良ければシェアをお願いします。

腹膜炎の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

腹膜炎の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

腹膜炎は強い腹痛を引き起こすだけではなく、放置しておくと命に関わる恐ろしい病気です。ところで、そもそも「腹腔」とは何だかご存知ですか?私たちの腹部内蔵は臓器を守るために、腹部内蔵が腹壁によって囲まれて保護されています。この腹壁で囲まれた空間を「腹腔」と呼びます。そしてその腹腔の内側や腹腔内蔵器を覆っている膜を腹膜と呼んでいます。

腹膜は胃や肝臓といった腹部を覆っている薄い半透明の膜で、その大きさは全体を広げるとほぼ体表面積くらいあると言われています。その大きな膜で体の中の内蔵がこすれたり、ねじれたりしないように保護してくれているのです。この腹膜は通常無菌状態に保たれていますが、外から細菌が侵入すると腹膜炎を起こしてしまいます。

次に急性腹膜炎と慢性腹膜炎についてご説明いたします。急性腹膜炎の主な理由は細菌が体内に侵入することで感染して発症します。突然急激な痛みに襲われて発見することが多いとされています。

慢性腹膜炎はほとんどの発症理由が結核菌とされています。がんや手術によって発症してしまうこともあります。慢性腹膜炎の場合、病気の進行がとてもゆっくりとしているため、発見した時には症状が進行してしまっているケースが多いとされています。

スポンサーリンク

腹膜炎の症状について

急性腹膜炎の場合はひどい腹痛が特徴

急性腹膜炎の場合はひどい腹痛が特徴です。腹部に圧痛がはしり、一部または全体が痛みます。ショックを伴うほどの痛みとも言われ、最初は鋭い痛みが持続的に起こります。お腹にガスが溜まる症状が見られることもあります。

また、急性腹膜炎に似ている骨盤腹膜炎というタイプの場合は下腹部の痛みが特徴的とされています。また、吐き気や発熱、嘔吐の症状も見られます。さらに症状が進行すると、腹水が溜まり、臓器に穴が開いてその臓器の内容物が漏れ出してしまいます。

慢性腹膜炎の主な症状は、微熱や食欲不振、全身の倦怠感です。その他に腹部の膨張感、腹水などが挙げられます。慢性腹膜炎の場合、症状が急性腹膜炎に比べて軽いため、生活に支障をきたすことはありませんが、自然治癒することはありませんので必ず病院に行くようにしましょう。

ちなみに腹水とは腹腔内に水分が溜まっている状態を指します。この腹腔内の体液が少量であればたいてい症状はないとされていますが、大量に溜まると腹部の膨張や不快感を覚えるようになります。

腹部を軽くたたいて打診を行うと、鈍い音がすることがあるのですが、これが腹水が溜まっている証拠です。急性腹膜炎の場合、腹水は後期に現れますが、慢性腹膜炎の場合は初期から見られる傾向にあるようです。

合わせて読みたい

妊娠超初期症状と生理前症状の3つの違い
「いつもと違う、これは妊娠初期症状かも」と思っていても、生理が来てしまいガッカリ・・・なんてことありませんか?妊活中の方は、とくに妊娠初期症状に敏感で、症状が少しでも当てはまっていたら妊娠の可能性を信じてしまいがちです。 妊娠初期症状と生理前症状は、実はとてもよく似ています。ちょっとした違...

腹膜炎の診断基準

血液検査

腹膜炎の診断基準はいくつか設けられており、血液検査、X線検査、CT検査、超音波検査などの検査によって診断されます。

血液検査

血液検査では白血球の増加により、炎症反応を示すCRPが陽性になっているかどうかを確認します。腹膜炎の診断には原疾患との関係をみて判断することが必要となります。そのために血液検査は大切な判断要素のひとつとなります。

X線検査

レントゲン検査とも言われます。X線を照射して、腹部の内部を観察していき、影があるかどうかで病状の進行具合を確認していきます。腹膜炎の検査では腹部単純X線が有用と言われています。

CT検査

体の断面図を撮影することができる検査方法をCT検査(CTスキャン)と呼びます。痛みは全くありません。

超音波検査

超音波検査は腹部エコー検査とも呼ばれる検査です。身体に無害な超音波が出るセンサーを腹部に当てて、その反射を測定することで腹部の様子を確認することができます。

超音波検査とCT検査に関しては腹水の有無も確認することが可能で、原因となる病気の特定にも有効とされています。

合わせて読みたい

妊娠の兆候はいつから?13の妊娠超初期症状をチェック!
妊娠超初期症状とはどんな症状があるのだろう・・・いつごろからわかるのだろう・・・など、妊娠したかどうかについての症状は誰もが気になることだと思います。いち早く妊娠を迎える準備をしたいと思っている方に、妊娠初期症状より先に分かるとされる様々な妊娠超初期症状13のチェックリストをご紹介します。 ...

腹膜炎になる原因

原因には細菌因子と科学因子の2通りがある

腹膜炎は単体でかかることは少なく、他の消化器官がなんらかの病気にかかった際に合併症として起きる病気です。原因には細菌因子と科学因子の2通りがあるとされています。細菌因子とは消化器官の炎症が波及することです。急性虫垂炎、つまり盲腸の合併症として起きる場合です。盲腸が進行することにより、腹膜炎に至ることがあるのです。

他に細菌因子となる病気は急性胆嚢炎、急性膵炎などが挙げられます。一方、科学因子とは外傷や消化管疾患によって消化管に穴が開いたときに胃液や胆汁などが腹膜へ漏出することです。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどの消化管疾患を起こした場合には腹膜炎を併発する可能性があるということです。ちなみに女性の場合は人工妊娠中絶子宮内膜症によって発症することもあるようです。以上が急性腹膜炎の原因とされています。

慢性腹膜炎の場合はほとんどが結核菌とされています。腹膜が発症原因ということはまれです。多くの場合は肺結核や結核性胸膜炎などの病気から血流、リンパ管に結核菌が流れて腹膜に侵入し発症します。他にも開腹手術後に癒着し発症してしまうこともあります。

漢方薬にハマっている21歳。昨年友人が出産したことをきっかけに、育児のお役立ち情報をリサーチしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
腹膜炎の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る