妊娠16週~27週までの赤ちゃんの成長を解説!

スポンサーリンク

出産を待つ夫婦

妊娠中期は安定期の時期です。つらくしんどかった妊娠初期のつわりなどが収まってくる時期ではありますが、安定期とは言え妊娠中期ならではの症状や赤ちゃんの変化があります。
この時期の赤ちゃんはおなかの中でどのような過ごし方をしているのでしょうか。また、お母さんにどんな影響があるのでしょうか。そんなことをご紹介したいと思います。

妊娠5カ月目の赤ちゃん、お母さんへの影響

妊娠16週

おなかがポッコリと膨らんで、周囲にも妊婦さんと気づかれるようになってきます。少しずつマタニティ用品も必要になってくる時期です。つわりもこのころから少しずつ治まってくるのでマタニティ用品を買いに行けますね。赤ちゃんもこのころから一気に成長していきます。お母さんにもその成長を感じ取ることができる楽しい時期でもあります。

つわりは治まったけど、次は便秘で悩む・・・

つわりや身体のだるさ、激しい睡魔など、食べつわりなど妊娠初期にあったつらい症状が治まってくる時期です。

食事を食べられなくて体重が減ってしまったなど、本当に涙がでるほどつらい経験を私もしました・・・。ですが、5カ月になった途端にピタリと止まりました。

しかし、次に悩まされたのは便秘です。水分が赤ちゃんに回ってしまい、水分不足になりがちです。5カ月の赤ちゃんは、大人の頭部くらいの大きさまで成長しますので、骨盤のひずみや腸への圧迫で排便がうまくできにくくなります。

つわりが治まって食事がおいしい時ですが、こまめな水分補給に、排便に良い食事を心がけることが大切です。

女の子?男の子?性別が判明する頃

5カ月目の赤ちゃんは生殖器が出来上がる時期です。

エコーの時に、足を閉じるなど、赤ちゃんの向き加減で分からないこともしばしばありますが、男の子か?女の子か?うまくいけば分かるので、どんな名まえにするか、どんな服を買おうかいろいろと想像膨らむ楽しい時期です。生殖器だけでなく、髪の毛や眉毛なども生えてきます。脳もどんどん発達していきます。

よって、お母さんのストレスも赤ちゃんに影響するようになります。脳の発達により、記憶能力ができるようになるため出産後にも影響すると言われています。なので、ゆったりとリラックスして、穏やかに過ごせるように心がけましょう。

5カ月目後半には胎動を感じる?

この時期の赤ちゃんは身体のバランスが整い、3頭身になります。

手足を動かしたり、身体をぐるぐる回したりとお母さんのおなかの中でたくさん動き回ります。5カ月目後半には、身体も大きくなっているので動き回ると胎動を感じることがあります。まだ小さな胎動なので、普段はなかなか気づかないことの方が多いかもしれませんがお風呂でゆっくり湯船につかっている時や、睡眠時に感じるかもしれません。

下腹部あたりを、モゾモゾしたり、小さくポコポコしたりするのを感じます。ゆっくり静かにして、おなかに手を当てて胎動を楽しんでみましょう。

合わせて読みたい

胎動はいつから?さまざまな胎動の種類について
胎動はいつから?さまざまな胎動の種類について
胎動を感じ始めると、お母さんになる喜びを実感するという声をよく耳にします。胎動は新しい命からお母さんへのメッセージなため、妊娠すると「早...

妊娠6カ月目の赤ちゃん、お母さんへの影響

おなかを見る妊婦さん

赤ちゃんの成長がより早くなる時期です。身体も体重も急成長していきます。

身長は30cm程になり、体重は600g~700g程になります。赤ちゃんの全体像もエコーでは映らなくなり、大きさもこのころから個人差がでるようになります。おなかも重くなり、腰痛を引き起こすお母さんもいます。とこちゃんベルトなどで、腰を固定するなどしましょう。

聴覚の発達でお母さんの声が聞こえてる

おなかの中の赤ちゃんは既に耳が聞こえています。ですが、羊水の中にいる赤ちゃんには空気が振動しないので実際外にいる程音は伝わっていません。よって、音楽や周りの雑音等までは聞こえていません。しかし、お母さんの声はおなかの中で響いて聞こえています。

また、おなかをたたく音も聞こえています。赤ちゃんにとって何よりも一番良い胎教はお母さんの優しい声です。おなかに優しく話しかけたり、優しくさすってみたりしてあげてください。

味蕾(みらい)が発達し、味を感じることができる

妊娠21週目頃に、赤ちゃんの舌にある「味蕾(みらい)」という器官によって味を感じることができます。羊水にはお母さんの食べた物の栄養が溶け込み、味ができています。おなかの中の赤ちゃんは羊水を飲みこんでいるので、その味を感じることができます。

赤ちゃんの味蕾は大人の3割程多いので、大人と同じ濃い味にすると味覚が鈍ってしまいます。この時点で、子供の味覚が決まってしまうわけではありませんが、普段とる食事は気にしてあげましょう。

また、お母さん自身の体重管理にもなります。栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

逆子と言われた?!まだ大丈夫!

赤ちゃんが足を下に向けている状態だった。でも、まだこの時期は赤ちゃんがおなかの中で動き回っている時期なので、自然と治ることが多いです。なので、まだ心配しなくても大丈夫!それでも、心配なお母さんもいます。そんな時は逆子を治す体操をしてみましょう!

おしりを高く上げることで胎盤から赤ちゃんをズラし回転させやすくします。また、おなかの中をゆるめ、赤ちゃんが動きやすいようにしてあげるのも良いです。あおむけになり、おなかに手を置きゆっくり大きく深呼吸をしてあげましょう。

合わせて読みたい

妊婦さん必見!便秘の原因と解消法まとめ
妊婦さん必見!便秘の原因と解消法まとめ
妊娠すると、体にさまざまな変化が現れます。便秘もそのひとつで、妊娠前は便秘じゃなかったのに、妊娠したら便秘になってしまったという妊婦さん...
毎日中学生の息子のお弁当作りに追われる主婦。日々の癒やしは愛犬と戯れることです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠16週~27週までの赤ちゃんの成長を解説!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中期(5カ月~7カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る