良ければシェアをお願いします。

【妊娠11週】心音も聞こえる時期に!赤ちゃんの成長とママの体の変化まとめ

良ければシェアをお願いします。

妊娠中の女性

妊娠11週は妊娠3ヵ月の最終週。今まで着ていた服が少しきつく感じられおなかがふっくらしてきたことに気づいたり、乳房などにも妊婦さん特有の変化が現れたりと、妊娠したことを実感する時期です。辛かったも落ち着いてきますが、中にはまだピーク真っ只中の方も。胎盤が完成するまでのもう少しの辛抱です。また、人間らしい姿になった赤ちゃんをエコーで確認できる嬉しい時期でもあります。

スポンサーリンク

人間らしい姿に!11週の赤ちゃんの様子

魚のような姿をしていた赤ちゃんも11週の終わりまでには2頭身ながらも頭・胴・手足がわかれ人間らしい姿に成長します。超音波検査では手足をパタパタ動かすかわいい姿を見られることでしょう。11週末で身長約5cm、体重約15gに成長します。

流産の可能性が減少!心音も確認

前回の健診で赤ちゃんの心拍を確認できなかった方も11週では超音波検査でピコピコ動く心臓を確認できます。それとともに超音波ドプラーでドッドッドッと力強い心音を聞くことができるようになります。心音が聞けるということはそれだけ赤ちゃんが成長したという証。流産の可能性もぐっと下がります。不安でも赤ちゃんを信じて過ごしましょう。

すべての器官の基礎が完成!脳も成長

4週から続いていた器官形成も11週にはすべて終了し、器官の基礎が完成します。目・鼻・口・耳などの顔のパーツもでき、目にはまぶたも。エコー写真でもなんとなく顔に凹凸ができたことに気づくのではないでしょうか。体の半分もある脳も成長中。原始反射のひとつである、足をまるで歩くかのように動かす原始歩行が見られるようになるのもこの頃です。

腎臓や膀胱が発達!尿の排泄開始

すべての器官の基礎が完成すると腎臓は尿を作り始めます。赤ちゃんは尿を羊水に排泄し、その羊水を飲み、また尿として排泄します。生まれてからおっぱいを飲むための練習をしながら、自分で腎臓や膀胱の機能をより発達させているのです。またそうして羊水を常に入れ替えきれいな状態を保っています。なお、尿も羊水も無菌ですので心配はいりません。

合わせて読みたい

初期症状を見逃さないで!みずぼうそうの症状・原因・治療・予防の方法
子どものころにやった、という人も多い「みずぼうそう」。自分が親の立場となった後は、子どものみずぼうそうに警戒している、という人もいるのではないでしょうか。 今回は、子どもがよくかかる「みずぼうそう」について紹介していきます。 みずぼうそうってどんな病気? 「みずぼうそう」は、正しく...

体の変化を実感!11週のママの様子

妊娠が判明してから重い軽いの差はあってもつわりや頻尿・便秘などのさまざまな不快症状で妊娠したことを感じながらも本当にここに赤ちゃんがいるのかと不思議に思っていた方もいるのではないでしょうか。11週頃は目で見てわかる変化が現れ始め、妊娠したことをより実感できる時期です。

おなかが少しふっくら。グレープフルーツ大

11週になると子宮はグレープフルーツを少し大きくしたくらいの大きさになります。早い方では少しおなかがふっくらしてきます。見た目に変化のない方も膀胱を空にして横になり、骨盤の少し上辺りに手を置き集中すると少し大きくなった子宮を感じることができるのではないでしょうか。洋服がきつく感じられたらゆったりした服やマタニティウェアを準備しましょう。

より妊婦らしい体に。乳房や体毛が変化

少しずつ乳腺が発達し乳房の張りを感じるようになります。それとともに乳首が黒ずみ始めますが焦らなくても大丈夫!産後少しずつ元の色に戻っていきます。この黒ずみは赤ちゃんがおっぱいを見つけやすくするためとも言われています。また同じくおなかや足の毛が濃くなりますが、こちらも産後徐々に戻りますので心配しなくても大丈夫です。

あと少し!つわりの終わりが見える頃

赤ちゃんの心拍が確認でき心音も聞けるようになると胎盤の完成まであと少しです。つわりもピークを越え少しずつ楽になってきた方も多いでしょう。まだまだ辛い日々を過ごしている方も14週頃には治まります。これからは少しずつ軽くなっていきますので少しでも楽になる方法を見つけ乗り切りましょう!あと少しの辛抱です。

合わせて読みたい

妊娠さんの歯痛に注意!妊娠性歯痛の原因・症状・対処法
女性は妊娠をすると、体の様々な部分に変化があらわれます。この影響は子宮のあるお腹の付近に留まるものではなく、一見すると妊娠とは関係がなさそうな、遠くにある場所に発生することもあります。 そんな妊娠による影響のひとつが「妊娠性歯痛」というものです。名前の通り、妊娠が原因となって歯が痛む症状が出る...

11週のこの時期に注意すること

赤ちゃんは器官の基礎の形成が終了し、これからさらなる発達を遂げるべく成長をしているこの時期。ママの体も大きく変化している中で注意しなければならないことがあります。この時期に気を付けるべきポイントを確認しましょう。

稽留流産の可能性はゼロではない

心拍が確認されると流産の確率はそれまでの15%から5%へと一気に減少します。しかしながら残念なことにゼロではありません。12週までの流産の原因は染色体異常です。ママに原因はありません。動いていた心臓が何らかの染色体の異常により突然止まり成長をストップしてしまうのが稽留流産です。出血や腹痛などの自覚症状はないと言われますが、つわりが軽くなったりと変化を感じることも。神経質になる必要はありませんが可能性はゼロではないと心に留めておきましょう。

の摂取と体重増加に注意

つわりが落ち着き、食べられなかったそれまでの分を補給するかのように食欲が増加する時期です。体重の増加は妊娠高血圧症や妊娠糖尿病の発症リスクを高めたり、産道に脂肪がつき難産になったりとさまざまなリスクの要因を作ります。赤ちゃんの発育に必要な適正体重を維持するためにも食べすぎには注意しましょう。またこの時期は体がビタミンCを欲します。妊娠中は1日80~100gの摂取が必要ですのでこまめに摂取できるよう摂り方も工夫しましょう。

焦らないことが一番!脳貧血に注意

今までより赤ちゃんに流れる血液量が増えママの脳への血液量が減ることにより脳貧血になりやすくなります。めまいや立ちくらみ程度からひどいときには気を失うこともありますが、なるタイミングも確実な対処法もありません。目の前がチカチカしたり耳鳴りや砂嵐のような音がしたり視界が悪くなったりと脳貧血の症状を感じた際は、倒れておなかや頭を打たないようにすぐに座ったり横になったりして体を休めましょう。しばらくすると必ず落ち着きますので焦らずに行動することが大切です。

おわりに

母子健康手帳も受け取り少しずつ体にも変化が現れ始める11週。流産の可能性が減ると言われる12週も目の前ですが、妊娠期間はまだ始まったばかり。どんなことも妊娠したからこそ経験できることです。すべてを楽しむつもりで一日一日を大切に過ごすことが充実したマタニティライフへと繋がっていきます。

ピックアップ

妊娠初期の妊婦さんにマタニティヨガが良い理由
マタニティヨガって聞いたことありますか?妊婦さん用の雑誌やネットで目にした方も多いと思います。実はマタニティヨガは、妊婦さんにとってメリットの大きい運動の一つなのです。言葉は聞いたことがあるけど具体的にわからない、ヨガとの違いが判らない、という方もいるのではないでしょうか。そんな妊婦さんのために...
妊娠初期の飛行機は影響がある?乗る前に知っておきたい3つのこと
妊娠初期は最も流産しやすい時期のため、飛行機でなくても長時間の移動は避けた方が良いと言われています。しかし、妊娠しても帰省や旅行、仕事などの都合でどうしても飛行機に乗らなければならない時があります。 そんな時に気になるのが赤ちゃんとママの体調への影響です。飛行機に乗ることでどんなリスクがあるの...
妊娠16週~27週までの赤ちゃんの成長を解説!
妊娠中期は安定期の時期です。辛くしんどかった妊娠初期の悪阻などが収まってくる時期ではありますが、安定期とは言え妊娠中期ならではの症状や赤ちゃんの変化があります。 この時期の赤ちゃんはお腹の中でどのような過ごし方をしているのでしょうか。また、お母さんにどんな影響があるのでしょうか。そんな事を...
7歳3歳1歳の1男2女のママです。毎日子育てに奮闘中!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【妊娠11週】心音も聞こえる時期に!赤ちゃんの成長とママの体の変化まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠初期(~4カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る