【妊娠36週】妊婦健診が週一度に!赤ちゃんの成長とママの体の変化まとめ

スポンサーリンク

妊娠36週目

妊娠36週になると赤ちゃんの体の機能が整い、いつ生まれても大丈夫な状態になります。しかし、赤ちゃんの体の完成や出産の準備を考えると、予定日までママのおなかで育てたいですよね。この週から、出産に備えて妊婦検診が週に一度となります。検診でしっかりと赤ちゃんの状態を確認して、赤ちゃんに会える日を待ちましょう。

正産期までのあと1週間で成長する赤ちゃん

妊娠37週0日から妊娠42週6日までが正産期なので、妊娠36週で生まれると早産になります。体重が2,000g以上ならば後遺症はほとんどないとされていますが、出産に備えて、赤ちゃんの誕生が間近のこの週から妊婦検診は週1回となります。正産期までの1週間で赤ちゃんの体は成熟します。

妊娠36週の赤ちゃんの発達について

妊娠36週で赤ちゃんの大きさは45~48㎝、体重は2,000~2,900gとなり、心臓や消化器などの内臓器官は完成されます。神経系や筋肉は発達し、体温調節や呼吸機能も整っていることから、早産であっても成長できる可能性は高くなります。この週から1日に約30gずつ増えて、ふっくらとしてきます。標準より小さくても、赤ちゃんの成長が順調で医者からの指摘がなければ元気に育っているということなので、心配はありません。

赤ちゃんは光や音に反応するようになります

妊娠36週の赤ちゃんはオリエンティング・レスポンスといって、突然の光や音の刺激を受けたほうに体や顔を向ける原始反射を獲得します。子宮の中にいても、光や音があるほうに体や顔を向けるようになります。また、生まれてからはママのおなかにいるときに繰り返し聞いていた曲に反応し、さまざまな音の中でもママの声を最も好むといわれています。この時期にママは規則正しい生活をすることを心がけて、ママの大好きな曲を聴かせたり、絵本の読み聞かせをしてあげたりするとよいでしょう。

赤ちゃんは骨盤のほうに下がってきます

出産が近づくと赤ちゃんは生まれる準備のために、骨盤のほうに下がってきます。胸にあごをつけておなかを引き寄せてお座りのポーズをとるようになり、赤ちゃんの頭とおしりの位置が固定されます。妊娠36週で逆子になっていると帝王切開での出産になるので、医師と十分な相談が必要です。医師に技術と経験があれば、妊婦に子宮収縮剤を投与し骨盤を上げた姿勢をとらせて、外から医師の手で胎児を回転させる外回転術という方法で逆子を直すことも可能です。

合わせて読みたい

臨月でも運動するべきか?おすすめの室内運動6選
臨月でも運動するべきか?おすすめの室内運動6選
寒い季節になると、大きなおなかの妊婦さんは外出がおっくうになってしまいます。スムーズなお産のために、外を歩いたりして体力をつけておくのが...

妊娠36週のママの体と健診について

おなかが大きくなるにつれて、ママの体にかかる負担は大きくなります。それに加えて、健診が週に一度になるのでうれしさ半分と不安半分で精神的にも不安定になるのが、妊娠36週目です。赤ちゃんをおなかの中で正産期まで育てるためには、無理をせずに穏やかな気持ちで過ごすことが大切です。

気を緩めずに体重管理を続けましょう

妊娠36週はカロリーの消費率が高くなります。今までよりも食べる必要はありますが、食べ過ぎは体重が増えすぎて難産になる恐れがありますし、妊娠高血圧症候群になるリスクも高くなります。また、赤ちゃんが骨盤のほうに下がり、胃が圧迫されなくなったことで、食欲が出てくるママもいます。これまで通りに体重管理はしっかりと行うようにしましょう。もし体重が増えすぎた場合は痩せるためではなく、体重増加を抑えるダイエットをしましょう。

赤ちゃんを育てるママの体について

もうすぐ生まれる赤ちゃんがいるママの体には、大きな負担がかかっています。妊娠36週のママの子宮は大きく膨らみ、本来の大きさの1000倍になっています。このころの特徴として、これまで浮腫(むくみ)で悩んだことのないママでも、体内の水分量が増えて医者から浮腫を指摘されることがあります。しかし、血液量を増やし、老廃物を排出するためにも、水分摂取量は減らさないようにしましょう。

妊婦健診は出産に備えて1週間に1回となります

臨月に入ればいつ陣痛が起きても不思議はないので、健診も1週間に一度になります。これまでの妊婦健診は問診とエコー検査でしたが、妊娠36週からは血圧測定、尿たんぱく検査、子宮収縮の回数や強さをチェックするNST(胎児心拍モニタリング)の検査が加わります。また、36週目の健診では羊水量や赤ちゃんの成長度合いなども確認します。里帰り出産では妊婦検診の補助券が使えない場合があるので、発行元の自治体に問い合わせてください。

合わせて読みたい

里帰り出産の帰省はいつがよい?病院の検診や引き継ぎ方法は?
里帰り出産の帰省はいつがよい?病院の検診や引き継ぎ方法は?
出産は本当に大仕事。ママの身体も思うように動かない中、出産後すぐに赤ちゃんと家事をこなすのは現実的にとても過酷であることから、初産婦...
22歳と18歳の二人の子どものママです。その時にやりたいことを楽しんでやる、楽しい毎日を過ごしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【妊娠36週】妊婦健診が週一度に!赤ちゃんの成長とママの体の変化まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る