。その場合は症状が重くなる前にできるだけ早く対処しなければなりません。

合わせて読みたい

【レシピ付き】妊娠後期に食べると良い人気の食事メニュー3選
妊娠後期の食生活は、いかに低カロリーで栄養豊富な献立にするかが大切です。妊娠後期に不足しがちな鉄分・カルシウム・葉酸は、緑黄色野菜で効率よく摂取しましょう。また、薄味にして塩分の摂り過ぎを防ぐのも、必要になります。薄味の献立のコツは、香りをうまく利用することです。スパイスやハーブ、柑橘類を使うと、塩...

それでも風邪をひいてしまったら…

人間誰しも完璧な人はいません。妊娠中、普段以上に健康に留意しても風邪をひいてしまうことだってあります。もちろんそれまでの体を冷やさない、常に保温を意識することは変わりなく、大事なのは風邪を引いてしまった後の対処方法「なるべく早く」が肝心なのです。

妊娠中はあらゆる薬を基本飲めません

ご存じだとは思いますが、妊娠が確定してからは基本的に薬を飲むことができません。本来なら妊娠を計画している段階からあらゆる薬の飲用を避けてほしいもの。これからお腹の中で胎児が赤ちゃんとして形成されていくという段階で母親の自然な栄養以外の化学物質を取り入れることは正常妊娠を妨げる可能性があるからです。特に妊娠3か月までの段階は赤ちゃんの臓器や神経系の形成で重要な時期であり、より注意が必要です。

意見は分かれるが決めるのは自分

とはいえ、世間では「我慢しないで薬に頼った方が妊娠中とはいえ得策」とか「短期間でちゃんと飲んで治せば影響はでない」とかいろんな事を言う人がいます。実際、すべての薬で胎児に影響が出るとは言い切れません。実際に症状が辛くて病院にかかれば妊娠時でも飲める薬を処方されることはあるでしょう。しかし、それを飲むか飲まないかは自身の判断に尽きるのです。

妊娠中ということで処方してくれない病院もある

妊娠中の風邪症状はとても神経を使うもの。妊婦は全体的に抵抗力も落ちているために風邪なんか引いてしまえば治るどころかひどくなって長引いてしまうことも否めません。とはいえ、治すための薬が胎児への影響に対して「絶対に大丈夫」と確証ができないため処方する側は慎重になります。診察はするが基本的に妊婦には薬は出さないと断言した医師もいます。

合わせて読みたい

必見!逆子を治す3つの逆子体操!
出産が近づけば近づくほど、気になることや心配ごとが増えてきます。そのひとつとして「逆子」が挙げられます。妊娠30週の時点で2割ほどの赤ちゃんが逆子と診断され、32週までに直らない場合は帝王切開の準備が進められるケースが多いようです。逆子の場合は自然分娩が難しいため、どうにかして治したいと考える方...

では風邪を引いた時にはどうすればよいか

この通り薬は妊婦には禁忌ということが解りました。では妊娠中の風邪に対する対処法はどのようにしたらよいのか。以下に載せましたので実際に風邪を引いている人は実践してみてください。意外と体も楽になり効果てきめんです。

自然由来の「はちみつ」を摂取する

はちみつは殺菌効果があります。とくにマヌカハニーは溶連菌を予防する効果もあるほど。それだけの殺菌効果がある自然由来のはちみつをスプーンでそのまますくって食べたり、またはレモンなどの柑橘系を絞ったホットドリンクに混ぜたりして飲むといいでしょう。殺菌に加え保温効果を促進します。風邪の予防にもお勧めです。

ニンニクをとにかくたくさん食べる

ニンニクを食べると元気がでますよね。風邪を引いた時はニンニクを塊のまま食べることをお勧めします。オリーブオイルで焦げない程度に焼くとまるでジャガイモのようなホクホクした食感になりニンニクとは思えないくらいの美味で箸が進みます。または梅ニンニクといった漬物もいいでしょう。発汗作用も促すので風邪の時には食べることをお勧めします。

かりんやきんかんといった風邪に良い果物を食べる

かりんもきんかんも昔から風邪の時にはドリンクにしたりはちみつ漬けで食べたりと風邪との関係は切っても切り離せないくらい歴史があります。のど飴にも使われるくらいのどの炎症や殺菌には効果を発揮してくれます。はちみつ漬けにしてお湯で溶いて飲めば内側から温かくなり風邪の症状も緩和され楽になることでしょう。

おわりに

いかがでしたか。妊娠中の風邪はかかってしまうととても厄介で、胎児のことも考えつつ症状を抑えていかなければならないので精神的にも疲れてしまうことも。上記の方法は対症療法に過ぎませんが、風邪に良いとされる食べ物であるためぜひすすんで摂取してもらいたいです。

ピックアップ

妊娠線予防に高い効果を発揮する専用オイルの正しい選び方
赤ちゃんがスクスクと成長するのと同時に大きくなっていくおなか。大きくなればなるほど、おなかの中の赤ちゃんが愛おしく感じるものです。しかし、急激に大きくなるおなかに皮膚が引っ張られて裂けたような線が出てきてしまうことがあります。これが「妊娠線」です。 これまで大丈夫だったからと油断していると、急...
妊婦さんにおすすめな「シムスの体位」と仰臥位低血圧症候群を防ぐ寝方
妊娠中はホルモンバランスの変化や胎動により、通常よりも眠りが浅くなる時期。眠りたいのに眠れないということが毎日続くと、疲れたりイライラしたりしてしまう妊婦さんも多いことでしょう。お腹が大きくなってきても以前と同じ慣れたスタイルで寝ていると、恐ろしい病気を引き起こす危険性もあります。 そこで、妊...

https://tamagoo.jp/pregnant/how-to-sex-in-latter-period/

33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
薬が飲めない!妊娠中に風邪薬を使わず対処する3つの方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る